12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

【副業者募集】大田区の町工場と商店街をフィールドにした2つのプロジェクトへのエントリー開始!

一般社団法人ONE Xは、大田区の町工場と商店街をフィールドにした2つのプロジェクトの副業者の募集(本エントリー)を開始します。

大田区SDGs副業について

大田区SDGs副業は、大田区における「SDGs(持続可能な開発目標)」の課題解決に向けて、共に推進していく副業人材を大田区内外問わず全国から募集していき、サスティナブルな大田区運営に向けて町工場や商店街、HICity(羽田イノベーションシティ※)等を中心に取組んでいきます。また、アフターコロナ時代を見据えて、先進的な取組にもチャレンジしていきます。
※HICityゾーンK HANEDA×PiO交流空間を活用します。

募集①大田区町工場プロジェクトについて

本プロジェクトは、副業者の皆様と共に大田区とONE X、町工場が一丸となって進めていく「ものづくりのまち大田区町工場の連携で、取引先拡大の仕組みをデザインするプロジェクト」です。

大田区には約4,200の工場があり、「モノづくりのまち」として知られています。
その多くが「削る」「磨く」「成型する」「メッキする」など加工を専門に請け負っている工場であることも大田区の町工場の特徴です。

そんな大田区にある複数の町工場の連携が生み出す「柔軟で質の高いモノづくりをスピーディにできる環境」を活かし、大田区として、日本のハードウェア系新規事業のプロトタイピングを支援していくことを目指していきます。(具体的な募集内容については以下、募集ページを参照。)

大田区町工場、延いては日本のモノづくりの未来を明るくしていくために、少しでも副業者の知見を取り入れたいと考えておりますので、ご協力をお願い致します。

町工場プロジェクト募集詳細内容及びお申込みはこちら
▶︎https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5046/

募集②大田区商店街プロジェクトについて

本プロジェクトは、副業者の皆様と共に大田区とONE X、商店街が一丸となって進めていく「商店街に稼ぐ力を!大田区内商店街の未活用資産を活用してPR/広告事業を立ち上げるプロジェクト」です。

大田区にある約140の商店街の展開を見据えて、大田区内の商店街をフィールドに、大田区内商店街事務局が好条件で活用したいと考える「遊休資産を活用した新しい事業」の立ち上げを目指しています。

「商店街の遊休資産(例としてアーケードに取り付けられているフラッグ)を活用した新事業の立ち上げ」を目指して活動をできるメンバーを募集します。企画→実践→改善までを一気通貫して実施できればと考えております。(具体的な募集内容については以下、募集ページを参照。)

この事業立ち上げを通して商店街自身が「稼ぐ力」を身に着けていくことで、「新たな挑戦」を推進していくことができ、持続的な成長をし続けられる商店街につながると考えております。

商店街という日本の良き文化が、時代に適応しながらも、後世にも価値を残していけるように、
是非一緒に取り組んでいきましょう。

商店街プロジェクト募集詳細内容及びお申込みはこちら
▶︎https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5021/

【募集要項】

■本エントリー者の対象
・国内外、大田区内外問わず、「副業人材(兼業・複業含む)」として大田区に関わりたい⼈
・持続的な地域づくりの担い⼿として当事者意識を持ち関わることができる人
・下記、各プロジェクト募集ページに記載されている「対象となる人」に当てはまる人

■スケジュール
・2021年8月:募集開始 *9/19(日)〆切を予定
・2021年9月:選考(書類選考→面接)
・2021年10月~:プロジェクト開始(約4か月を予定)

■勤務地
・基本的にZoom等を活用したオンラインで実施

■契約形態
・雇用契約以外の形態で、面談後個別に決定

■謝礼
・月3万円~(面談後個別に決定)

■申込⽅法
下記、各プロジェクトページにアクセスいただき、「お問合せ・応募」からお申し込みください。
①町工場プロジェクト:https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5046/
②商店街プロジェクト:https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5021/

