12.8 C
Japan
火曜日, 1月 26, 2021

最新記事

日本国土開発とCreww|オープンイノベーションプログラム『日本国土開発アクセラレーター2019』を2019年10月28日より開始!

日本国土開発と、Creww(クルー)は、オープンイノベーションにより新規ビジネスを創出する『日本国土開発アクセラレーター2019』を2019年10月28日より開始した!

フューチャースタンダードが1.65億円の資金調達!

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(は、東京理科大学イノベーション・キャピタル等を引受先とした1.65億円の第三者割当増資による資金調達を実施したことを発表した。

リーガルテック社が「AOSデータルーム START-UP」の提供を開始

eディスカバリ、フォレンジック、VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供しているリーガルテックは、START-UP企業の機密情報を安全に共有する「AOSデータルーム START-UP」の提供を開始した。

医療・ヘルスケア分野におけるスタートアップ支援プログラムの一環として医薬品データベースを1年間無償提供

医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce®️(DIR)の開発・研究および販売を手がけるデータインデックスは、医療・ヘルスケア分野におけるスタートアップ支援プログラムの一環として、創業2年以内のスタートアップ企業を対象に「医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce®️(DIR)」を1年間無償で提供する。

国内スタートアップ資金調達ランキング 2019年1月〜9月

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、STARTUP DB (スタートアップデータベース)にて「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2019年1月〜9月)」を発表した。

MAKOTOとKDDIが東北全域の起業家発掘・育成プログラムを開始

MAKOTO、およびそのグループ会社であるMAKOTO WILLは、KDDIと連携し、これからの東北の地域経済を支える起業家の創出/育成を目的とした新たなプログラム「Tohoku Future Builders」を始動。

STRIVEが投資先の支援ネットワークシステム「HANDS-ON NETWORK」を構築

ベンチャーキャピタルファンドのSTRIVE、投資先スタートアップが専門家のアドバイスや支援を受けられるネットワークシステム「HANDS-ON NETWORK(ハンズオン ネットワーク)」を構築し、提供開始した!

キーテクノロジースタートアップのビットキー、シリーズAラウンド1st資金調達実施

キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキーは、ゴールドマン・サックス、BizTechファンド(マーキュリアインベストメント)、新生銀行グループの新生企業投資株式会社関連のファンド、阪急阪神不動産株式会社関連のファンドを引受先とする第三者割当増資により、シリーズAラウンド1stで22億円の資金調達を実施。

Editor's Pick

コロナ禍の入院や天災での避難にも対応!保険契約情報をまとめて管理できるアプリ「東大式FPウォレット」

【スタートアップニュース】「全国の頼れるFPと、お金のことを考えよう」全国各地でマネーセミナーとFP相談マッチングサービスを提供するクロス・デジタル・イノベーションは、「東大式FPウォレット」を一般ユーザー向けに提供開始するため開発中です。 #クロス・デジタル・イノベーション #東大式FPウォレット #FP相談 #Creww #大挑戦時代をつくる

会社を超えたコラボレーションを推進するスタートアップ「Parque」がミッション&バリューを発表!

【スタートアップニュース】 2021年春、会社を超えたコラボレーションが楽しくなるツールキット「Parque(パルケ)」をローンチ予定のスタートアップ「株式会社パルケ」が、新たなミッションとバリューを制定しました。 #スタートアップ #パラレルワーク #コラボレーション #ミッションバリュー #Parque #パルケ #大挑戦時代をつくる #Creww

果菜類の植物工場、完全自動栽培の実現を目指すスタートアップ「HarvestX」|総額5000万円の資金調達を実施

【スタートアップニュース】HarvestXは、独立系ベンチャーキャピタル「ANRI 4号投資事業有限責任組合」、東京大学協創プラットフォーム開発が運営するオープンイノベーション推進1号投資事業有限責任組合、河合聡一郎、曾川景介、田中邦裕から、総額5000万円の資金調達を実施しました。 #HarvestX #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

物置きシェアサービス提供のモノオク、「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を公開!

【スタートアップニュース】 物置きシェアサービス「モノオク」を運営するモノオクは、コロナ禍でニーズが急増している空きスペースを活用したスペースシェアリングサービスをまとめた「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を公開しました。 #モノオク #スペースシェアリングサービス #Withコロナ

人気の記事

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始

ビズジーンは、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、2月28日12時より新型コロナウイルス感染症早期発見のための簡易検査キット開発支援プロジェクトを開始した。

『SMBCスタートアップ支援プログラム』を5月7日より開始

株式会社三井住友銀行と、Creww株式会社は、『SMBCスタートアップ支援プログラム』を2020年5月7日より開始。スタートアップ企業のプロモーション支援、資金調達等をサポートしていく。

人材シェアリングプラットフォームでスタートアップの雇用維持をサポート

Creww株式会社は、コロナ状況下におけるスタートアップの雇用負担をサポートするため、人材シェアリングプラットフォーム「Fleet」の提供をスタート。今回のコロナでマイナス影響を受けるスタートアップ企業の社員を「期限付き留学」として、需要がさらに上がるスタートアップ企業へ移籍する仕組みである。