12.8 C
Japan
水曜日, 12月 8, 2021

最新記事

【U30向け】VUCA時代を生き抜くキャリアとは?思考とスタンスを学ぶワークショップ

リンダ・グラットン著『ライフ・シフト』が反響を呼んで早3年。 人生100年時代、働き方改革、リカレント教育、副業解禁などバズワードが世の中に溢れる中、あなた自身のキャリアや働き方に変化はありましたか?...

保険の粋を超えた中小企業本位のサービス開発に挑戦!

エヌエヌ生命は日本の中小企業を対象に、法人向けの事業保険を提供している。「エヌエヌ生命保険アクセラレーター2019」では保険の枠に捉われず、日本の中小企業にとって、より良いサービスを提供できるようスタートアップとの共創を目指す。エントリー期間は10月4日まで...

【10/4(金)19:00~】限定50名!“製造業”のオープンイノベーションセミナー

多くの企業がオープンイノベーションに関心を持ちつつも二の足を踏んでいる状況があり、特に製造業ではその傾向が顕著です。今回はオープンイノベーションを推し進めているKENWOODから新規事業推進者である真島氏と...

融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」投資家登録受付を開始

株式会社CAMPFIREのグループ会社となる株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALは、融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)」の投資家登録受付を2019年9月11日より開始したことを発表した。

TLOI2.0(技術移転版オープンイノベーション2.0)構想

電気通信大学TLOかつ広域TLOとして企業の技術ニーズに対して解決可能な大学研究者を全国から探索、あるいは大学の技術シーズに対して活用可能な企業を探索しマッチングする産学官連携マッチング業務を実施しているキャンパスクリエイトは...

オンライン資金繰り管理サービス「エメラダ・マーケットプレイス」、城北信用金庫と全国初の「Face to Face型キャッシュフロー・レンディング」で連携

オンライン金融プラットフォームを運営するエメラダ株式会社(は、2019年9月12日付でオンライン資金繰り管理サービス「エメラダ・マーケットプレイス」において、城北信用金庫と連携を開始ししたことを発表した。

2019広州天英汇国際イノベーションスタートアップコンテストが日本に上陸!

9月19日、THero Innovation and Entrepreneurship Competitionが開催される。本大会は、天河区中国人民政府、中国広州科学技術革新委員会、中国広州産業情報技術委員会が主催、天河区科学技術情報化産業局と管理委員会が運営するスタートアップの大会だ。

スタートアップの資金調達と投資家の管理業務を効率化する「smartround」がアドバイザーアカウントの提供を開始

株式会社スマートラウンドは、会計事務所、弁護士事務所、司法書士事務所などがsmartroundを活用するためのアドバイザーアカウントの提供を開始した。また今回のリリースにあわせてパートナープログラムを拡大し、士業・アドバイザー系の企業を含め15社が新たに参加したことを発表した。 アドバイザーアカウントとは?

Editor's Pick

アフリカで中古車ファイナンス事業を展開するHAKKI AFRICAが「Fintech Japan2021」のピッチバトルで優勝!

【スタートアップニュース】新興国特化の独自の信用スコアリングを元に中古車ファイナンス事業をアフリカで展開するHAKKI AFRICAが、12月3日(金)に開催されたFintech Japan2021のスタートアップ・ピッチバトルで決勝全6社の中から第1位を獲得しました。 #スタートアップ #Fintech #FintechJapan2021 #ピッチバトル #フィンテックカンファレンス #HAKKIAFRICA #Fintech協会 #大挑戦時代をつくる #Creww

サイバーセキュリティスタートアップの「AironWorks」が東京都主催「ASACアクセラレーションプログラム」に採択!

【スタートアップニュース】AironWorks株式会社 は、11/16 (火) に青山スタートアップアクセラレーションセンターが主催する「東京都主催アクセラレーションプログラム第13期『シード特化コース』」に採択されました。本プログラムを通じ、青山スタートアップアクセラレーションセンターから提供されるネットワーク、メンタリング機能等を活用して、より一層事業拡大を加速していきます。 #スタートアップ #アクセラレーター プログラム #AironWorks #ASAC #ASACアクセラレーションプログラム #大挑戦時代をつくる #Creww

女性エンジニアがたった1人で開発!議論を愉しむアプリ「GIRON」Android製品版正式リリース

【スタートアップニュース】株式会社GIRONは、ユーザー間で議論を愉しむアプリ「GIRON」のAndroid 製品版を12月2日(木)にリリースしました。GIRONアプリは、代表取締役CTOである近藤 優実氏がたった1人で、iOS・Androidの両OSの開発を行っています。 #アプリ開発 #スタートアップ #サービス開発 #GIRON #大挑戦時代をつくる #Creww

AIスタートアップの「MENOU」が、「HONGO AI BEST AWARD」を含む6つの賞を受賞!

【スタートアップニュース】AI外観検査ソリューションを提供する株式会社MENOUは、次世代のAIスタートアップ企業を発掘するコンテストである「HONGO AI 2021」において、最優秀賞である「HONGO AI BEST AWARD」を含む6つの賞を受賞しました。 #スタートアップ #AI #HONGOAI2021 #MENOU #MENOU-TE #大挑戦時代をつくる #Creww

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始

ビズジーンは、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、2月28日12時より新型コロナウイルス感染症早期発見のための簡易検査キット開発支援プロジェクトを開始した。