12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOが共同で「INNOVATION LEAGUE」を開催

スポーツ庁は、SPORTS TECH TOKYO(※1)と共同で、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(※2)構築の推進を目的としたプログラム「INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)」を開催する。プログラム全体についての説明会は、2020年8月6日(木)にオンラインにて開催される。

本プログラムはスポーツビジネスを拡張させる「イノベーションリーグ アクセラレーション」とスポーツビジネスの新しい取り組みを表彰する「イノベーションリーグ コンテスト」からなり、それぞれへのエントリーが開始された。

また「イノベーションリーグ アクセラレーション」では、最終採択企業のテクノロジーやビジネスアイデアの実証を行うコラボレーションパートナー(実証連携団体)として、公益財団法人日本バレーボール協会、及び3×3. EXE PREMIER(※3)とも連携を行う。
プログラム全体についての説明会は、2020年8月6日(木)にオンラインにて開催される。

「INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)」公式ウェブサイト

https://innovation-league.sportstech.tokyo/

スポーツビジネスを拡張させる「イノベーションリーグ アクセラレーション」

「イノベーションリーグ アクセラレーション」とは、スポーツ周辺領域のテクノロジーとスポーツ協会・団体が持つ課題やアセットを掛け合わせることでアイデアを創出し、スポーツビジネスの拡張を目指すプログラムである。審査を通過した最終採択企業は、約3ヶ月間のメンタリング期間でブラッシュアップしたアイデアを、デモデイにて成果発表する。

コラボレーションパートナー(実証連携団体):
・公益財団法人 日本バレーボール協会( https://www.jva.or.jp/ )
・3×3. EXE PREMIER( https://www.3x3exe.com/premier/ )

コラボレーションテーマ:

<日本バレーボール協会カテゴリー>
・オンラインを活用した新しい観戦体験
・デジタルを活用したライトファン層の取り込み
・ファンコミュニティ構築によるエンゲージメントの向上

<3×3. EXE PREMIERカテゴリー>
・テクノロジーを活用した効率的なリーグ・チーム運営
・オンライン観戦を前提にした観戦体験のエンタメ化
・プレイヤー個々人のエンパワーメント

募集企業のステージ:スタートアップから上場企業まで、事業ステージは一切問わない
※詳細は公式ウェブサイトを確認してください

応募期間:7月20日(月)~9月11日(金)23:59

採択社数:5社程度を予定

※応募締切後の一次審査で10~20社程度を採択予定。一次審査通過企業にはプログラムのサポートを待つ幅広い企業・団体とのネットワーキング機会を提供

※11月開催予定のキックオフイベント時に、一次審査通過企業の中から5社程度を「ファイナリスト企業」として最終採択予定。メンタリングや共創機会、デモデイでの発表機会など約3ヶ月間にわたり提供

参加メリット:
・競技団体や事業会社との事業共創機会
・起業家や各業界のプロフェッショナル、「イノベーションリーグ アクセラレーション」に参画する事業開発経験豊富な有力メンター陣によるメンタリング機会
・SPORTS TECH TOKYOの広域なネットワークへのアクセス
・キックオフ、デモデイなどプログラム期間中のイベントを通じた露出機会の拡大
・スポーツ庁とのネットワーク構築機会
・プログラムをサポートいただく幅広い企業・団体とのネットワーク構築機会

プログラムスケジュール:
・プログラム説明会(オンラインにて開催):2020年8月6日(木)
・一次審査通過企業(10~20社程度予定)通知: 2020年10月上旬
・ キックオフイベント(都内、もしくはオンラインにて開催予定): 2020年11月上旬
・ファイナリスト企業(5社程度予定)通知:2020年11月上旬
・共創プログラム期間(都内やオンラインにて開催予定): 2020年11月中旬~2021年2月
・デモデイ:2021年2月中旬

※ プログラムスケジュール、応募要項、メンター情報など詳細は公式ウェブサイト参照
https://innovation-league.sportstech.tokyo/acceleration

スポーツとスポーツビジネスの新しい取り組みを表彰する「イノベーションリーグ コンテスト」

スポーツビジネスの拡大にともない、日本のさまざまな場所で新しいチャレンジが生まれている。「イノベーションリーグ コンテスト」ではスポーツの価値やスポーツビジネスの可能性を拡大する新しい取り組み・優れた取り組みを表彰する。

対象:国内に拠点を置く企業、スポーツチーム・競技団体、個人など

表彰内容:
・「イノベーションリーグ大賞」:スポーツが持つ産業拡張力を強く感じさせる取り組み
・「ソーシャル・インパクト賞」:スポーツを社会課題の解決に活用している取り組み
・「アクティベーション賞」:スポンサーシップ活用の先進的取り組み
・「パイオニア賞」:COVID-19の影響で発生した変化・困難を乗り越えるためのチャレンジ

応募期間:2020年7月14日(月)~2020年12月31日(木)23:59

結果発表:2021年2月上旬予定

応募方法、審査員情報など詳細は以下を参照
https://innovation-league.sportstech.tokyo/contest/

プログラム説明会

「イノベーションリーグ アクセラレーション」及び「イノベーションリーグ コンテスト」の詳細を説明するオンラインイベントが開催される。

日時:2020年8月6日(木)14:00~16:30

開催方法:オンラインセミナー(Zoomウェビナー)

参加費:無料

プログラム詳細とお申込み先:https://eventregist.com/e/IL_infosession0806

※1 SPORTS TECH TOKYO
スポーツテックをテーマとした世界規模のアクセラレーション・プログラム。第1回開催時には世界33ヶ国から約300のスタートアップが応募。スタートアップ以外にも、企業、スポーツチーム・競技団体、コンサル、メディアなど多様なプレイヤーが参画。事業開発を目指すオープンイノベーション・プラットフォームでもある。

公式ウェブサイト
https://sportstech.tokyo/?ja

※2 スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)
スポーツ庁の政策の一つで、スポーツ界のリソースと民間企業等の技術や資金、学術・研究機関の知見を連携させることにより、世の中に新たな財やサービスを創出するプラットフォームを構築するという取組。共創されるサービス等により、スポーツや他産業の価値向上と、社会課題の解決を目指す。これまでに政策の基本的方向性を協議する推進会議やSOIP構想の周知・浸透と参画人口の拡大を目的としたカンファレンスの開催、中央競技団体をイノベーションプラットフォームとしたアクセラレーションプログラムを実施している。

※3 3×3. EXE PREMIER
世界初・世界最大の3人制バスケットボール(3x3)プロリーグ。2014年に日本から7チーム体制で始まり、20年には5か国1地域(日本、韓国、チャイニーズタイペイ、タイ、インドネシア、ニュージーランド)、102チーム体制まで成長拡大。国際バスケットボール連盟(FIBA)が承認し、公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)、チャイニーズタイペイバスケットボール協会、タイランドバスケットボール協会、インドネシアバスケットボール協会、バスケットボールニュージーランドが公認する3x3のグローバルリーグ。

<イノベーションリーグについてのお問い合わせ>
innovation@sportstech.tokyo

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。