12.8 C
Japan
火曜日, 5月 26, 2020

賞金最大10万円!スタートアップ、副業、オープンイノベーションに取り組んでいるなど、行動する個人の活動を毎月表彰するMost Valuable Innovatorプログラムスタート

株式会社bajjiは、プロ野球などで最も活躍した選手を月間MVPとして表彰するように、最も活動したイノベーター(*)を毎月表彰する「月間MVIプログラム」を2019年9月からスタートすることを発表した。

ブロックチェーン技術を活用したサービスを展開する株式会社bajjiは、イノベーターの増大にコミットしており、ブロックチェーン技術で人と人との信頼関係を可視化し、社会を変革する出会いを加速させるInnovators Networking Service(INS)『bajji(バッジ)』を提供している。

bajjiが指す「イノベーター」とは、文字通りの社会変革者のみならず、現状を変えるべく行動(大小問わず)を起こしているすべての人々だ。スタートアップメンバー、経営者、副業している人、オープンイノベーションに取り組んでいる人、事業を推進している人、日々の生活の中で行動を起こしている人などである。

このたび、プロ野球などで最も活躍した選手を月間MVPとして表彰するように、最も活動したイノベーターを毎月表彰する「月間MVIプログラム」を2019年9月からスタートすることを発表した。

bajji とは

【サービス概要】

ブロックチェーン技術を活用して、人と人との信頼関係を可視化し、イノベーターがより活躍しやすくなる世界を作ろうとしている。

従来のSNSでは、フォロワー数や発言内容を見ても、botアカウントやアンチ、フェイクニュースやPR発信などが多く、誰を信頼すべきか判断しかねることが少なくない。

CtoCサービスでは、★の数によって信用情報が可視化されているが、この場面の「信用」とは特定のタスクにおける過去の実績に対する評価であって、その人が「信頼(=未来への期待)」できるかどうかを見分けることは非常に困難である。bajjiは、そうした課題を解決する。

 bajjiの仕組み、MVIになるためには

bajjiでは、イノベーター(能動的に動いている人、社会を変えるべく動いている人)の日々の活動の価値を可視化し、信頼の指針となるbajjiスコアを算出する。

・3つの行動の積み重ねによって計算する「bajjiスコア」

(1)活動量:「エンカウントする(=リアルで人と会う)」
(2)称賛の度合い:「信頼の証であるbajjiをもらう」
(3)他者を称賛する気持ち:「信頼の証であるbajjiを贈る」

・その「月間」のbajjiスコアランキングで、MVIを決定する。
・bajjiは、bajjiストアにて購入が可能だ。

なお、それぞれの行動はブロックチェーンに記録されているため、私たち運営も改ざんできないという意味でフェアなデータとなる。スコア計算方法は、当社が考案したアルゴリズムPoM(Proof of Mylife、グラフ理論における有向グラフの局所偏在性を考慮した次数ベクトル中心性を応用した理論)を活用して算出し、それも一般公開することで、透明性を保っている。

 月間MVI(Most Valuable Innovator)プログラムとは

【概要】

・月ごとのスコアでMVIを決めて発表
・集計期間:毎月1日〜月末日
・発表日:翌月1〜2週目中

【特典】

・月間のbajjiスコアトップのイノベーターを、社会の変革のために最も活動した人として、月間MVIとして表彰
・副賞として10万円を贈呈。賞金はbajjiアプリ内にリワードとして付与される
・bajjiスコア2位以下については、bajji売上の一部をリワードとして分配。こちらは、bajji売上に依存するため、どの程度の金額になるかは未知数!

【参加条件】

・bajjiに会員登録し、会員を継続していること
・会員登録後、当月末までに本人認証(氏名、生年月日を登録)を完了し承認されていること

※本人認証完了済みユーザー同士のアクティビティのみがスコアに反映され、それらが集計対象となります。

【今後の展開】

・2019年9月のMVIは1名だけですが、ユーザーが増えてきたら、性別、エリア別、国別など、部門を増やしていく。金額も、ユーザー数やbajjiの売上に比例して増額する予定だ。最新情報はTwitterでも随時発信している。https://twitter.com/bajjiofficial

  • 9/7(土)18:00、プチエンカウントイベントを大阪で開催します!

小規模イベントを大阪にて2回に分けて開催する。

▼詳細はこちらから

https://peatix.com/event/1319170

bajjiについて

bajjiが変革する対象は、人と人とが出会い、お互いの信頼を築く「信頼経済」、それをデザインすることです。それが加速すれば、未来を変える力はさらに大きなものと信じています。(※bajjiではICO、STO、暗号資産、仮想通貨は取り扱いません)

株式会社bajji

所在地:東京都中央区日本橋人形町2丁目35-13 日本橋長谷川ビル7 階
設立:2019年4月
事業内容:ブロックチェーンを活用したSNSの企画、開発、運用及び提供
代表者:小林 慎和
URL:https://corp.bajji.life/
サービスURL(スマートフォンのみ):https://bajji.life/

プレスリリース発表元企業:株式会社bajji
配信元:PR TIMES
執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。