12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

ノーコードエンジニア必見!「ノーコード・スタートアッププログラム 〜2ヶ月半の爆速仮説検証〜」開催!

エンターテック(エンターテインメント×テクノロジー)でイノベーションを起こすスタートアップ・スタジオ Studio ENTRE株式会社は、プログラムを書くことなくシステム構築を行うことが可能な「ノーコード」と呼ばれるツールを活用して2ヶ月半で新規事業を立ち上げるための仮説検証を行うプログラム「ノーコード・スタートアッププログラム 〜2ヶ月半の爆速仮説検証〜を実施します。

「ノーコード・スタートアッププログラム」について

Studio ENTREが、「新規事業開発におけるノーコードツールの活用法」を核に、ノーコードエンジニアに向けた、成長性の高い「スタートアップ事業」の立ち上げプログラムを「一般社団法人NoCoders Japan協会」との共催にて実施します!
今回は主に「Bubble」を活用して短期間での仮説検証を実際に行っていただくものとなります。
※事業内容により他のツールをお勧めする場合もあります。

セミナーはどなたでもお申し込みいただくことが可能です。8月以降のプログラムへのエントリーを希望される方は、セミナーページとは別に事業アイディアエントリーページが用意されておりますので、そちらよりお申し込みください。

セミナー申し込み:https://nocode-incuvation-vol1.peatix.com/
事業アイディアエントリー:https://nocode-incuvation-vol1-entry.peatix.com/

「ノーコード」とは

プログラムを書くことなくにシステムを構築することができる、「ノーコード」と呼ばれるサービスが盛り上がりを見せています。
ボタンやフォームなどのGUIを使って直感的にプログラムを組むことができることから、システム開発を劇的に効率化するためのツールとして多くのエンジニアの方々が習得を目指し始めています。

Studio ENTREのノーコードへの取り組み

スタートアップスタジオを運営するStudio ENTREでは早くからノーコードツールを仮説検証に取り込み、高速でのスクラップ&ビルドを繰り返す手法を研究しています。

2020年末には「NoCode Summit」を主催し、ノーコードエンジニアの方々とともに情報を共有する場を創り上げてきました。

<開催概要>

プログラム名:ノーコード・スタートアッププログラム 〜2ヶ月半の爆速仮説検証〜
期間:7/6 ~ 9/21 ※毎週火曜の18〜21時
場所:オンライン ※感染症の状況次第で、渋谷のStudio ENTREオフィスの使用を併用します。
参加費:無料

技術メンター:あぽと(AppAuto代表/ノーコード専門フリーランスエンジニア)/中田 圭太郎(Evlick代表/ノーコードBubble特化エンジニア)
※事業開発における技術的な質問の受付、サポートをします。
主催:Studio ENTRE株式会社、一般社団法人NoCoders Japan協会

<同プログラムで提供される内容>

・Studio ENTREによるスタートアップ立ち上げサポート
Demo Day後、高い成長性を示すことができ、Studio ENTREの案件として採択された場合、事業開発の予算を同社が捻出しその後の資本政策の策定や事業開発を一緒に行います。
プログラム終盤〜Demo Day後に、各参加者の皆さまと同社がコミュニケーションを取りながら一緒に進められる形を模索する流れとなっています。
同スタジオの仕組みについては公式サイトへ
Studio ENTRE:https://entre.studio

・ノーコードツール「Bubble」についての技術サポート
プログラム中には普段からBubbleを使用してシステム開発を行っている技術メンターの2人による、Bubbleの技術メンタリングを受けることが可能です。
複雑なプログラムが必要なプロダクトもこの機に開発にチャレンジできます!

・Studio ENTREによる仮説検証プログラムの提供
プログラム内では実際にノーコードツールを使った仮説検証を行います。
新規事業を数多く立ち上げているStudio ENTREが培った、事業立ち上げ時のノウハウが惜しみなく提供されます。

<スケジュール>

7/6 ゲストセミナー「bubbleを活用した新規事業開発」@しんじ(YouTubeチャンネル「NoCode School – ノーコードスクール -」運営)
7/13 ゲストセミナー「ノーコードでのスタートアップ事業開発事例「SmartDish」」@中村太一(株式会社CARCH 代表取締役CEO)
7/20 ゲストセミナー「最短距離でニーズを検証!スタートアップにおける初期マーケとノーコードの活用法」@黒澤友貴(ブランディングテクノロジー(株)CMO / 「マーケティング思考力トレーニング」著者)
7/27 ゲストセミナー「未定」
8/3 通過者発表会
8/10 講義①スタートアップ起業について/市場調査
8/17 講義②リーン・スタートアップ/仮説検証について/MVP
8/24 講義③ターゲット選定/カスタマージャーニーマップ
8/31 講義④競合差別化
9/7 講義⑤スタートアップするにあたって
9/14 質問・相談会
9/21 Demo Day

<プログラム内容詳細>

【7/6〜7/27】ゲストセミナー
各専門家によるノーコードツールの活用法を聞きながら、ご自身で事業アイディアを考えていただきます。
毎回セミナーの前後にはプログラムの説明があり、期間中は常に後半の事業開発プログラムへのエントリーを受け付けています。

【7/31 23:59】事業アイディアエントリー締め切り ※エントリーは別ページとなります
8/3以降に事業開発を進めるためのエントリーを7/31で締め切ります。

エントリーする方は
①別ページのフォーム入力
②ノーコードツールで構築したMVP ※この時点で完璧に作成されている必要はありません
を提出します。

審査したのち、【8/1 23:59迄】に通過者にはメールにて連絡があります(20名程度を想定)。

【8/3】通過者発表会
通過者に検討中の事業アイディアを発表してもらいます。
エントリーした人は、【8/3 18~21時】は予定を開けておくことが必須となります。

【8/10〜9/14】事業開発
毎週特定のテーマに沿って事業開発の手順の講義を行います。
実際のヒアリングや検証などの宿題が課され、それぞれへのレビューを中心としたインタラクティブな会が行われます。

【9/21】DemoDay
プログラム中に行った仮説検証の結果をもとに、主にStudio ENTREのスタッフやメンター、コミュニティメンバーに対しピッチをし、今後の事業開発に必要な仲間集めを行います。
メンターの中にはエンタメ業界で活躍する方々や、コミュニティメンバーでは同様のサービス開発を検討している様々な職種の方々がいらっしゃいます。この日を機に事業推進を加速していく足掛かりを見つけます。

<セミナー登壇者>

山口 真司
NoCode系YouTuber
YouTubeチャンネル「NoCodeスクール」運営。NoCode系YouTuber。
個人開発で日程調整アプリ「アイテマス」、エンジニア向け英語学習サービス「エンジリッシュ」など。本業はベトナムのホーチミンにて日本向けのオフショア開発会社を運営。2012年に立ち上げ在住8年目。海外情報を追う中、NoCodeトレンドに惹かれNoCode情報発信中。

中村 太一
株式会社CARCH CEO(https://smartdish.jp/
2019年、 リアルとデジタルの価値をかけ合わせ、 心が躍る体験を人々に届けたいという想いから株式会社CARCH(カーチ)を創業。 CARCH(カーチ)には「価値と価値にアーチを架けて新たな価値を創造する」という意味が込められている。 2020年9月にコロナの影響を受けた飲食業界に貢献するためにSmartDish(スマートディッシュ)をリリース。 現在都内を中心に150店舗以上に展開し、 エリア急拡大中。

黒澤 友貴(くろさわ ともき)
ブランディングテクノロジー株式会社 執行役員 経営戦略室CMO
1988年生まれ。「日本全体のマーケティングリテラシーを底上げする」をミッションに10,000人近くのマーケターが集まる学習コミュニティ#マーケティングトレースを主宰。2020年2月に書籍「マーケティング思考力トレーニング」(フォレスト出版)を上梓。
note:https://note.mu/tomokikurosawa
Twitter: https://twitter.com/KurosawaTomoki

<技術メンター>

あぽと
AppAuto代表。ノーコード専門フリーランスエンジニア。
NoCode Japan主催イベント「ノーコードハッカソン」M&A賞。
Goodpatch Anywhereメンバー。
NoCodeCamp公認Bubbleエキスパート。
各種ノーコードツールを活用し、アプリ・Webサービスの受託開発、個人開発、教育事業などを行っています。

中田 圭太郎
Evlick代表。ノーコードBubble特化エンジニア。
未経験エンジニアが半年で世界最大ノーコードコンペで日本人唯一入賞 。NoCodeCamp 公認bubbleエキスパート。
現在は受託会社の代表と、コードが書けないCTOとしてスタートアップでも自社プロダクトをBubbleを使って開発しています。

<運営メンバー>

中村ひろき
Studio ENTRE株式会社 スタジオ・プロデューサー
大学在学中からレーベル運営やバンド活動など、音楽についての幅広い活動を展開すると同時に、スタートアップにてiOSエンジニアとしてプロダクト開発に関わる。
2016年に新卒でDMM.comに入社し、新規事業の担当として複数のプロダクト/サービスの立ち上げを行う。
その後、ブロックチェーンサービスのスタートアップにて事業開発を担当した後にStudio ENTREでスタジオ・プロデューサーとして事業開発やイベント企画を担う。
NoCode Summit発起人の1人。

Sho T/高橋 翔
一般社団法人NoCoders Japan協会 代表理事
株式会社プレスマン CINO(Chief Innovation Officer)
NTT東日本にて11年間新規事業等に従事し、その間プロボノとしてベンチャー企業の設立経営に関与、世界初SNSブロックチェーンSTEEMのエバンジェリスト等を行い、アドバイザリーや講演を行う。2020年にNoCoders Japan協会を設立。現在、NoCode/LowCodeの事業を行う株式会社プレスマンのCINO(Chief Innovation Officer)も兼任する。プライベートでは、様々なジャンルを融合・化学反応させるクロスコミュニティなどを行うオープンイノベーター。

HP:https://www.sho-takahashi.com/
Twitter:https://twitter.com/showying_art

主催企業

Studio ENTRE株式会社
Studio ENTREはエンターテイメント領域にイノベーションを起こすスタートアップを作り続けるスタートアップスタジオです。エンターテインメント領域でスタートアップの立ち上げを志す起業家候補が集まるコミュニティを運営しながら、ワークショップやセミナーなどのイベントを行い、新規事業のタネを探し続けています。
公式サイト:https://entre.studio

一般社団法人NoCoders Japan協会
プログラミング/コードを書かずにアプリやサービスを作れるNoCode(ノーコード)を使いこなす「ノーコード人材」を支援する企画などの機会創出などを行う。No-Code(ノーコード)/ Low-Code(ローコード)に関するオープンなコミュニティ、アライアンスを形成し、誰もが発明家となれる創造社会に貢献する。
公式サイト:https://www.no-coders-japan.org/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント