12.8 C
Japan
月曜日, 9月 20, 2021

愛媛県での新規事業はオープンイノベーションとファンドの活用がカギ!スタートアップと企業の共創を成功させよう

愛媛県は伊予銀行が設立した「いよぎんキャピタル」や愛媛銀行も共同している「えひめ地域活性化ファンド」など、地元銀行が主体となったファンドが多いのが特徴です。愛媛県は県内の企業一丸となって地域活性化を目指しているといえるでしょう。当記事では愛媛県のオープンイノベーション拠点や新規事業を応援するVC・ファンドを紹介します。
目次
・愛媛県のオープンイノベーション拠点
・愛媛県の新規事業を応援するVC・ファンド
・愛媛県のオープンイノベーションから学ぼう

愛媛県のオープンイノベーション拠点

愛媛県にはいくつかのオープンイノベーション拠点が存在します。ここでは「愛媛大学紙産業イノベーションセンター」「花王サニタリープロダクツ愛媛」「テックアイエス」の3拠点について紹介します。

1.愛媛大学紙産業イノベーションセンター

最初に紹介するのが愛媛大学紙産業イノベーションセンターです。紙産業の発展のための研究と教育、地域活性化を目的として開設されました。

紙質特性を評価する装置や精密分析機器などの紙研究を行うためのあらゆる環境が整備されています。

2.花王サニタリープロダクツ愛媛

次に紹介するオープンイノベーションの拠点が「花王サニタリープロダクツ愛媛」です。花王株式会社と京都大学が共同研究する「使用済紙おむつの炭素化リサイクル」に関する仕組みの構築を目指しています。

実証実験は愛媛県西条市で行われており、花王株式会社とオープンイノベーション機構の協力によって開発が進められています。

3.テックアイエス

最後は株式会社テックアイエスによって2021年1月に開設された「テックアイエス」です。愛媛県内の優秀な人材が活躍するための環境整備と起業家同士の交流を目的としています。

施設は大きく3スペースに分かれています。リラックスして打ち合わせできるオープンスペースとドリンクを飲みながら作業できる自主スペース、誰の目も気にすることなくテレワークできるオンラインルームです。

株式会社テックアイエスは主にプログラミングスクールを展開しており「どこにいても、生まれても、世界最高の教育を受けられる」を軸にしてサービス提供を行っている会社です。日本全国とインド、アメリカにサービスを拡大していますが、最初の店舗は愛媛に設立しています。

愛媛県の新規事業を応援するVC・ファンド

愛媛県には経営支援を行う「いよぎんキャピタル」をはじめ、新規事業のためのVC・ファンドが豊富に存在します。

ここでは、「えひめ地域活性化ファンド」と「四国アライアンスキャピタル」「いよぎんキャピタル」「オプティマ・ベンチャーズ」の代表的な4つのVCとファンドについてみていきましょう。

新規事業を支援「えひめ地域活性化ファンド」

えひめ地域活性化ファンドは新規事業の支援目的で設立されたファンドで、地域金融機関とゆうちょ銀行が連携するファンド設立は、四国地方で初の取り組みです。その投資対象は愛媛県内の創業・第二創業者と成長性が見込まれる未上場の企業となっており、地域経済の活性化を目指しています。

4行が連携「四国アライアンスキャピタル」

「四国銀行」「伊予銀行」「阿波銀行」「百十四銀行」の4行が連携し設立したのが四国アライアンスキャピタルです。県内企業の再生と成長支援、事業承継の3つを柱に運営を行っています。

運営ファンドは「しこく創生ファンド」「しこくエネルギーファンド」「しこく中小企業支援ファンド」の3つです。近年では事業継承の案件で実績を伸ばしており、事業継承を検討する経営者や企業からの注目を集めています。

経営支援も行う「いよぎんキャピタル」

いよぎんグループとして経営支援を行うのがいよぎんキャピタルです。また経営支援だけでなく、大学や自治体のパートシップも図っています。

ベンチャーや大学発ベンチャー、農林水産業などが主な投資対象で、幅広く対応しているのが特徴です。また投資エリアも愛媛県内だけでなく、四国地方や中国地方、瀬戸内地域といったように幅広く対応している点も魅力といえます。

共創が目的「オプティマ・ベンチャーズ」

最後に紹介するのが共創を目的とするオプティマ・ベンチャーズです。フューチャーベンチャーキャピタルでの勤務経験もある宮川氏が設立したコンサルティングを兼ねた投資会社となっています。

愛媛県のオープンイノベーションから学ぼう

愛媛県のオープンイノベーションの取り組みとVC・ファンドについて紹介しました。愛媛県では企業のマッチングというよりは、愛媛大学紙産業イノベーションセンターや花王サニタリープロダクツ愛媛といったように研究開発を軸にした取り組みが多いのが特徴です。

またVC・ファンドも「えひめ地域活性化ファンド」や「いよぎんキャピタル」などのように地元銀行が主体となっています。地域一丸となって取り組みを行いたい場合は多くの地元銀行も支援体制を構築している愛媛県のオープンイノベーションから学ぶとよいでしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source愛媛県
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント