12.8 C
Japan
火曜日, 10月 4, 2022

視聴者が審査員となるピッチイベント「NAGOYA BOOST DAY」がオンライン開催決定!

名古屋市が「イノベーター育成・ビジネス創出プログラムNAGOYA BOOST 10000(ナゴヤブーストテンサウザンド)」から生まれた次世代イノベーターたちのピッチイベント「NAGOYA BOOST DAY」の公式ホームページを公開し、観覧者募集を開始しました。

世界の未来を切り拓くイノベーターを名古屋から

名古屋市は、当地域からのイノベーション創出を最終目的とし、2017年度に共創によるビジネス創出イベント「NAGOYA HACKATHON(ナゴヤハッカソン)」をスタートさせました。2018年度からは、NAGOYA HACKATHONに加え、若手人材育成プログラムである「AI・IoT人材BOOSTプログラム」、ハッカソンと人材BOOSTプログラムの成果を発表し、様々なビジネスマッチングを目的とした「NAGOYA BOOST DAY(ナゴヤブーストデイ)」を追加し、イノベーション創出事業をパワーアップしてきました。

これらの3つの取組みを、イノベーター育成・ビジネス創出プログラム「NAGOYA BOOST10000(ナゴヤブーストテンサウザンド)」として定義し、世界の未来を切り拓くイノベーターを名古屋から10000人輩出することを目指します

NAGOYA BOOST DAYとは

NAGOYA BOOST DAYは、NAGOYA HACKATHONとAI・IoT人材BOOSTプログラムの参加者がプログラムを通じて開発中の製品・サービスについてプレゼンテーションするイベントです。新規事業発掘、事業マッチング、人材発掘、スタートアップ発掘など、NAGOYA BOOST 10000で生まれたアイデアと人材が、次のステップに進む土台作りとしての役割を担う取組みとなっています。

2020年は、62名の応募者から選抜された30名のAI・IoT人材BOOSTプログラムから8チーム、57名が参加したNAGOYA HACKATHONから3チーム、そしてゲストとしてNAGOYA BOOST 10000 OBから1チームが、NAGOYA BOOST DAY2020にて最終成果物を発表します。昨年から続くコロナウイルス感染症の状況を考慮し、今年度はオンラインにて開催いたします。多くの方のご参加お待ちしております。

▼開催概要

・日時   :2月10日(水)13時30分~18時20分
       (※YouTubeオープン13時25分~、オンライン交流会17時00分〜)
・場所   :オンライン(YouTubeLive)※オンライン交流会は別会場
・参加費  :無料
・定員   :なし(交流会は100名程度)
・参加対象 :新規事業創出、事業創造に興味のある方
       起業、スタートアップに興味のある方
       AI・IoTといった最新テクノロジー分野に興味のある方
       NAGOYA BOOST10000に興味のある方

・お申し込み
Peatixページ(https://nagoyaboostday2020online.peatix.com/

▼オンライン一般投票

例年、審査員による審査方式を採用しておりましたが、本年度はオンライン開催ということもあり、視聴者による一般投票を行います。
当日はAグループ、Bグループに分かれ、各グループで最も多く票を集めたチームが、最優秀賞をかけて決勝ピッチに挑みます。
ぜひ投票へのご参加いただき、次世代イノベーターを皆さんの手で発掘しましょう!

▼タイムスケジュール

13:30 – 13:50 主催挨拶&取組み概要紹介
13:50 – 15:00 NAGOYA BOOST 10000ピッチ グループA
15:00 – 15:10 休憩
15:10 – 16:10 NAGOYA BOOST 10000ピッチ グループB
16:10 – 16:20 NAGOYA BOOST 10000 OBピッチ
16:20 – 16:35 結果発表/決勝ピッチ
16:35 – 17:00 結果発表/表彰式/総評/締めの挨拶
17:00 – 18:20 交流会&ネットワーキング

NAGOYA BOOST 10000ピッチ登壇チーム

1)NAGOYA HACKATHON継続開発チーム

 ーナナちゃん
 食と五感に主眼を置いたバーチャル旅行体験を家にいながら楽しむことができる「EATRIP」
 ーアグツール
 受注生産・販売を一括して行うCtoCtoCの構築で農業の新しい形「アグツール」
 ーINOKOKU
 親にとって大変な子連れの買い物を楽に、子供にとって退屈な買い物を有意義な時間へ替えるサービス「MAGPi!」

2)AI・IoT人材BOOSTプログラムチーム

 ー公園で遊ぼう
 ”自分がなりたい動物になって森に散策に出かける”マインドフルネスサービス「MOOD PARK」
 ーLast One Smile
 宅配予定が自動で書き込まれるカレンダーアプリ「Last One Smile」
 ー夢と絆
 男女問わず、”美”を一人一人自分にあう形でデザイン・体験できるサービス「SkinTech」
 ーdocta
 お出かけ中の合間時間を有効利用するユーザースタイルに合わせた施設情報提供アプリ「En route」
 ーHeart&Body Fitters
 もっと身近で気軽にできるバーチャルなジム空間「Virtual Home Fitness Platform」
 ー七転び八起き
 ターゲットを捕捉し続けてくれる”セルフアクションカメラ”「Behavior analysis service」
 ーPassion teacher
 授業準備の無駄を省き、先生が満足できる授業づくりのお手伝い「JUST10min」
 ーH:ash
 あなたにぴったりの飲食店をAIを用いて提案する「スッタベ」

▼NAGOYA BOOST 10000 OB(ゲスト)ピッチ登壇チーム
 ーがだんだん
 飲食店のテイクアウトを非対面で注文・支払・受け取りまでできるシステム「eBENTO」

※各登壇の詳細情報は「NAGOYA BOOST DAY」公式ホームページをご確認下さい。

▼メンター情報
岡田哲意「グローバル・ブレイン株式会社 Investment Group Principal」
黒澤壮史「日本大学商学部 准教授」
野見知弘「トヨタ自動車株式会社 R-フロンティア部 主査」
矢上清乃「学び舎mom株式会社 代表取締役」

▼関連URL
「NAGOYA BOOST DAY」公式ホームページ
名古屋スタートアップ推進ポータルサイト
JellyWareホームページ

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント