12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

【佐川急便×LexxPluss】佐川急便中継センターに、自律走行型の自動搬送ロボットを導入!

「2020 SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」にて審査員特別賞を受賞したスタートアップ「LexxPluss」は、SGホールディングスグループの佐川急便株式会社と共に、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」佐川急便中継センター3階でLexxPluss社の自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」を2022年12月1日より12台導入し、これまで人手に依存していた不定形貨物搬送オペレーションの大規模な自動化をスタートしたことを発表しました。

協業内容について

株式会社LexxPluss(神奈川県川崎市、代表:阿蘓将也、以下「LexxPluss社」)とSGホールディングスグループの佐川急便株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:本村正秀、以下「佐川急便」)は、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」佐川急便中継センター3階でLexxPluss社の自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」を2022年12月1日より12台導入し、これまで人手に依存していた不定形貨物搬送オペレーションの大規模な自動化をスタートしました。

Xフロンティア佐川急便中継センターでは、ベルトコンベア等で構成される自動仕分け機でその9割を処理しますが、自動仕分け機で搬送することができない不定形の荷物は従来通り人の手で仕分けられ、台車で搬送されていました。過去にロボットの導入による自動化を試みましたが、24時間絶え間なく荷物と人が行き交う環境下で、臨機応変に搬送工程を効率化できるロボットがなく課題を抱えたままでした。

今回導入したLexxPluss社が提供する「Hybrid-AMR」は、自動運転と同様に自律的に障害物を検知・迂回できるAMR技術(AMR:Autonomous Mobile Robot、自律走行搬送ロボット)と繰り返し精度と作業スピードを保証できるAGV技術(AGV:Automated Guided Vehicle、無人搬送車)を併用できる自動搬送ロボットです。

Xフロンティア佐川急便中継センターでは、Hybrid-AMRの基本機能に加え、搬送先の状況にあわせて規則正しく荷物を駐車する「自動整列駐車機能」や、空台車を回収する「空台車回収機能」などの最新機能を実装し、荷物や台車の滞留を軽減する方法で自動搬送システムを導入いたしました。
また、LexxPluss社の走行管理システム「Konnectt」は、日本語を母語としない作業員でも利用可能な言語非依存性のインターフェースや、50台以上のロボットを一括管理する機能を持ち合わせており、ロボットの運用になれていなくても、シンプルな作業のみで現場作業の大規模な自動化が可能になります。

両社は、今後運用中のデータをクラウド上に蓄積・分析することで、更なる搬送効率向上に向けて取り組んで参ります。

なお、今回、Xフロンティア佐川急便中継センターに導入したHybrid-AMRを提供するLexxPluss社は「2020 SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM※1」にて審査員特別賞を受賞しました。自動搬送ロボットの開発から製造販売まで一貫して行う数少ない国内メーカーであり、かつ、ロボットに不可欠なハード・ソフト両面の開発力が高く、現場の実態に応じたカスタマイズや保守が可能な点も評価の対象になりました。

LexxPluss社は今後も物流センターの自動化を促進してまいります。

※1 「2020SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」
https://www2.sagawa-exp.co.jp/newsrelease/detail/2021/0311_1676.html

【佐川急便】オープンイノベーションによるスタートアップとの共創を、成功させる秘訣

2022年2月3日

LexxPluss 代表取締役CEO 阿蘓将也氏 コメント

「「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」から始まり、実証実験、検証を経て導入に至るまで数多くの佐川急便の皆様からご意見をいただき、製品を大幅に改善することができました。今回の導入後も継続して佐川急便の皆様と現場の課題解決に取り組み、持続可能な物流サービスの実現を目指してまいります。」

株式会社LexxPlussについて

自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」を開発、製造、販売するロボティクススタートアップ。持続可能な産業と持続可能な社会を、をビジョンに掲げ、人力に頼らざるを得なかった物流、製造現場の搬送作業を自動化するソリューションを提供しています。

設計情報やAPIをパートナーに無償公開する「オープンパートナーシップ」を展開しており、すでに20社以上が加盟。ロボットと連携するソリューション開発や、製造、保守、販売におけるパートナーシップ構築等様々なプロジェクトが進行中です。

アーカイブ:
https://www.sagawa-exp.co.jp/hikyakulabo/archive/detail/2022/0401.html?nostream

社名株式会社LexxPluss
設立2020年03月
所在地神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC本館211号室
代表者阿蘓将也
URLhttps://lexxpluss.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント