12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

私募債発行支援のSiiibo、シリーズAで約2億円の資金調達を実施

少人数私募債発行支援サービスを行うSiiiboは、有安伸宏氏、AGキャピタル、千葉道場ファンド、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、ドーガン・ベータ、他エンジェル投資家らを引受先とする第三者割当増資により、新たに約2.2億円のシリーズAラウンド資金調達を実施する。これにより、Siiiboの累計調達額は約3億円となる。

Siiibo(シーボ)とは

「自由、透明、公正な直接金融を創造する」をミッションとし、少人数私募債を活用した資金調達多角化サポートをはじめとする、企業へのアドバイザリーや、投資家との関係構築の場を提供している。

資金調達の目的

今回の資金調達により、私募の仕組みを活用した社債発行・購入円滑化のためのWeb情報プラットフォーム構築をはじめとするプロダクト開発や、開発体制強化のための人員拡充を行う。また、少人数私募債発行希望企業の開拓を進めると共に、業務提携先の拡大を図り、さらに多くの企業へ資金調達多角化の必要性や、少人数私募債活用という資金調達方法の周知を行うことで、企業のファイナンスに貢献していく方針である。

社外取締役就任について

今回のラウンドにあわせ、千葉道場ファンド パートナーの石井貴基氏が社外取締役に就任予定である。同氏は元株式会社葵 代表取締役として起業からエグジットまでの経験を有し、Siiiboの経営体制強化をサポートする。

引受先各社からのコメント (五十音順)

・エンジェル投資家 有安 伸宏氏
借り手と貸し手をつなぐ、新しいマーケットプレイスを作ろうとするSiiiboの取り組みは、野心的です。初めて小村さんから事業の話を聞いたとき、スタートアップ業界の表現で言えば「そこに山があるのは誰もが知っているが、登り方が見つかっていない」タイプの領域なのだと理解しました。では、この山をどう登るか。そこには、銀の弾丸は存在せず、「覚悟をきめた経営陣が、長期的視点をもってやり切る」これに尽きるはずです。それを実行できる経営陣であると判断し、今回の資金調達ラウンドに参加させていただきました。アフターコロナの時代に求められる、オルタナティブ・ファイナンスの王道的な事業へと成長していくことを期待しています。 

・AGキャピタル株式会社 投資管理部長 羽生 広氏
新型コロナウイルス禍の金融マーケットにおける着地点は、さらなる低金利の定着、信用引締めによる資本調達難、既存の株式、社債市場のボラティリティの再認識と予想されます。企業にとっては新規の資金調達によるバランスシート改善、投資家にとっては資産ポートフォリオの見直しが明確な社会課題になることでしょう。今まさに、コロナ後を見据えた新しい資本市場の創造が不可欠だと言えます。AGキャピタルはSiiiboが「少人数私募債市場」の活性化を通し、企業と投資家を結び付ける新しい金融プラットフォームを提供する事を期待しています。

・千葉道場ファンド General Partner 千葉 功太郎氏
少人数私募債という直接金融を活用し、まったく新しい金融プラットフォームの創造にチャレンジするSiiibo社のビジョンに共感し、ご一緒させていただくことになりました。起業家コミュニティ「千葉道場」に参加する起業家・メンターによる知の共有や様々な支援を通じて、Siiibo社の成長に貢献したいと考えております。

・株式会社ドーガン・ベータ パートナー 渡辺 麗斗氏
「縁故債」とも呼ばれる、地域に根ざした債券を発行する仕組みをよりオープンに、そしてインターネットの時代に即した形での実現を目指すSiiiboの挑戦に関われることを嬉しく思います。
「金融の地産地消」を九州にて実践している私達も、ベンチャー投資という枠組みだけではなく、金融に携わるものとしてまだまだ挑戦できることは多くあると感じます。
お互いに良い刺激を与えつつ、新たな直接金融を生み出していきましょう。

Siiibo代表取締役 小村和輝のコメント

新型コロナウイルスの感染拡大に端を発したマーケットの混乱の中、国内クレジット市場も例外でなく影響を受けており、代表的インデックスであるMarkit iTraxx Japan は3月23日引け値で186.83bps(シリーズ33、5年物)の高レートを記録し信用リスクの高まりが見られている。

このような不確実性の高い市場環境も乗り越えられるよう、普段から以下の2点が重要であると考えられる。

1. 投資家の方々はアセットクラスを分散させ、あらゆるシナリオ下で資産を守ること

2. 企業の方々は資金調達先を多角化し、特定の手段に過度に依存しないこと

Siiiboは、その一助となるべく、調達した資金を有効に活用し、私募の仕組みを活用した社債市場の拡大を目指す。ミッションにも掲げている「自由・透明・公正」のいずれも欠いてはならないという強い想いのもと、今後も全力で事業に取り組んでいくとした。

社名株式会社Siiibo
設立2019年1月11日
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-14-4 八丁堀サード7階
代表者 小村 和輝
事業概要少人数私募債発行を通じた資金調達に関連するサポート業務
URLhttps://siiibo.com
プレスリリース発表元企業:株式会社Siiibo
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント