12.8 C
Japan
火曜日, 9月 28, 2021

テレワークでのコミュニケーション不足を解消!バーチャルオフィスが3月7日まで無料

oViceは、緊急事態宣言延長を受け、バーチャルオフィスやオンラインイベント空間として使える、自由に動いて話しかけられるバーチャル空間「oVice」の無償提供期間を3月7日まで延長する。

テレワークでの雑談不足でストレスが解消できていない人は77.3%

株式会社リクルートキャリアが1月に発表した調査によると、テレワーク実施前にはなかったストレスを感じている人は59.6%おり、そのうち67.7%がそのストレスを解消できていないことがわかっている。また、ストレスを解消できていない人のなかで、仕事中に雑談がある人とない人では、ない人の方がストレスを解消できていない割合が14.1ポイント高い、77.3%にのぼることがわかった(出所:新型コロナウイルス禍における働く個人の意識調査)。

コミュニケーション不足を解消できるバーチャル空間の活用が進む

上述のようなオンラインでのコミュニケーション不足に悩む企業や団体が増えた結果、新たなコミュニケーション手段としてバーチャル空間への注目が集まっている。
oViceは1月の緊急事態宣言発令からこれまでで、バーチャルオフィスとして約600件、オンラインイベント空間として約100件利用されている。利用者からは「誰がどこにいるのかわかりやすく、気軽に話しかけやすくなった」、「海外にいる同僚と同じ場所に出社できるため、以前よりコミュニケーションが増えた」などの声が寄せられた。

oViceとは:アバターを使いオンライン上で自由に動いて話しかけられるバーチャル空間

oViceはウェブサイト上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元のバーチャル空間である。自分のアバターに近い声は大きく、遠い声は小さく聞こえ、まるで現実の空間で話しているような感覚を味わうことができる。偶然聞こえてきた会話に簡単に参加でき、会話する中で生まれた新たなアイデアを形にしやすい環境が整えられている。必要に応じてその場で画面共有やビデオ通話ができるだけでなく、施錠できる会議室機能もあるため、機密情報を特定のメンバーだけで話すことも可能だ。

ミーティング風景。画面右で資料を共有しながら、各自のアバターを使って会話
ビデオ通話機能と画面共有機能を使って3人で会話している様子

提供期間及び申し込み方法

無償提供期間:3月7日(日)まで

申し込み方法:無料トライアル(https://ovice-9017370.hs-sites.com/ )で必要事項を記入。oViceバーチャルオフィス(https://tour.ovice.in/ )にアクセスし、体験・相談後に申し込みをすることも可能である。

※今回の無償提供は、新規申し込みの方が対象である。
※緊急事態宣言が前倒しで解除されても3月7日までは無償提供される。

会社概要

「オンラインでのコミュニケーションを最大化する」ことを目的に作られた、自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供している。2020年にはTechCrunch Startup Battle OnlineやLAUNCHPAD SaaSに出場。oViceはサービスリリースから半年で約1700件利用されている。

社名oVice株式会社
設立2020年2月
所在地東京都港区西新橋1丁目2-9 日比谷セントラルビル14F
代表者代表取締役 ジョン・セーヒョン
事業概要バーチャルオフィス、オンラインイベントで使えるバーチャル空間の開発・提供
URLhttps://ovice.in/ja/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceoVice
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント