12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【ファイアープレイス×station】不動産価値を向上させるべく、包括的パートナーシップを締結!

不動産価値向上事業を推進する株式会社ファイアープレイスと、コミュニティデザインツール「station」を展開するstation株式会社は、「人と人」「人とコミュニティ」の良質なつながりを増やすことで不動産の価値を高める事業領域で、包括的パートナーシップを締結しました。今後は、主として「場所」を保有する不動産会社や自治体、オープンイノベーションを志向するシェアオフィスやコワーキングスペース等に向けて、サービス提供を強化していきます。

パートナーシップ締結の背景

空間(SPACE)に機能(FUNCTION)が加わると場所(PLACE)になる。場所(PLACE)につながり(CONNECTION)が加わると場(BA)になる。つながりを積み重ねていくと、場(BA)はいつしかコミュニティ(COMMUNITY)に変わっていく。これは、ファイアープレイスが標榜する「BA METHOD」という考え方です。

コロナ禍は、この時代に生きる人々に、「場所」という価値を再定義する必要性を突きつけました。働く場所。学ぶ場所。食べる場所。泊まる場所。場所に集まることがリスクとなり、オフィスに出社する代わりに自宅でテレワークをすることが当たり前となりました。学生はオンライン授業が常識となり、多くの飲食店は、今尚営業を自粛しています。たった数年で、人々のワークスタイルやライフスタイル、行動様式は激変しました。これまで常識だと思っていた「場所」の価値とは何なのか、議論すべきタイミングが目の前に来ているのです。

ファイアープレイス、並びにstationは、これからの「場所」は「場」へと変化していくべきだと考えています。機能では代替不可能なもの、それは人やコミュニティとの「つながり」ではないでしょうか。つながりがあるオフィスの方が、つながりがないオフィスより行きたくなる。どうせ何かを買うなら、つながっている場所、つながっている人から購入したい。宅飲みもいいけれど、馴染みのお店で馴染みの友だちと語り合う時間を大切にしたい。

これからの場所の価値を再定義していく上で、「つながり」「コミュニティ」は、より大切な概念になっていくことを両社共に確信しています。機能だけでは不動産の価値を差別化できない、ないしは存在意義を確立できないこの時代。そこに「つながり」という概念を付加することで、不動産の価値は向上する。この信念を持って、両社は事業を推進します。

両社の提携イメージ

株式会社ファイアープレイスの強み

ファイアープレイスは、​​「つながりを事業にする会社」です。場所を場にアップデートさせる「場づくり」と、結果として息吹いたコミュニティを醸成させていく「コミュニティビルディング」。それらを実現するための一連のメソッドを「ネイバーフッド・メソッド」として体系化し、同事業領域におけるリーディングカンパニーを目指しています。

station株式会社の強み

stationは、コミュニティデザインツール「station」を通じて、選択肢に溢れた社会の実現を目指しています。

1:コミュニティ・プロトタイピングの展開
コミュニティのあるべき姿の解像度を上げるメソッドを、「コミュニティ・プロトタイピング」と呼んでいます。良質なコミュニティの傾向の1つとして「多様なコンテンツ」の存在があり、その状態を目指すプロセスを伴走します。

2:コミュニティデザインツール”sation”の開発/提供
⼈とコミュニティのタッチポイントをデザインし、良質な出会いを増やします。

ファイアープレイスの強みは、場所からつながりが生まれやすくなるための独自のメソッドを有することと、生まれたコミュニティをマネジメントしてきた豊富な運営実績にあります。一方、stationの強みは、コミュニティデザインツール「station」を介して人とコミュニティの接点をデザインし、良質な出会いを増やすシステム&ナレッジにあります。

両社が連携することで、

  1. ⼈とコミュニティがつながりやすくなる
  2. コミュニティとコミュニティがつながりやすくなる
  3. コミュニティの活性度合いを可視化する
  4. 良質な出会いが⽣まれやすくなる
  5. 良質な出会いを可視化する

を実現し、不動産の価値向上をサポートします。

パートナーシップ締結にあたって

株式会社ファイアープレイス代表  渡邉 知氏のコメント

弊社が推進する不動産価値向上事業において、人と人、人とコミュニティがつながりやすくなるための「きっかけ」が4つあると考えています。一つ目は、介在する「人」。二つ目は、建築・空間の「ハード」。三つ目は、コンテンツとしての「ソフト」。最後に、プラットフォームとしての「テック」。stationは、国内において希少なコミュニティ・テック企業であり、ビジネスパートナーとして、従来抽象度の高かったコミュニティのプロセス構築やその成果を可視化を実現するサービスに、大きな信頼と期待を持っています。今後も長短を補い合い、コミュニティの力で、一緒に社会をより良くしていきたいと考えています。

station株式会社 渡邊 雄介氏のコメント

昨今、「不動産の価値向上」という点において、「オフラインとオンラインが最適な形で融合している状態を作る施策」(OMO)の必要性が高まっています。それに伴い「P2P(Person to Person)、P2C(Person to Community)、C2C(Community to Community)」の3つの領域におけるタッチポイントデザインの重要性が今後さらに高まっていくと、弊社は考えています。今回のパートナーシップでは、ファイアープレイス社の「ネイバーフッドメソッド」と、stationのシステムやコミュニティプロトタイピングといった手法を重ねて提供することにより、場における最適なタッチポイントをデザインすることで不動産の価値向上をサポートしていきます。

会社概要

株式会社ファイアープレイス

ファイアープレイスは、つながりを事業にする会社です。
「つながりを創出し しあわせの総量を増やす」のミッションの下、「ネイバーフッド」という概念を起点に、地方創生(まちづくり)、不動産価値向上(場づくり)、コミュニティビルディング(コミュニティの醸成)に挑戦しています。また、つながりの在り方を実証するために、自社店舗も運営しています。商業施設やコワーキングスペース、シェアオフィス、BARなどにおける、場づくりやコミュニティビルディングの実績を豊富に有しています。

会社名:株式会社ファイアープレイス
所在地:神奈川県川崎市幸区中幸町3ー8ー1
代表者:代表取締役 渡邉知
資本金:800万円
URLhttps://fireplace.co.jp/

station株式会社

「コミュニティの多様性をデザインし、誰もが自分のライフスタイルに合ったコミュニティを自由に選べる仕組みを創る」というビジョンのもと、コミュニティ運営者の「コミュニティを活性化できない、運営業務(入会管理、入退管理、決済、施設/設備予約など)コストが高い」という課題に対し、必要な機能をワンストップで提供することで解決するSaaSサービス「station」やコミュニティの理想状態を可視化する「コミュニティプロトタイピング」開発・提供を行っている。また、全国の様々なコミュニティがつながるきっかけのプロジェクト「COMMIX」を運営しており、毎週水曜19:00からYOUTUBEにてラジオ配信中。

会社名:station株式会社
所在地:東京都港区麻布十番 2-20-7
代表者:共同代表 渡邊雄介 三宅高弘
資本金:4,230万円
URLhttps://station.space

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント