12.8 C
Japan
金曜日, 6月 25, 2021

食用コオロギを次世代の循環型食材へ!フードテック「グリラス」がリブランディング

徳島大学発フードテックベンチャーの株式会社グリラスは、この度リブランディングを行い、企業フィロソフィーの策定に合わせてロゴマークとコーポーレートサイトを刷新いたしました。

リブランディングの背景

現在地球上では人口増加に伴うタンパク質不足が叫ばれる一方、多くの国々ではフードロスが発生しているという事実があります。グリラスではその矛盾に、他の畜産と比較して飼育時の環境負荷が低いことに加え、フードロスを餌に飼育することができる、持続可能な食材の「食用コオロギ」で挑んでいます。

わたしたちはコオロギを、次世代の循環型食材“サーキュラーフード”として広く社会に普及させていくことを目指しており、その具現化を加速させるべく今回リブランディングを実施しました。

新コーポレートサイト:https://gryllus.jp/

企業フィロソフィー

ビジョン

コオロギ×テクノロジーが生み出す新たな調和で、
健康でしあわせな未来を。

混沌や矛盾に直面するこの世界で、
コオロギとテクノロジーが生み出す「新たな調和」は
これまでの毎日を大きく変える可能性を秘めている。

さあ、始めよう。
調和に満ちた、健康でしあわせな未来を。

ミッション

新たな企業フィロソフィーの紹介:https://gryllus.jp/about-us/

新しいロゴマークについて

新しいロゴマークは、様々な課題を解決していくイノベーターとしての先進性と、コオロギ×テクノロジーから新たな調和を生み出していくという創造性を、グリラスが飼育する白眼のフタホシコオロギのイメージに込めてデザインしました。2つのイエロードットは、フタホシコオロギがその目で明るい未来を見つめている様子を表現しています。

新コーポレートサイトについて

新たなコーポーレートサイトではグリラスの企業情報に加え、なぜ近年昆虫食に注目が集まっているのか、わたしたちがなぜ昆虫の中でもコオロギに着目しているのか、グリラスの強みであるテクノロジーや、安心・安全な国産食用コオロギへの取り組みといった内容を、イラストを交えながらより具体的にわかりやすくお伝えしています。

新コーポレートサイト:https://gryllus.jp/

今回のリブランディングでは、グリラスが目指す世界を表現すべくイラストレーターの飛田冬子さんにオリジナルのイラストを描き下ろしていただきました。

飛田さんからのコメント

今回のお話を聞いたとき、とてもワクワクしました。素敵な活動に携わることができ、嬉しく思っています。見た方がコオロギに親しみをもてるように、この取り組みのワクワクが伝わるように、そんな願いを込めて描きました。

<飛田冬子さんプロフィール>
イラストレーター。1982年生まれ。桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒業後、ハッピーバースディカンパニー入社。イラストレーション、デザインなど多くを学ぶ。2012年よりフリーに。唐仁原教久氏に師事。雑誌や書籍のイラストレーションを中心に活動中。http://jinome.com

今後の展開について

グリラスではサーキュラーフードの普及に向け、食用コオロギを用いた商品を次々と開発していく予定です。新たな情報につきましては、SNSでも随時発信してまいります。

Twitter:https://twitter.com/Gryllus_jp
Facebook:https://www.facebook.com/Gryllus.jp

グリラスについて

グリラスは、徳島大学における25年を越える研究を基礎とした、世界でもトップレベルのコオロギに関する知見やノウハウを活かすべく、2019年に設立されたフードテックベンチャーです。

2020年5月には株式会社ジェイテクトと業務提携を行い、IoT技術を駆使して最適化した飼育環境において食用コオロギを量産するシステムの開発に着手。徳島県美馬市の廃校を新たな生産拠点として整備し、自動生産システムの導入を進めています。

これまで人が行っていた飼育作業を自動化していくことにより、課題であった生産コストを最小化。また日本国内で安全・安心に生産した食用コオロギを販売することによって、輸送を含めた生産プロセスにおける環境への負荷を最小限に留め、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

・社名    :株式会社グリラス
・事業内容  :⾷⽤コオロギの⽣産
        ⾷⽤コオロギを⽤いた⾷品原材料および加⼯⾷品の製造、販売
        ⾷⽤コオロギの飼育管理サービスの開発、販売等)
・代表取締役 :渡邉 崇人
・所在地   :徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島45-56
・生産拠点  :徳島県美馬市美馬町字南原22番地1
・資本金   :2億8,200万円(資本準備金等を含む)
・設立    :2019年5月
▶︎https://gryllus.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント