12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

熊本県の新規事業はオープンイノベーションが生み出す!スタートアップと企業は協業しよう!

熊本県では「熊本市しごと・ひと・まち創生総合戦略」を掲げ、仕事を主軸にしたオープンイノベーションの取り組みを行っています。仕事を主軸にする理由は人口が維持できても雇用が安定しなければ人口流出が止まらないという懸念があるからです。当記事では熊本県のオープンイノベーションの取り組みや事例について紹介します。
目次
・熊本県のオープンイノベーションの取り組み
・熊本県の企業によるオープンイノベーション事例
・熊本市のオープンイノベーション施策を参考にしよう

熊本県のオープンイノベーションの取り組み

熊本県のオープンイノベーションは「熊本市しごと・ひと・まち創生総合戦略」やマッチング目的の「Kumamoto City Pitch」など堅実的な取り組みが多いです。ここでは他地域でも参考にできる取り組みを紹介します。

「熊本市しごと・ひと・まち創生総合戦略」によるオープンイノベーションの加速化

熊本市しごと・ひと・まち創生総合戦略」は熊本県が長期ビジョンで進めるオープンイノベーションを加速させるための取り組みです。

2017年からはじまった「熊本市しごと・ひと・まち創生総合戦略」は安定的な雇用によって人口流出の抑制と地方創成を目指しています。AIなどの新技術に対応できる人材の育成・確保、イノベーション創出の促進も戦略の一環です。

参照:https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=12452&sub_id=9&flid=200776

マッチングが目的「Kumamoto City Pitch」

参加する企業や金融機関などのマッチングを目的に行われている取り組みが「Kumamoto City Pitch」です。イノベーションへの意欲がある熊本県内の企業を応援する目的で開催されています。

熊本市が主催しているものの、熊本県全体の発展を目標にしているのが「Kumamoto City Pitch」の特徴といえるでしょう。

神戸市がモデル「URBAN INNOVATION KUMAMOTO」

神戸市がモデルとなっている取り組みが「URBAN INNOVATION KUMAMOTO」です。神戸市のスタートアップ支援の仕組みを他の地域でも利用できるようにマニュアル化されたUIJ(URBAN INNOVATION JAPAN)が利用されています。

「URBAN INNOVATION KUMAMOTO」はスタートアップと行政が協働し、地域問題の解決を図ることが目的です。テクノロジーを活用したコミュニティ形成など様々な支援を行っています。

新規事業開発が目的「熊本イノベーションスクール Project 180」

新規事業開発を目的とした取り組みが「熊本イノベーションスクール Project 180」です。2018年から始まり、事業創造を目指す実践型のプログラムとなっています。

最大の特徴は熊本の次代のリーダーと新しいマーケットづくりの最前線で活躍する首都圏のサポートメンバーがチームを組むことです。経験のあるサポートメンバーからのバックアップを受け、効率的な事業開発が可能となります。

民間企業と地方銀行の初連携「L-HUB KUMAMOTO」

民間企業と地方銀行が初連携して生まれたのが「L-HUB KUMAMOTO」です。2019年11月に株式会社リバネスと肥後銀行が連携してオープンしました。

L-HUBは世界のあらゆる課題解決に挑戦するベンチャーの活動を推進する場所であり、東京都に2拠点、大阪と沖縄にそれぞれ1拠点ずつオープンしています。熊本県の次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムと連携し、ベンチャー企業支援の加速化が大きな目的です。

熊本県の企業によるオープンイノベーション事例

熊本県の企業によるオープンイノベーションには様々な事例があります。ここでは熊本県の代表的なオープンイノベーション事例である「Civichat」と「ワイズ・リーディング」の2つを紹介します。

コア機能の活用「Civichat」

1つ目に紹介する事例がコア機能の活用をした「Civichat」です。「Civichat」とは自身に適した公共制度を受け取れるLINEサービスです。熊本地震の被災支援制度の案内ツール開発というテーマで募集され、採択されました。

クラウドの活用「ワイズ・リーディング」

2つ目に紹介する事例がクラウドを活用した「ワイズ・リーディング」です。地域コミュニティセンターのデジタル化で地域活動活性化を図るというテーマでアイデアを募集し採択されたのが「ワイズ・リーディング」でした。

「ワイズ・リーディング」はAIの開発や医療現場のDXを手がけている企業です。施設のオンライン予約を軸に、コミュニケーションセンターのデジタル化を行うことで地域活動に集中できる環境づくりを目指しています。

熊本市のオープンイノベーション施策を参考にしよう

熊本県のオープンイノベーションの取り組みと事例について紹介しました。熊本県ではオープンイノベーションによって安定雇用と人口減少の抑制を目指しています。

長期ビジョンの「熊本市しごと・ひと・まち創生総合戦略」やマッチングを促進する「Kumamoto City Pitch」など、熊本県は堅実な取り組みが多いのが特徴です。しかし時間をかけながら手堅く成果を上げている熊本市のオープンイノベーション施策は、参考にするべき取り組みといえるでしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source熊本市
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント