12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

サッポロ不動産開発|「Ebisu Sustainable City Business Contest」の最終審査会にて1チームのグランプリが確定

事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーターを運営する株式会社ゼロワンブースターは、サッポロ不動産開発株式会社と共に運営する「Ebisu Sustainable City Business Contest 持続可能な、未来のまちづくり」の最終審査会ピッチコンテストを2019年12月17日に開催。最終審査の結果、1チームのグランプリが確定したことを発表した。

「恵比壽ビール」発祥の地である恵比寿に、職、遊、住が融合した複合都市「恵比寿ガーデンプレイス」を開業して以来25年、持続可能な「まちづくり」に取り組んできたサッポロ不動産開発株式会社が初めて開催したビジネスコンテストが、「Ebisu Sustainable City Business Contest 持続可能な、未来のまちづくり」である。
持続可能な、未来のまちづくり」をテーマに、複合型再開発事業の先駆けである当社と共に、持続可能な社会が当たり前となる未来を実現していく想いのある起業家のビジネスプランを募集した。

ビジネスコンテストを開催するに至ったその背景とは?

恵比寿の街をさらに良くしていくためには、施設リニューアルだけにとどまらず、街自体がさらに発展していき、新しいビジネスモデルが発信されることが必要である。そのような取り組みを推進していくことで街がさらに魅力的になっていくのではないだろうか。そのような取り組みを積み重ね、「恵比寿をもっとニュース性の高い街にしていきたい」という想いから、サッポロ不動産開発はビジネスコンテストを開催することに至った。

当初、どのようなビジョンに対して、どのような提案が集まるのかが想像つかなかったこともあり、アクセラレータープログラムの開催については悩みもあったと言う。そのため、まずは「ビジネスアイデアをいただく」、という形で挑戦してみようと今回のプログラムを開催することになった。

ビジネスコンテストの概要とは?

「持続可能な、未来のまちづくり」をテーマに、下記の4つの領域でスタートアップのビジネスプランを募集し、審査を通過した8チームによるピッチコンテストを実施した。グランプリ1チームには賞⾦30万円贈呈をおこない、参加企業とは、事業連携等の今後へ向けた取組の検討を実施する。

「サステナブル」にテーマを絞り恵比寿の街づくりをするため、スタートアップの募集領域を4つにしぼった。

<募集領域>
①住む/⾷べる/働く ②モビリティ/ロジスティクス ③環境/エネルギー ④その他

7/17から9/17にかけてスタートアップからの共創提案を募集をし、103件の募集があり、24件の面談を経て、8チームが絞られ最終審査会を迎えた。

審査メンバー

社内審査員:時松 浩 (サッポロ不動産開発 代表取締役社⻑)
大分県出身。1984年慶大商卒、江崎グリコ入社。91年サッポロビール入社。2012年執行役員、2013年取締役執行役員、2015年取締役常務執行役員、2019年サッポロホールディングス常務グループ執行役員。

社外審査員:松本 泰拓 ⽒(Spiral Innovation Partners プリンシパル)
アクセラレーターにおいてセールスディレクター及びシードスタートアップへの投資業務に 従事。数多くの⼤⼿企業のアクセラレータープログラムや社内新規事業制度等のオープンイ ノベーション戦略の企画⽴案・運営を⾏う。それ以前は、住友商事株式会社にて⾃動⾞の輸 出・販売管理業務、翻訳スタートアップにて事業⽴ち上げを⾏う。2019年6⽉スパイラル・イ ノベーション・パートナーズに参画。明治⼤学政治経済学部卒。

社外審査員:鈴⽊ 規⽂(01Booster 代表取締役CEO)
99年カルチュア・コンビニエンス・クラブ⼊社、管理部⾨を統括するコーポレート管理室⻑。 東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。06年エムアウトにおいてアフ タースクール事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニ アディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却、3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、 11年事業創造アクセラレーター01Boosterを創業し、起業家⽀援、企業向け新規事業開発⽀援 事業を⾏っている。 2009年グロービス経営⼤学院アルムナイアワード受賞。

グランプリ受賞チーム

上空シェアリングサービス”sora:share”を提供する、空のデベロッパー株式会社トルビズオンがグランプリに輝きました。

社名株式会社トルビズオン
設立2014年4月14日
所在地福岡県福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3F OnRamp
代表者清水淳史
事業概要ドローンコンサルティング・教育事業
ドローン空撮・測量事業
シェアリングエコノミー事業
URLhttps://www.truebizon.com/

登壇チーム

株式会社クレヨン

⼦育てママ同⼠をつなげる 「FIIKA」は、育児という大きな社会問題をテーマにママ向け育児シェアポイントアプリによって、育児需要をマッチングをさせるサービスである。

株式会社クレヨン 代表取締役社長 森屋 大輔
社名株式会社クレヨン
設立2018年5月24日
所在地東京都練馬区富士見台2-39-17
代表者森屋 大輔
事業概要ソフトウェアを活用した女性支援・育児支援事業、ソフトウェア開発事業、コンサルティングサービス
URLhttps://www.fiika.jp/

COUNTRY WORKS

アウトドアホテル(移動型宿泊施設)「mobipro」は、移動可能な住居「モバイルハウス」の企画・販売・運用しており、「小さく」「移動可能で」「地面に定着しない」モバイルハウスが地域における住環境のインフラとなる社会を目指している。

合同会社カントリーワークス 代表社員 岩本淳兵
社名COUNTRY WORKS LLC. 合同会社カントリーワークス
設立2017年
所在地北海道札幌市中央区南2条東2丁目7番1号2階シェアオフィスJOBUIE
代表社員岩本淳兵
事業概要ソフトウェアを活用した女性支援・育児支援事業、ソフトウェア開発事業、コンサルティングサービス
URLhttps://www.countryworks.jp/

株式会社ベスプラ

ワークシェアリングサービス「The TIMEWORK」は、テクノロジーとサイエンスを組み合わせたサービスを展開することで社会課題の解決を目指す、ベスプラのサービスの1つである。

株式会社ベスプラ代表取締役社長 遠山 陽介
社名株式会社ベスプラ
設立2012年4月2日
所在地東京都渋谷区神宮前5丁目18-10 エクサスペース3C
代表社員遠山 陽介
事業概要ITサービス事業(脳にいいアプリ、ザ・タイムセール、紙スキャン)
システム受託事業
URLhttps://bspr.co.jp/

株式会社KCBプランニング

次世代 水なし洗車「機動洗車隊」は、水なし洗車を通し、地域社会や地球環境に貢献するKCBプランニングの事業である。

株式会社KCBプランニング 経営企画統括 砂川 晴比古
社名株式会社KCBプランニング
設立2016年5月2日
所在地岡山県岡山市北区岡南町二丁目2番45号kaiyoビル3階
代表社員砂川 晴比古
事業概要水なし洗車サービス業
水なし洗車用溶剤及び部材の開発、製造、販売
機動洗車隊フランチャイズ事業
URLhttps://kidousensyatai.com/

ダブルフロンティア株式会社

ダブルフロンティアは、子育て世代が抱える“お買い物の課題”に対し、育児や家事、仕事で忙しい人や、お店が遠くて行きづらいという方を、お買い物代行プラットフォーム「Twidy」という形でサポートしている。

ダブルフロンティア株式会社 代表取締役 八木橋 裕
社名ダブルフロンティア株式会社
設立2013年4月15日
所在地東京都千代田区西神田2-5-8 共和15番館8階
代表社員八木橋 裕
事業概要お買い物代行プラットフォーム
「ツイディ(Twidy)」の企画・開発・運営
URLhttp://wfrontier.jp/

Concetto

Concetto 共同代表 矢込 香織

Concettoは、女性を対象としたヘルスプロモーション環境支援・事業開発に取組んでいる。

社名Concetto
設立法人化前
代表ハゲット亜弓
事業概要女性を対象としたヘルスプロモーション環境支援・事業開発

株式会社プラプラ

株式会社プラプラ 代表取締役 今井 隆造

周辺のレジャー・グルメ・イベント等のリポート動画「COCO TV」は株式会社プラプラが展開する「テクノロジーを利用してイマココをもっとおもしろくする事業」である。

社名株式会社プラプラ
設立2019年10月
所在地愛知県名古屋市
代表社員今井 隆造
事業概要・COCO TVの開発および運営
・各種アプリケーションの企画、制作、運営およびプロデュース
・旅行、観光およびエンターテイメントに関する業務
・イベント、セミナーの企画、制作、開催、管理及び運営
URLhttps://plpl.jp/

Ebisu Sustainable City Business Contest 主催企業

社名サッポロ不動産開発 株式会社
設立1988年6月28日
所在地東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー4階
代表者時松 浩
事業概要不動産の賃貸管理、不動産開発、ホテル運営等
URLhttps://www.sapporo-re.jp/
社名株式会社ゼロワンブースター
設立2012年3月
所在地東京都港区東麻布1丁目7-3 第二渡邊ビル7F
代表者鈴木 規文
事業概要起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレーター、プログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート等
URLhttps://01booster.co.jp
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。