【応援コメント】

ヱビナ電化工業株式会社 代表取締役社長 海老名 伸哉氏 

当社は1946年に大田区で創業した「機能めっき」を得意とするめっき会社で、「自考自働」出来る表面処理のプロ集団を目指してきました。
昨今は、通信業界や自動車業界などの業界が変わる時代です。IT化が進む中で、当社を必要としてくれている企業も大事ですが、新たな分野に目を向ける事も大事な事で、自分達で限界を作らないようにしています。今回の「大田区SDGs副業」の町工場プロジェクトはまさに新たな挑戦だと思います。なかなかノウハウがない領域もあるので、是非幅広い知見や経験を有する副業者の皆様に大変期待しております。一緒に新たな挑戦をしていきましょう。

大田区商店街連合会 事務局長 河野 玄氏

新型コロナウイルス感染拡大により、人流の減少、各種イベントの延期や中止など、コロナ前に比べて商店街は多大な影響を受けております。
そんな状況を打破すべく、大田区商店街連合会では、大田区にある約140の商店街の活性化を目指し、新たなチャレンジを進めております。
今回の「SDGs副業」では、サスティナブルな商店街の実現に向けて、副業者を募集して取り組んでいくということで、様々な知見やノウハウを持っている副業者の皆様に大変期待しております。

塩尻市役所 企画政策部 官民連携進課 課長補佐
空き家プロジェクトnanoda代表
内閣府 地域活性化伝道師
信州大学 キャリア教育・サポートセンター 特任准教授
山田 崇氏

塩尻市では副業人材の方々と一緒に地域の課題解決に取り組むことで、リソースがなく困っている地域企業の挑戦の後押しや関係人口創出の拡大など様々な成果が出ています。
行政が抱える課題を明確にして副業を募集するというプロセスを通して行政職員のスキルアップや副業がきっかけで塩尻を好きになり最終的に塩尻で創業する等の良い例も増えてきています。
大田区の課題は、1741の地方自治体でも今後想定される課題でもあり、そういった意味で大田区の挑戦は塩尻含めた地方自治体のお手本になるので、是非お互いが挑戦し、知見を共有していきたいと思っています。
羽田空港があり、製造業の集積や商店街が多くあるなど、面白く可能性を秘めている大田区と塩尻市をフィールドに副業人材の方々と共により一層オープンで積極的な課題解決を行い、地域活性化を共に目指しましょう!

【主催者コメント】

大田区 産業経済部長 山田 良司氏 

大田区は人口約74万人で、政令指定都市並みの人口を擁しております。面積も23区で一番大きく、商業地、住宅地、工業地、臨海部などさまざまな顔を持つことから、「東京の縮図」と言われています。このような特徴を有する大田区で、専門的なスキルや経験をお持ちの副業者の方々にお力を借りて、サスティナブルな町工場や商店街の実現に向けた取り組みを本格的にスタートさせてまいります。
高度な加工技術を持つ町工場の「ものづくりにかける想い」「MADE IN OTAへのこだわり」、そして、古き良き時代を感じさせつつ未来志向に取り組む商店街の「地域コミュニティの核」「商いを通じた生活応援」の想いをしっかりと受け止めていただき、ここ大田区の地から、これまでにない新しい協働モデルを全国、そして世界に向けて発信してまいりたいと考えておりますので、共に取り組んでまいりましょう。
ご参加くださる皆様のエネルギッシュでクリエイティブな発想力、そして新しい時代を切り拓いていく未来感覚と行動力に大いに期待をしております。
 

【本件に関するお問い合わせ】

⼀般社団法⼈ONE X(https://onexxxx.com/ )とは、「すべての⼈がコトを興せる社会」をビジョンに掲げ、共創により個々の本来価値を引き出すコラボレーション実⾏型組織です。

個々のパッションを連鎖させ、共に成⻑できる仲間とフィールドを提供します。現在は⼤⽥区、塩尻市、茨城県等の⾏政⾃治体や地域企業との共創を推進。

ふるさと兼業(https://furusatokengyo.jp/)のプラットフォームを活用して副業・兼業人材のマッチングおよび地域の課題解決を推進。また、新規事業開発・既存事業変⾰のための事業⽀援等を行っております。 

※本件は、大田区が実施する「データ活用による地域課題解決モデル事業」を受託して実施しております。

一般社団法人ONE X:広報PR担当
電話番号:08065515333
メールアドレス:onex@onexxxx.com

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント