12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

【副業者募集】大田区の町工場と商店街をフィールドにした2つのプロジェクトへのエントリー開始!

一般社団法人ONE Xは、大田区の町工場と商店街をフィールドにした2つのプロジェクトの副業者の募集(本エントリー)を開始します。

大田区SDGs副業について

大田区SDGs副業は、大田区における「SDGs(持続可能な開発目標)」の課題解決に向けて、共に推進していく副業人材を大田区内外問わず全国から募集していき、サスティナブルな大田区運営に向けて町工場や商店街、HICity(羽田イノベーションシティ※)等を中心に取組んでいきます。また、アフターコロナ時代を見据えて、先進的な取組にもチャレンジしていきます。
※HICityゾーンK HANEDA×PiO交流空間を活用します。

募集①大田区町工場プロジェクトについて

本プロジェクトは、副業者の皆様と共に大田区とONE X、町工場が一丸となって進めていく「ものづくりのまち大田区町工場の連携で、取引先拡大の仕組みをデザインするプロジェクト」です。

大田区には約4,200の工場があり、「モノづくりのまち」として知られています。
その多くが「削る」「磨く」「成型する」「メッキする」など加工を専門に請け負っている工場であることも大田区の町工場の特徴です。

そんな大田区にある複数の町工場の連携が生み出す「柔軟で質の高いモノづくりをスピーディにできる環境」を活かし、大田区として、日本のハードウェア系新規事業のプロトタイピングを支援していくことを目指していきます。(具体的な募集内容については以下、募集ページを参照。)

大田区町工場、延いては日本のモノづくりの未来を明るくしていくために、少しでも副業者の知見を取り入れたいと考えておりますので、ご協力をお願い致します。

町工場プロジェクト募集詳細内容及びお申込みはこちら
▶︎https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5046/

募集②大田区商店街プロジェクトについて

本プロジェクトは、副業者の皆様と共に大田区とONE X、商店街が一丸となって進めていく「商店街に稼ぐ力を!大田区内商店街の未活用資産を活用してPR/広告事業を立ち上げるプロジェクト」です。

大田区にある約140の商店街の展開を見据えて、大田区内の商店街をフィールドに、大田区内商店街事務局が好条件で活用したいと考える「遊休資産を活用した新しい事業」の立ち上げを目指しています。

「商店街の遊休資産(例としてアーケードに取り付けられているフラッグ)を活用した新事業の立ち上げ」を目指して活動をできるメンバーを募集します。企画→実践→改善までを一気通貫して実施できればと考えております。(具体的な募集内容については以下、募集ページを参照。)

この事業立ち上げを通して商店街自身が「稼ぐ力」を身に着けていくことで、「新たな挑戦」を推進していくことができ、持続的な成長をし続けられる商店街につながると考えております。

商店街という日本の良き文化が、時代に適応しながらも、後世にも価値を残していけるように、
是非一緒に取り組んでいきましょう。

商店街プロジェクト募集詳細内容及びお申込みはこちら
▶︎https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5021/

【募集要項】

■本エントリー者の対象
・国内外、大田区内外問わず、「副業人材(兼業・複業含む)」として大田区に関わりたい⼈
・持続的な地域づくりの担い⼿として当事者意識を持ち関わることができる人
・下記、各プロジェクト募集ページに記載されている「対象となる人」に当てはまる人

■スケジュール
・2021年8月:募集開始 *9/19(日)〆切を予定
・2021年9月:選考(書類選考→面接)
・2021年10月~:プロジェクト開始(約4か月を予定)

■勤務地
・基本的にZoom等を活用したオンラインで実施

■契約形態
・雇用契約以外の形態で、面談後個別に決定

■謝礼
・月3万円~(面談後個別に決定)

■申込⽅法
下記、各プロジェクトページにアクセスいただき、「お問合せ・応募」からお申し込みください。
①町工場プロジェクト:https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5046/
②商店街プロジェクト:https://furusatokengyo.jp/project/kanto/tokyo/p5021/

