12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

食用コオロギを次世代の循環型食材へ!フードテック「グリラス」がリブランディング

徳島大学発フードテックベンチャーの株式会社グリラスは、この度リブランディングを行い、企業フィロソフィーの策定に合わせてロゴマークとコーポーレートサイトを刷新いたしました。

リブランディングの背景

現在地球上では人口増加に伴うタンパク質不足が叫ばれる一方、多くの国々ではフードロスが発生しているという事実があります。グリラスではその矛盾に、他の畜産と比較して飼育時の環境負荷が低いことに加え、フードロスを餌に飼育することができる、持続可能な食材の「食用コオロギ」で挑んでいます。

わたしたちはコオロギを、次世代の循環型食材“サーキュラーフード”として広く社会に普及させていくことを目指しており、その具現化を加速させるべく今回リブランディングを実施しました。

新コーポレートサイト:https://gryllus.jp/

企業フィロソフィー

ビジョン

コオロギ×テクノロジーが生み出す新たな調和で、
健康でしあわせな未来を。

混沌や矛盾に直面するこの世界で、
コオロギとテクノロジーが生み出す「新たな調和」は
これまでの毎日を大きく変える可能性を秘めている。

さあ、始めよう。
調和に満ちた、健康でしあわせな未来を。

ミッション

新たな企業フィロソフィーの紹介:https://gryllus.jp/about-us/

新しいロゴマークについて

新しいロゴマークは、様々な課題を解決していくイノベーターとしての先進性と、コオロギ×テクノロジーから新たな調和を生み出していくという創造性を、グリラスが飼育する白眼のフタホシコオロギのイメージに込めてデザインしました。2つのイエロードットは、フタホシコオロギがその目で明るい未来を見つめている様子を表現しています。

新コーポレートサイトについて

新たなコーポーレートサイトではグリラスの企業情報に加え、なぜ近年昆虫食に注目が集まっているのか、わたしたちがなぜ昆虫の中でもコオロギに着目しているのか、グリラスの強みであるテクノロジーや、安心・安全な国産食用コオロギへの取り組みといった内容を、イラストを交えながらより具体的にわかりやすくお伝えしています。

新コーポレートサイト:https://gryllus.jp/

今回のリブランディングでは、グリラスが目指す世界を表現すべくイラストレーターの飛田冬子さんにオリジナルのイラストを描き下ろしていただきました。

飛田さんからのコメント

今回のお話を聞いたとき、とてもワクワクしました。素敵な活動に携わることができ、嬉しく思っています。見た方がコオロギに親しみをもてるように、この取り組みのワクワクが伝わるように、そんな願いを込めて描きました。

<飛田冬子さんプロフィール>
イラストレーター。1982年生まれ。桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒業後、ハッピーバースディカンパニー入社。イラストレーション、デザインなど多くを学ぶ。2012年よりフリーに。唐仁原教久氏に師事。雑誌や書籍のイラストレーションを中心に活動中。http://jinome.com

今後の展開について

グリラスではサーキュラーフードの普及に向け、食用コオロギを用いた商品を次々と開発していく予定です。新たな情報につきましては、SNSでも随時発信してまいります。

Twitter:https://twitter.com/Gryllus_jp
Facebook:https://www.facebook.com/Gryllus.jp

グリラスについて

グリラスは、徳島大学における25年を越える研究を基礎とした、世界でもトップレベルのコオロギに関する知見やノウハウを活かすべく、2019年に設立されたフードテックベンチャーです。

2020年5月には株式会社ジェイテクトと業務提携を行い、IoT技術を駆使して最適化した飼育環境において食用コオロギを量産するシステムの開発に着手。徳島県美馬市の廃校を新たな生産拠点として整備し、自動生産システムの導入を進めています。

これまで人が行っていた飼育作業を自動化していくことにより、課題であった生産コストを最小化。また日本国内で安全・安心に生産した食用コオロギを販売することによって、輸送を含めた生産プロセスにおける環境への負荷を最小限に留め、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

・社名    :株式会社グリラス
・事業内容  :⾷⽤コオロギの⽣産
        ⾷⽤コオロギを⽤いた⾷品原材料および加⼯⾷品の製造、販売
        ⾷⽤コオロギの飼育管理サービスの開発、販売等)
・代表取締役 :渡邉 崇人
・所在地   :徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島45-56
・生産拠点  :徳島県美馬市美馬町字南原22番地1
・資本金   :2億8,200万円(資本準備金等を含む)
・設立    :2019年5月
▶︎https://gryllus.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント