12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」協業スタートアップの募集開始! |13の協業構想テーマから新しいまちの在り方を共創

三菱地所とサムライインキュベートは、スタートアップとのオープンイノベーションによる新事業創出を目指す「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」を本年も開催する。本プログラムは、13の協業構想テーマに対し、スタートアップからの協業事業案を募るもので、参加を希望するスタートアップの募集を8月26日(木)より開始した。採択企業には、三菱地所がスポンサーとして資金・技術・販路等の経営リソースを提供する等、新事業立ち上げに向けて伴走する。
▲プログラムコンセプト

本プログラムは、イノベーション創出とビジネスモデル革新を目的として、2017年より実施されている。急激な社会変容や行動様式の変化への対応が求められる時代だからこそ、先進的なまちづくりを行ってきた三菱地所として、変革を加速させ、新しいまちの在り方をデザインし、実装・最適化していきたいと考えているのだ。
5期目となる今回は、三菱地所グループが描く新しいまちの在り方に関する具体的な13の協業構想テーマを設定し、スタートアップからそれぞれのプロダクト・サービス・技術等を活かした個々の協業事業案を提案してもらう方法となっている。これにより、まちにおける課題と共に向き合うパートナーとして、三菱地所グループとの協業の実現性をより高めることができると考えている。

本プログラムは、三菱地所と、カスタマイズ型のイノベーション支援実績が豊富なサムライインキュベートがタッグを組んで推進していく。
三菱地所は、かねてよりスタートアップとの共創に取り組んできたが、今後は既存事業領域における競争力強化だけでなく、「ノンアセットビジネス」や「BtoC/BtoBtoC に着目した新たな事業展開」を目指していく。
サムライインキュベートは、ゼロイチの事業創出支援や国内外でのイノベーション支援ノウハウを活かして企画・運営・実施をする。また、スタートアップの共創支援メンタリングやベンチャーキャピタルとして優れた共創アイデアを持つ企業への出資検討等を担っていく。

「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」概要

メインテーマ:まちづくりに新たな「可能性」と「革新」を。

詳細テーマ

街の働き方UX向上:共通認証 ID「Machi Pass」※連携による、まちの体験再構成
E-book 丸の内ワーカー向けの全く新しいデジタル図書館構想
マイクロコミュニティ 丸の内ワーカー向けの自己研鑽を継続させるマイクロコミュニティ形成
フードテック 社員食堂のDXを足がかりとしたフードテックを活用した食体験の提供

多様なワークスタイル創出:新たな働き方を提供するサービスの進化・飛躍
xLINK(サービスオフィス) xLink契約〜入居までのフレキシブル性を高めるサービス基盤構築
テレキューブ テレキューブのユースケースを拡張する多様なサービス連携
ワーケーション ワーケーション施設の活用シーンを拡充するサービス・コミュニティ連携

「住」の変革:住まい・暮らしにまつわる課題解決や新たな価値創出
AI診断×スキルシェア 間取り診断をはじめ、住まい選びや住まいづくりに気づき・学びを与えるプラットフォーム
宅内×ヘルスケア 在宅での健康維持や身体データの蓄積から医療連携をする居住者向け在宅ヘルスケアプラットフォーム構想
ワークプレイス 居住圏でのリモートワークの課題解決を図るワークプレイス構想

新しい価値創造:新事業領域での新事業創出
子育てテック 育児に関する新たなサービス・プラットフォームの創出
フェムテック ダイバーシティのさらなる加速に向けたフェムテックサービスプラットフォームの形成
リゾートテック 新たな体験コンテンツやスマートリゾート化等、宮古島における観光新興テックの取り込み

その他 自由公募枠(前述のテーマによらない共創提案):
農業・食・ヘルスケア・エンタメ・エネルギー・観光・ファイナンス・モビリティ・5G等領域の具体提案

スケジュール:
2021年8月26日(木)~10月29日(金) プログラム募集期間
2021年11月1日(月)~ 書類・面談審査
2021年12月下旬~1月上旬 採択企業決定
2022年1月上旬~ 共創計画の共同策定期間(プログラム期間)
2022年3月中旬~3月下旬 共創計画プレゼン会(プログラム最終発表)
プログラム後 共創計画に則りPoC等、各種活動を共同実施

■参加メリット:

・事業の共同開発
 中長期連携を目指した三菱地所グループとの共同事業開発
・三菱地所グループのアセット活用
 ハードアセットや既存サービス、顧客データ等、三菱地所グループのアセットを活用した事業化推進
・発信力/ネットワークの活用
 共同発信によるPR・マーケティング
・メンター支援
 共創チームごとにサムライインキュベート等のコラボレーション支援メンターをアサイン
・コワーキングスペースの提供
 丸の内に立地するビジネス開発拠点「EGG JAPAN」、大手町のコワーキングスペース「3×3Lab Future」の利用が可能
・出資検討
 三菱地所・サムライインキュベートからの出資および、事業に応じた三菱地所とのJV組成など

■応募資格:
・既に法人登記がなされていること
・プログラム期間中にプロダクト・サービスが一部機能でも提供可能であること
・資金調達状況、本社所在地等は不問

■専用サイト: https://mecaccelerator.jp/

【注釈】
※「Machi Pass」:
2020年10月に三菱地所が開発した共通認証IDで、利用者はまちで展開される複数のオンラインサービスや来場予約・リアルな空間への入退室等オン・オフラインの体験を一つのIDで利用できるほか、希望に応じて、施設やサービスの利用履歴や位置情報等のデータに基づき一人ひとりに最適化された体験の提供を受けることが可能となるものである。

三菱地所株式会社について

社名三菱地所株式会社
設立1937年5月7日
所在地東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル
代表者代表執行役 執行役社長 吉田 淳一
URLhttps://www.mec.co.jp/

株式会社サムライインキュベートについて

社名株式会社サムライインキュベート
設立2008年3月14日
所在地東京都港区六本木1-3-50
代表者代表取締役 榊原 健太郎
URLhttps://www.samurai-incubate.asia/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント