12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

愛媛県での新規事業はオープンイノベーションとファンドの活用がカギ!スタートアップと企業の共創を成功させよう

愛媛県は伊予銀行が設立した「いよぎんキャピタル」や愛媛銀行も共同している「えひめ地域活性化ファンド」など、地元銀行が主体となったファンドが多いのが特徴です。愛媛県は県内の企業一丸となって地域活性化を目指しているといえるでしょう。当記事では愛媛県のオープンイノベーション拠点や新規事業を応援するVC・ファンドを紹介します。

愛媛県のオープンイノベーション拠点

愛媛県にはいくつかのオープンイノベーション拠点が存在します。ここでは「愛媛大学紙産業イノベーションセンター」「花王サニタリープロダクツ愛媛」「テックアイエス」の3拠点について紹介します。

1.愛媛大学紙産業イノベーションセンター

最初に紹介するのが愛媛大学紙産業イノベーションセンターです。紙産業の発展のための研究と教育、地域活性化を目的として開設されました。

紙質特性を評価する装置や精密分析機器などの紙研究を行うためのあらゆる環境が整備されています。

2.花王サニタリープロダクツ愛媛

次に紹介するオープンイノベーションの拠点が「花王サニタリープロダクツ愛媛」です。花王株式会社と京都大学が共同研究する「使用済紙おむつの炭素化リサイクル」に関する仕組みの構築を目指しています。

実証実験は愛媛県西条市で行われており、花王株式会社とオープンイノベーション機構の協力によって開発が進められています。

3.テックアイエス

最後は株式会社テックアイエスによって2021年1月に開設された「テックアイエス」です。愛媛県内の優秀な人材が活躍するための環境整備と起業家同士の交流を目的としています。

施設は大きく3スペースに分かれています。リラックスして打ち合わせできるオープンスペースとドリンクを飲みながら作業できる自主スペース、誰の目も気にすることなくテレワークできるオンラインルームです。

株式会社テックアイエスは主にプログラミングスクールを展開しており「どこにいても、生まれても、世界最高の教育を受けられる」を軸にしてサービス提供を行っている会社です。日本全国とインド、アメリカにサービスを拡大していますが、最初の店舗は愛媛に設立しています。

地方銀行が支援するオープンイノベーション

愛媛銀行が主催するアクセラレータープログラム

地方銀行がハブとなって、地域企業とスタートアップの共創によるイノベーション創出を支援する取り組みが各地で行われています。ここ愛媛県においても、愛媛銀行が地元優良企業の経営資源をベースに、全国のスタートアップ企業のアイデアや技術を融合し新規事業を創出する「オープンイノベーションプログラム」を2019年より開催しており、愛媛県内経済の活性化を目指しています。

愛媛銀行|オープンイノベーション事業により新規事業創出を推進

2019年6月11日

愛媛企業3社が参加するオープンイノベーションプログラム「愛媛アクセラレーター2020」とは!

2020年2月28日

愛媛県の新規事業を応援するVC・ファンド

愛媛県には経営支援を行う「いよぎんキャピタル」をはじめ、新規事業のためのVC・ファンドが豊富に存在します。

ここでは、「えひめ地域活性化ファンド」と「四国アライアンスキャピタル」「いよぎんキャピタル」「オプティマ・ベンチャーズ」の代表的な4つのVCとファンドについてみていきましょう。

新規事業を支援「えひめ地域活性化ファンド」

えひめ地域活性化ファンドは新規事業の支援目的で設立されたファンドで、地域金融機関とゆうちょ銀行が連携するファンド設立は、四国地方で初の取り組みです。その投資対象は愛媛県内の創業・第二創業者と成長性が見込まれる未上場の企業となっており、地域経済の活性化を目指しています。

4行が連携「四国アライアンスキャピタル」

「四国銀行」「伊予銀行」「阿波銀行」「百十四銀行」の4行が連携し設立したのが四国アライアンスキャピタルです。県内企業の再生と成長支援、事業承継の3つを柱に運営を行っています。

運営ファンドは「しこく創生ファンド」「しこくエネルギーファンド」「しこく中小企業支援ファンド」の3つです。近年では事業継承の案件で実績を伸ばしており、事業継承を検討する経営者や企業からの注目を集めています。

経営支援も行う「いよぎんキャピタル」

いよぎんグループとして経営支援を行うのがいよぎんキャピタルです。また経営支援だけでなく、大学や自治体のパートシップも図っています。

ベンチャーや大学発ベンチャー、農林水産業などが主な投資対象で、幅広く対応しているのが特徴です。また投資エリアも愛媛県内だけでなく、四国地方や中国地方、瀬戸内地域といったように幅広く対応している点も魅力といえます。

共創が目的「オプティマ・ベンチャーズ」

最後に紹介するのが共創を目的とするオプティマ・ベンチャーズです。フューチャーベンチャーキャピタルでの勤務経験もある宮川氏が設立したコンサルティングを兼ねた投資会社となっています。

KOBE OPEN ACCELERATOR|中西金属工業株式会社

2017年4月20日

愛媛県のオープンイノベーションから学ぼう

愛媛県のオープンイノベーションの取り組みとVC・ファンドについて紹介しました。愛媛県では企業のマッチングというよりは、愛媛大学紙産業イノベーションセンターや花王サニタリープロダクツ愛媛といったように研究開発を軸にした取り組みが多いのが特徴です。

またVC・ファンドも「えひめ地域活性化ファンド」や「いよぎんキャピタル」などのように地元銀行が主体となっています。地域一丸となって取り組みを行いたい場合は多くの地元銀行も支援体制を構築している愛媛県のオープンイノベーションから学ぶとよいでしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source愛媛県
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント