12.8 C
Japan
金曜日, 9月 30, 2022

最新記事

「未来の仕事」を働き方という視点からカタチにしていく

株式会社オールアバウトのいちプロジェクトであるオンラインショッピング事業「スタイルストア」と専門家マッチング事業「プロファイル」から始まった株式会社エンファクトリー。エンファクトリー自体は2011年の設立になるが、そこでの事業は2005年からスタートしたものだ。 理念として掲げている「専業禁止」「複業推奨」がクローズアップされがちな同社ではあるが、事業を軌道に乗せるまでの流れについて、代表の加藤健太氏に聞いた。

丸紅と mobby ride の協業による「電動キックボードシェアリング事業」に向けた実証実験の開始

丸紅株式会社と株式会社 mobby rideは、電動キックボードシェアリング事業に向けた実証実験に、共同で取り組むことに合意したことを発表した。

四国電力流オープンイノベーションによる新規事業創出とは?

自社のリソース枠を超え、他企業や大学、自治体やスタートアップと協業することで新規事業を生み出すオープンイノベーションの取り組みがここ数年で増加しており、その中でも特に新しいマーケット創出に挑むスタートアップとのオープンイノベーションは注目を集めている。スタートアップとの協業で新規事業の実証実験に挑む四国電力流のオープンイノベーションを紹介したい。

起業家/投資家合同経営合宿『Incubate Camp 12th』エントリー受付中!

インキュベイトファンドは、起業家/投資家合同経営合宿『Incubate Camp 12th』を2019年9月13日(金)、14日(土)に開催する。

AirX、西武ホールディングスと協業し、「東京―下田・箱根」間のヘリ直行便を夏季限定で提供

エアモビリティの交通プラットフォームを開発する株式会社AirXは、株式会社西武ホールディングスと協業し、「東京―下田・箱根」間のヘリ直行便を期間限定で提供することを発表した。

サッポロ不動産開発と01Boosterで7月17日から「Ebisu Sustainable City Business Contest」を開始!

事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーターを運営する株式会社ゼロワンブースターは、サッポロ不動産開発株式会社と共に、「持続可能な、未来のまちづくり」をキーワードに、「Ebisu Sustainable City Business Contest」を2019年7月17日(水)から開始することを発表した。

スタートアップにおけるデータ分析チームの立ち上げ方

「creww academy vol.06〜スタートアップにおけるデータ分析チームの立ち上げ方〜」の内容をダイジェストでお届けします。

知財戦略解体新書 〜スタートアップのためのIP戦略を徹底解説〜

7/30(火)開催!イノベーションIP・コンサルティング株式会社シニアフェローの西崎氏にお越しいただき『スタートアップ企業だからこそ、イノベーション・知財戦略』を語っていただきます。

Editor's Pick

長距離ワイヤレス給電技術の社会実装を実現!エイターリンクが「REALTECH CATAPULT」にて優勝

【スタートアップニュース】米・スタンフォード大学発のスタートアップ・ベンチャーであり、長距離ワイヤレス給電によって配線のない“デジタル世界”の実現を目指すエイターリンクは、2022年9月5日~8日の間、京都で開催された、参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのカンファレンス「ICCサミット KYOTO 2022」に参加し、9月7日に開催された「REALTECH CATAPULT リアルテック・ベンチャーが世界を変える」にて優勝しました。 #エイターリンク #ICCサミットKYOTO2022 #ワイヤレス #Creww #大挑戦時代をつくる

【共済コミュニティづくりを加速】Frich、W venturesをリード投資家として5社から1.7億円調達

【スタートアップニュース】P2P 互助プラットフォームを運営するFrichは、W venturesをリード投資家とし、第三者割当増資によって総額1.7億円の資⾦調達を実施しました。Frichは、共(とも)に済(たす)けあうコミュニティづくりを加速し、日本の新たなセーフティネットとなることを目指します。 #Frich #共済 #保険 #P2P保険 #神戸市 #スタートアップ #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

【STARTUP DB】調査結果を公開!国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2022年1月〜7月)

【スタートアップニュース】成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、サービスである「STARTUP DB」に調査結果を公開しています。今回は、2022年1月1日〜7月31日までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」を発表しました。 #フォースタートアップス #スタートアップ #STARTUP_DB #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

ブレインヘルスケアのSplink、国連WIPO主催「2022WIPOグローバル・アワード」グランプリ受賞!

【スタートアップニュース】ブレインヘルスケア領域の医療AIスタートアップのSplinkは、国際連合の知的財産機関であるWIPOが主催する「2022 WIPOグローバル・アワード」でグランプリを受賞しました。 #Splink #ブレイン #ヘルスケア #スタートアップ #WIPO #知的財産 #Creww #大挑戦時代をつくる

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

リーンスタートアップにおける「MVP」とは?|新規事業における秘訣を紹介!

リーンスタートアップにおいて、自身のアイデアや仮説が果たして本当に「人が欲しがる物」なのかを検証していくために必要であるのが、「MVP(Minimum Viable Product)」です。新規事業における秘訣となる「MVP」について、インキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」運営の寺田が紹介します。