12.8 C
Japan
火曜日, 5月 26, 2020

私募債発行支援のSiiibo、シリーズAで約2億円の資金調達を実施

少人数私募債発行支援サービスを行うSiiiboは、有安伸宏氏、AGキャピタル、千葉道場ファンド、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、ドーガン・ベータ、他エンジェル投資家らを引受先とする第三者割当増資により、新たに約2.2億円のシリーズAラウンド資金調達を実施する。これにより、Siiiboの累計調達額は約3億円となる。

Siiibo(シーボ)とは

「自由、透明、公正な直接金融を創造する」をミッションとし、少人数私募債を活用した資金調達多角化サポートをはじめとする、企業へのアドバイザリーや、投資家との関係構築の場を提供している。

資金調達の目的

今回の資金調達により、私募の仕組みを活用した社債発行・購入円滑化のためのWeb情報プラットフォーム構築をはじめとするプロダクト開発や、開発体制強化のための人員拡充を行う。また、少人数私募債発行希望企業の開拓を進めると共に、業務提携先の拡大を図り、さらに多くの企業へ資金調達多角化の必要性や、少人数私募債活用という資金調達方法の周知を行うことで、企業のファイナンスに貢献していく方針である。

社外取締役就任について

今回のラウンドにあわせ、千葉道場ファンド パートナーの石井貴基氏が社外取締役に就任予定である。同氏は元株式会社葵 代表取締役として起業からエグジットまでの経験を有し、Siiiboの経営体制強化をサポートする。

引受先各社からのコメント (五十音順)

・エンジェル投資家 有安 伸宏氏
借り手と貸し手をつなぐ、新しいマーケットプレイスを作ろうとするSiiiboの取り組みは、野心的です。初めて小村さんから事業の話を聞いたとき、スタートアップ業界の表現で言えば「そこに山があるのは誰もが知っているが、登り方が見つかっていない」タイプの領域なのだと理解しました。では、この山をどう登るか。そこには、銀の弾丸は存在せず、「覚悟をきめた経営陣が、長期的視点をもってやり切る」これに尽きるはずです。それを実行できる経営陣であると判断し、今回の資金調達ラウンドに参加させていただきました。アフターコロナの時代に求められる、オルタナティブ・ファイナンスの王道的な事業へと成長していくことを期待しています。 

・AGキャピタル株式会社 投資管理部長 羽生 広氏
新型コロナウイルス禍の金融マーケットにおける着地点は、さらなる低金利の定着、信用引締めによる資本調達難、既存の株式、社債市場のボラティリティの再認識と予想されます。企業にとっては新規の資金調達によるバランスシート改善、投資家にとっては資産ポートフォリオの見直しが明確な社会課題になることでしょう。今まさに、コロナ後を見据えた新しい資本市場の創造が不可欠だと言えます。AGキャピタルはSiiiboが「少人数私募債市場」の活性化を通し、企業と投資家を結び付ける新しい金融プラットフォームを提供する事を期待しています。

・千葉道場ファンド General Partner 千葉 功太郎氏
少人数私募債という直接金融を活用し、まったく新しい金融プラットフォームの創造にチャレンジするSiiibo社のビジョンに共感し、ご一緒させていただくことになりました。起業家コミュニティ「千葉道場」に参加する起業家・メンターによる知の共有や様々な支援を通じて、Siiibo社の成長に貢献したいと考えております。

・株式会社ドーガン・ベータ パートナー 渡辺 麗斗氏
「縁故債」とも呼ばれる、地域に根ざした債券を発行する仕組みをよりオープンに、そしてインターネットの時代に即した形での実現を目指すSiiiboの挑戦に関われることを嬉しく思います。
「金融の地産地消」を九州にて実践している私達も、ベンチャー投資という枠組みだけではなく、金融に携わるものとしてまだまだ挑戦できることは多くあると感じます。
お互いに良い刺激を与えつつ、新たな直接金融を生み出していきましょう。

Siiibo代表取締役 小村和輝のコメント

新型コロナウイルスの感染拡大に端を発したマーケットの混乱の中、国内クレジット市場も例外でなく影響を受けており、代表的インデックスであるMarkit iTraxx Japan は3月23日引け値で186.83bps(シリーズ33、5年物)の高レートを記録し信用リスクの高まりが見られている。

このような不確実性の高い市場環境も乗り越えられるよう、普段から以下の2点が重要であると考えられる。

1. 投資家の方々はアセットクラスを分散させ、あらゆるシナリオ下で資産を守ること

2. 企業の方々は資金調達先を多角化し、特定の手段に過度に依存しないこと

Siiiboは、その一助となるべく、調達した資金を有効に活用し、私募の仕組みを活用した社債市場の拡大を目指す。ミッションにも掲げている「自由・透明・公正」のいずれも欠いてはならないという強い想いのもと、今後も全力で事業に取り組んでいくとした。

社名株式会社Siiibo
設立2019年1月11日
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-14-4 八丁堀サード7階
代表者 小村 和輝
事業概要少人数私募債発行を通じた資金調達に関連するサポート業務
URLhttps://siiibo.com
プレスリリース発表元企業:株式会社Siiibo
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。