【応援コメント】

ヱビナ電化工業株式会社 代表取締役社長 海老名 伸哉氏 

当社は1946年に大田区で創業した「機能めっき」を得意とするめっき会社で、「自考自働」出来る表面処理のプロ集団を目指してきました。
昨今は、通信業界や自動車業界などの業界が変わる時代です。IT化が進む中で、当社を必要としてくれている企業も大事ですが、新たな分野に目を向ける事も大事な事で、自分達で限界を作らないようにしています。今回の「大田区SDGs副業」の町工場プロジェクトはまさに新たな挑戦だと思います。なかなかノウハウがない領域もあるので、是非幅広い知見や経験を有する副業者の皆様に大変期待しております。一緒に新たな挑戦をしていきましょう。

大田区商店街連合会 事務局長 河野 玄氏

新型コロナウイルス感染拡大により、人流の減少、各種イベントの延期や中止など、コロナ前に比べて商店街は多大な影響を受けております。
そんな状況を打破すべく、大田区商店街連合会では、大田区にある約140の商店街の活性化を目指し、新たなチャレンジを進めております。
今回の「SDGs副業」では、サスティナブルな商店街の実現に向けて、副業者を募集して取り組んでいくということで、様々な知見やノウハウを持っている副業者の皆様に大変期待しております。

塩尻市役所 企画政策部 官民連携進課 課長補佐
空き家プロジェクトnanoda代表
内閣府 地域活性化伝道師
信州大学 キャリア教育・サポートセンター 特任准教授
山田 崇氏

塩尻市では副業人材の方々と一緒に地域の課題解決に取り組むことで、リソースがなく困っている地域企業の挑戦の後押しや関係人口創出の拡大など様々な成果が出ています。
行政が抱える課題を明確にして副業を募集するというプロセスを通して行政職員のスキルアップや副業がきっかけで塩尻を好きになり最終的に塩尻で創業する等の良い例も増えてきています。
大田区の課題は、1741の地方自治体でも今後想定される課題でもあり、そういった意味で大田区の挑戦は塩尻含めた地方自治体のお手本になるので、是非お互いが挑戦し、知見を共有していきたいと思っています。
羽田空港があり、製造業の集積や商店街が多くあるなど、面白く可能性を秘めている大田区と塩尻市をフィールドに副業人材の方々と共により一層オープンで積極的な課題解決を行い、地域活性化を共に目指しましょう!

【主催者コメント】

大田区 産業経済部長 山田 良司氏 

大田区は人口約74万人で、政令指定都市並みの人口を擁しております。面積も23区で一番大きく、商業地、住宅地、工業地、臨海部などさまざまな顔を持つことから、「東京の縮図」と言われています。このような特徴を有する大田区で、専門的なスキルや経験をお持ちの副業者の方々にお力を借りて、サスティナブルな町工場や商店街の実現に向けた取り組みを本格的にスタートさせてまいります。
高度な加工技術を持つ町工場の「ものづくりにかける想い」「MADE IN OTAへのこだわり」、そして、古き良き時代を感じさせつつ未来志向に取り組む商店街の「地域コミュニティの核」「商いを通じた生活応援」の想いをしっかりと受け止めていただき、ここ大田区の地から、これまでにない新しい協働モデルを全国、そして世界に向けて発信してまいりたいと考えておりますので、共に取り組んでまいりましょう。
ご参加くださる皆様のエネルギッシュでクリエイティブな発想力、そして新しい時代を切り拓いていく未来感覚と行動力に大いに期待をしております。
 

【本件に関するお問い合わせ】

⼀般社団法⼈ONE X(https://onexxxx.com/ )とは、「すべての⼈がコトを興せる社会」をビジョンに掲げ、共創により個々の本来価値を引き出すコラボレーション実⾏型組織です。

個々のパッションを連鎖させ、共に成⻑できる仲間とフィールドを提供します。現在は⼤⽥区、塩尻市、茨城県等の⾏政⾃治体や地域企業との共創を推進。

ふるさと兼業(https://furusatokengyo.jp/)のプラットフォームを活用して副業・兼業人材のマッチングおよび地域の課題解決を推進。また、新規事業開発・既存事業変⾰のための事業⽀援等を行っております。 

※本件は、大田区が実施する「データ活用による地域課題解決モデル事業」を受託して実施しております。

一般社団法人ONE X:広報PR担当
電話番号:08065515333
メールアドレス:onex@onexxxx.com

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント