12.8 C
Japan
金曜日, 2月 3, 2023

【ADKダイレクト×chipper】D2Cブランドをワンストップで共創!「D2C UP STAGE」β版提供を開始

株式会社ADKダイレクトと株式会社chipperは事業提携を行い、D2C事業共創サポートサービス「D2C UP STAGE」β版の提供を開始しました。

D2C事業共創サポートサービス「D2C UP STAGE」とは

D2C UP STAGE」ではターゲットのコアな悩みを解決することに特化した「D2Cブランド」を、マーケットリサーチ・商品企画・プロモーションのPDCAまで、ワンストップで共創していきます。

本共同事業では、コアコンピテンシーとしての「支援から伴走へ。」という共通ミッションを設定し、「本当に素晴らしい商品やサービスを、それを必要とするお客様にお届けする」「この支援を行うことで、すべてのステークホルダーに喜んでいただく」というバリューの下、フルサポート・ワンストップ型でD2Cブランドを共創します。

提供内容例

  • 事業環境分析
  • マーケット調査を行い勝ち筋を見つける
  • ユーザーインサイトに合わせたプロダクト企画
  • 事業計画PL作成
  • 最新のマーケティングノウハウを活かした戦略構築
  • 物流やコールセンターなど、目的の本質に根ざしたパートナー企業の選定
  • 各企業、各業界、展開手法に合わせたデータ抽出や分析手法のフォーマット化

サービス誕生の背景

ADKダイレクト社では、「D2C BUDDY」をコンセプトに、クライアントとダイレクトマーケティング事業の共創を全国規模で支援していました。

​同じくchipper社でもD2Cグロース支援を行っており、「コンサルティング」という言葉を使わず、クライアントと事業を共創していく「事業共創パートナー」として数々のD2Cブランドの立ち上げ支援に携わってきました。

両社でパートナーシップを強化することで「強みの最大化」と「弱みの補強」を行うことができ、双方が解決したい社会課題・多くのクライアントが抱える課題に対してアプローチができると考え、事業提携を行うこととなりました。

本事業で解決したい、クライアントの抱える課題

  • どういった商品を出したら売れるかわからない
  • D2C事業の事業計画の作り方、KPIの設定方法がわからない
  • 自社ではまかないきれない領域での、パートナーの選定基準がわからない
  • ブランド構築の方法がわからない
  • 継続的な分析ができない

ADKグループの持つ、「ユーザー生活データベース」「多数のクライアントの実績値」「全国支社での豊富な人材」というストロングポイントと、chipper社の「マーケティングノウハウ」「事業計画の詳細な設計力」を掛け合わせることで、課題の抜本的解決を提案します。

本事業の展望

β版ではクローズ募集を行い、来年3月を目処に実際にD2Cブランドを生み出します。
その後本格募集を行い、サービス提供を開始します。
更に、その次の進化のカタチとして「D2C CONSORTIUM(コンソーシアム)」を構想しています。

前述の「D2C UP STAGE」事業では、様々なパートナーに協力してもらう予定です。主には、D2C展開のための各種ツールを提供しているパートナー、物流代行・コールセンター代行を営んでいるパートナーなどがそれに該当します。

そのパートナーとの共通の課題は「クライアントの成功」です。

例えば物流代行を契約しても、発送数が上がらなければ物流代行会社にとってもメリットが少なくなってしまいます。CRMツールを契約しても、クライアントが使いこなせなければ、結果売上は上がらず長期的な契約には繋がりません。

現在のD2C・ECの業界構造として、各パートナーではこういった課題を抱えがちです。
D2C立ち上げの案件、もしくはこういった課題を抱えている案件を、クライアントに対して伴走する「D2C UP STAGE」へ集約させてサポートを行うことで、同時に各種ツールや代行会社等のパートナー企業の収益の最大化にもコミットできると考えています。

クライアント・パートナー双方の売上を最大化するために伴走をすることで、全社がWINWINとなる関係性を構築することを、長期的な構想として展開を行います。
パートナーを希望する事業者についても、今後サービスサイトオープン後に募集を行う予定です。

■会社概要

会社名:株式会社ADKダイレクト
所在地:東京都港区虎ノ門1-10-5
代表者:挽地 信孝
URL:https://www.adk-direct.jp/index.html
事業内容:ダイレクト&リレーションシップマーケティング・サービスをワンストップで提供
企業ミッション:Your Success is Our Success

会社名:株式会社chipper
所在地:東京都渋谷区東1丁目16−7
代表者:十時 悠径
URL:https://corp.chipper.co.jp/
事業内容:D2C・新規事業共創プロジェクトチーム
企業ミッション:誰もが自然に夢を叶えられる世界を

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント