12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ想定時価総額ランキング(2020年2月)

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、継続的に調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB」に調査結果を公開している。今回は、2020年2月3日時点での国内スタートアップ想定時価総額ランキングを発表した。

Spiberは2020年1月16日、荏原製作所との業務提携および出資を受けたことを発表した。

荏原製作所がSpiberに出資した金額は約10億円で、この調達によりSpiberの想定時価総額は約1,005億円となり、現時点における国内7社目のユニコーン企業となった。その他にも、2019年12月に、総額53.8億円の大型資金調達が実施されていたことが登記簿情報より確認できました。

荏原製作所とSpiberはこの業務提携を機に、Spiberの構造タンパク質素材の開発・製造における卓越した技術の製造プロセス効率化に向けて協業していく予定。素材産業の変革に挑み、産業機械分野における製品の画期的な機能性向上と用途拡大を追求していく。

また、後払い決済サービス運営のPaidyが9位に新規ランクインした。
2019年11月1日にPaidyは、シリーズCエクステンションラウンド並びに、金融機関による融資で総額156億円の資金調達の完了を発表。2019年の国内スタートアップ資金調達額ランキングでは、人気施設の予約受付サイトを展開するEPARKの200.6億円に次いで2番手である。

Paidyの調達した資金の内訳は、第三者割当増資と融資がある。第三者割当増資の引受先は、Paypal Venturesのほか、Soros Capital ManagementやJS Capital Management、Tybourne Capital Management、および匿名の投資家が含まれている。融資は、Goldman Sachs Japan(ゴールドマン・サックス・ジャパン)やみずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行からのものである。

ピックアップ企業

Spiber
人工合成クモ糸「クモノス(QMONOS)」の開発を手掛けるスタートアップ。“ポリエステル以来の大革命”と言われた同社の「クモノス」は組み替えた蜘蛛の遺伝子からなる合成タンパク質を発酵、高分子合成する。

Paidy
カードのいらないカンタン後払い決済サービス「Paidy」を提供するスタートアップ。
「Paidy」は、オンラインショッピングで購入する際のクレジットカード番号入力や、事前登録をせずに、氏名とメールアドレスを入力するだけで購入が完了するオンライン決済サービスである。

当社は、今後も成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB」を通じて、スタートアップ・エコシステムの活性化を行い、国内成長産業の発展に貢献していく。

調査概要

タイトル:「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」
調査期間:2020年2月3日時点
レポート記事:STARTUP DB(https://media.startup-db.com/research/marketcap-ranking-202002

※ フォースタートアップスは、取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しているが、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負わないとしている。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について

国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームである。企業データベースは、11,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしている。2019年6月24日より、英語版をリリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献している。
https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社について

フォースタートアップス株式会社は、2016年9⽉、株式会社ネットジンザイバンクとして創業。「世界で勝負できる産業、企業、サービス、⼈を創出し、⽇本の成⻑を⽀えていくこと」をミッションとして掲げ、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、Fintech、リアルビジネス領域も含めた成長産業領域特化型の転職⽀援と起業⽀援を中⼼に事業を推進。近年では、国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」を展開。さらに、エコシステムビルディングの取り組みとして日本発のグローバルスタートアップコミュニティ『BARK』をサポートしており、今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献していく。
https://forstartups.com/

プレスリリース発表元企業:フォースタートアップス株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント