12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

誰もがヴィーガンを選択できる社会へ!フードテック「ブイクック」が資金調達を実施

ヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」、ヴィーガン惣菜のサブスク「ブイクックデリ」を運営する株式会社ブイクックは、社会課題解決に特化したベンチャーファンドtaliki1号投資事業有限責任組合、アララ株式会社代表取締役社長 岩井陽介氏、ビタミン株式会社代表/エンジェル投資家 高梨大輔氏より、総額2,500万円の資金調達を実施しました。

ヴィーガン惣菜のサブスク「ブイクックデリ」とは

「ブイクックデリ」は、2021年3月1日に正式リリースされたヴィーガン惣菜のサブスクリプションサービスです。

動物性不使用のヴィーガン料理12メニューから、毎回6食ずつ冷凍宅配します。宅配頻度は、生活に合わせて「毎週」「2週間に1回」「4週間に1回」の3つの頻度から選択が可能です。

また、タンパク源を動物性から植物性に置き換えるヴィーガン料理は、環境問題への有効なアプローチになる他、紙容器の使用や受注生産にするなど、社会課題へ取り組んでいます。

▶︎詳細はこちらから

ヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」について

「ブイクック」は、2019年7月より運営を開始したヴィーガンレシピの投稿サイトです。
2,200以上のレシピから誰でも無料で「レシピ検索」ができ、ユーザー登録することで「レシピ投稿」「レシピ保存」「コメント」「フォロー」などができます。

現在、月間ユーザー数は90,000人、Instagram合計フォロワー数は72,000人と、ヴィーガンやフレキシタリアンの女性を中心にご利用いただいています。

▶︎詳細はこちらから

資金調達の実施について

今回の資金調達では、社会課題解決に特化したベンチャーファンドtaliki1号投資事業有限責任組合(通称:talikiファンド)、アララ株式会社代表取締役社長 岩井陽介氏、ビタミン株式会社代表/エンジェル投資家 高梨大輔氏を株主として迎え、ヴィーガン惣菜のサブスク「ブイクックデリ」のサービス向上およびマーケティングを強化いたします。

また、総額2,500万円の調達資金を活用し、より良いサービスを、より多くの人々に届けることで、「誰もがヴィーガンを選択できる社会」を目指します。

「ブイクック」「ブイクックデリ」開始の背景

「ブイクック」は、代表 工藤柊が高校3年生から環境問題・動物倫理を理由にヴィーガン生活を始め、実感した「選択肢の少なさ」がきっかけで始まったサービスです。

近年、地球温暖化をはじめとした環境問題や、工場畜産による動物倫理、健康などを理由に、動物性食材・商品を消費しない「ヴィーガン」を選択する人が増加しています。同時に、柔軟にヴィーガンに取り組む「フレキシタリアン」も増加しています。

一方で、日本でのヴィーガンの選択肢はまだまだ少なく、様々なハードルがあります。2018年に代表 工藤柊が日本全国へ足を運び、350人以上の当事者との対話の中で、「ヴィーガン生活の自炊」に多くの課題があることに気が付きました。

「どんな料理ができるかわからない」
「毎日の料理が単調になってしまう」
「美味しい料理が作れず家族に否定される」

このような声を聞く中で、「みんなでヴィーガンレシピをシェアできる場所」を目指して開発をスタートし、2019年7月にヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」を正式リリースしました。

2020年4月に株式会社ブイクックを設立し、webメディア開設、レシピ本の出版、レシピ検索できる公式LINEアカウント開設など、主にヴィーガンレシピ情報の蓄積・発信を行なってきました。

何千、何万人ものヴィーガンやフレキシタリアンの方々と関わる中で、ヴィーガンレシピの情報だけでは解決しきれない課題を見つけました。

「料理する余裕も、手軽なヴィーガン商品もない」
「職場近くで対応店がなく、いつもコンビニおにぎり」
「毎日料理はできないけど、栄養バランスは気になる」

そこで、2020年11,12月には、ヴィーガン惣菜のサブスク「ブイクックデリ」のクラウドファンディングを実施し、目標達成率148%、1,855食を販売しました。

宅配後にも多くの反響をいただき、2021年3月1日「ブイクックデリ」の正式リリースにいたりました。

今後、まずは「ブイクックデリ」のサービス向上・会員数増加を目指して運営を行い、レシピ投稿サイト「ブイクック」との連携を強化していきます。

ヴィーガンを取り入れるきっかけ、継続する楽しみを提供することで、一人ひとりのやさしい行動をサポートし、持続可能で平和な世界の実現に貢献できるよう、尽力して参ります。

【株式会社ブイクック】

日本初のヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」の開発・運営。ヴィーガン惣菜のサブスク「ブイクックデリ」。食品メーカー等のヴィーガンプロダクトのマーケティング支援。

▶︎ブイクック
▶︎ブイクックデリ

代表:代表取締役 工藤柊
所在地:〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通4丁目1−14 三宮スカイビル 7F
設立:2020年4月1日
URL:https://www.vcook.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント