12.8 C
Japan
月曜日, 10月 25, 2021

最新記事

「明治アクセラレーター」、協業企業6社のビジネスプランを決定

【アクセラレータ―プログラムニュース】ゼロワンブースターは、明治と共に運営する、明治とスタートアップ企業との協業によりイノベーションを創出する取り組み「明治アクセラレーター」において、協業企業6社のビジネスプランを決定しました。今後、約5ヶ月にわたり明治社員であるカタリストおよび01Boosterの伴走者が協業企業6社と協業・支援をしながら、一歩先行く価値を創造していきます。 #明治 #ゼロワンブースター #明治アクセラレーター#Creww #大挑戦時代をつくる

【日本IBM × AUBA】共創プログラム『IBM BlueHub Program 7th』にてスタートアップ4社を採択!

【オープンイノベーションニュース】日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、10月11日、日本アイ・ビー・エム株式会社と共に運営する、日本発の革新的事業の創出を目指す共創プログラム『IBM BlueHub Program 7th』のサポート対象企業として、スタートアップ4社を採択しました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #DX推進 #日本IBM #AUBA #eiiconcompany #IBMBlueHubProgram7th #大挑戦時代をつくる #Creww

野村ホールディングス、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入

【オープンイノベーションニュース】グローバルに展開する金融サービスグループ野村ホールディングスは、LegalForceの提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入しました。 #野村ホールディングス #LegalForce #Creww #大挑戦時代をつくる

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【次世代スポーツ観戦】poLive Interactive提供のアプリ「SpoLive」、X2リーグWESTの6チームに導入

【オープンイノベーションニュース】日本社会人アメリカンフットボール協会に所属する「X2リーグWEST」の6チームは、SpoLive Interactiveが提供するスポーツ観戦アプリ「SpoLive」にて試合映像及びテキスト速報を配信することとなりました。今回のSpoLiveの導入により、試合当日に現地に来られない方や現地に来ることを見合わせた方でも、試合のライブ中継を楽しむことができます。 #日本社会人アメリカンフットボール協会 #X2リーグWEST #SpoLive #Creww #大挑戦時代をつくる

祝デジタルの日!大挑戦時代をつくる。注目のデジタル関連まとめ記事

【オープンイノベーションコラム】2021年9月1日のデジタル庁創設を記念し、官民で連携しデジタル化を促進する「デジタルの日」が創設されました。本年度から始まる「2021年デジタルの日」は、デジタル技術で活用される二進数の数字「1」と「0」で構成された、10月10日(日)、11日(月)の2日間です。「デジタルの日」にちなんで、デジタルトランスフォーメーション(DX)やデジタル社会における事業創出のtips等、デジタル関連のおすすめ記事5つをご紹介します! #デジタル社会 #デジタルの日 #オープンイノベーション #スタートアップ #DX推進 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

食の未来ファンド、腸内フローラ検査「Mykinso」サービス提供のサイキンソー社へ出資

【オープンイノベーションニュース】食の未来1号投資事業有限責任組合を運営するkemuri ventures合同会社は、サイキンソーに投資しました。 #kemuriventures合同会社 #サイキンソー #Creww #大挑戦時代をつくる

【エントリー受付中】研究開発型スタートアップを目指す起業家を支援!「NEDO Entrepreneurs Program《助成事業》」

【イベントニュース】国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、具体的な技術シーズを活用した事業構想を有する起業家候補支援プログラム「NEDO Entrepreneurs Program」で活動する起業家候補人材の公募を開始しました。 #インキュベーションプログラム #アクセラレータープログラム #スタートアップ #起業支援 #NEDO #国立研究開発法人新エネルギー_産業技術総合開発機構 #大挑戦時代をつくる #Creww

Editor's Pick

STARTUP DB、 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-9月)調査結果を公表

【スタートアップニュース】成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB」に調査結果を公開しています。今回は、2021年1月から9月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング2021年1月〜9月」が発表されました。 #フォースタートアップス #STARTUPDB #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

【新規事業を生み出す人々へ】プロフェッショナル・コミュニティ「EIS Network」の提供を開始

【スタートアップニュース】日米欧の世界3拠点から次世代につながるビジネスを創造するExa Innovation Studio,Inc.は、新規事業を生み出す人々のための実戦で使える生きたノウハウ、アントレプレナーシップ、人脈を培うプロフェッショナル・コミュニティ「EIS Network」を2021年10月15日より提供開始することを発表しました。 #EIS_Network #新規事業 #Creww #大挑戦時代をつくる

建設DXを推進するアンドパッドが「J-Startup企業」に採択!

【スタートアップニュース】株式会社アンドパッドは、経済産業省・日本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が事務局となりプログラムの運営を行い、グローバルに活躍するスタートアップの創出を目指すプログラム「 J-Startup 」の対象企業として採択されました。 #スタートアップ #J_Startup #アンドパット #DX推進 #ANDPAD #建設テック #大挑戦時代をつくる #Creww

【大阪初出店】おやつのサブスク「スナックミー 」が東急ハンズ梅田店にてポップアップストアをオープン!

【スタートアップニュース】株式会社スナックミーは、2021年10月29日(金)より、大丸梅田店内:東急ハンズ梅田店にて、ポップアップストアを期間限定でオープンします。おやつのサブスクサービス:snaq.me(スナックミー)の人気商品約60商品と、新商品の究極にシンプルなプロテインバーCLR BAR(クリアバー)5フレーバーの販売を行います。 #スタートアップ #FoodTech #サブスクリプション #ポップアップストア #東急ハンズ梅田店 #スナックミー #大挑戦時代をつくる #Creww

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始

ビズジーンは、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、2月28日12時より新型コロナウイルス感染症早期発見のための簡易検査キット開発支援プロジェクトを開始した。