12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

好奇心と想像力に火をつける参加型イノベーター育成プログラム『ignite!』 featuring Creww

好奇心や想像力をカタチにし、アクションを起こす。自分たちの関心事や好奇心、アイデアについて話し合い、深め、0→1の種を産む、半年間の参加型イノベーター育成プログラム『ignite!』が2020年4月23日、コミュニティ&コワーキングスペースdocksにやってきます!

「アイデアはあるけれど具体的な企画にして進めていく術が分からない」
「一緒に進めていく仲間が欲しい」
「アイデアは出せないけど、誰かのアイデアを形にする力になりたい」

『ignite!』はそんな地元地域の方々の声をサポートする形で、長野県のコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」で生まれました。
すでに2年目を向かえたこの年間プログラムは、2年間で13のチームを生み出し、リアルなプロダクト開発から、子ども向けのイベント運営まで、参加者が発案した様々なアイデアが、実際のカタチとなり、現在も拡大中です。

アイデア創出、参加者を中心としたチームビルディング、アイデアの企画化、プロトに向けた検証。
毎月の進行に沿って進みながら、実際に考え、仲間を作りながら形作っていくのが『ignite!』です。

一方でdocksを運営するCrewwには、「STARTUP STUDIO by Creww」という社会課題を解決することを目的に、本業を持ちながらサイドプロジェクトとして参画するチームメンバー一丸となってアイディアを形にし、プロダクトを作り、市場検証を行ったうえで事業会社へ売却することをゴールとした約6ヶ月のプログラムがあります。

「STARTUP STUDIO by Creww」に興味があるが、そもそもアイデアの構想の方法、企画の作り方に不安がある、アイデアの検証のやり方がわからないなどという方も、『ignite!』への参加を通して具体的な手法を身に付けることが可能です。

そもそも0→1の事業構想を実践で体験し、ノウハウを得たい!そんなビジネスパーソンの課題に対するサービスが『ignite! featuring Creww』です。

こんな人に向いています

・イノベーション活動に従事されている事業会社およびスタートアップの方
・新規事業やオープンイノベーションに関わる方
・複業で新規事業を作りたい方
・仕事以外で新しいプロジェクトを立ち上げたい方
・発想力や企画力を身に付けたい方
・企画から開発まで体験したい方
・社会課題をビジネスにつなげたい方
・ぼんやりとした想いやアイデアを持っている方
・一緒にイノベーション創出に関する意見を交換し、成長できる仲間が欲しい方
・自分のアイデアを形にする仲間が欲しい方

色々な分野の人の関心事や課題を聞きながら、意見を交換して刺激し合い、自分たちが取り組みたい課題や関心事をカタチにしていきます。

『ignite!』ですること

・参加者にとって刺激になるような、異なる分野の人のエピソードを聞きます。
・参加者同士で”ワイガヤ”します。
・聞いてきた課題や自分が抱えているテーマを元にアイデア創出を行います。
・アイデアを元に新たな地域活動やサービス、イベント、商品作りなどのプロトタイプ(試作開発)にチャレンジします。
・プロトタイプを様々な人に見てもらいながら、より実用的なサービスへと昇華していきます。

スケジュール

<1回目> 4月23日(木)19時〜21時:
ゲストトーク / メンバーを知る / アイデアの種探し・情報収集
ゲスト:吉田将英氏(株式会社 電通 プロジェクトディレクター)

<2回目> 5月28日(木)19時〜21時:
アイデア創出の仕方・形にする方法を知る / アイデアを共有する

<3回目> 6月25日(木)19時〜21時:
アイデアの検証・ブラッシュアップの仕方を知る / アイデアを発表する・評価する

<4回目> 7月16日(木)19時〜21時:
プレゼン / チームビルディング

<5回目> 8月20日(木)19時〜21時:
チームビルディング / チームアイディエーション

<6回目> 9月17日(木)19時〜21時:
チームアイディエーション → アイデアの収束&チームプレゼンテーション

イベント詳細

・参加費:5,000円/各回(夕食付き)※全6回参加割引:25,000円
・定 員:30名
・会 場:dock-Kamiyacyo(東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F)
・最寄駅:東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅 徒歩6分
     東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 徒歩3分
・主 催:ideado(イデアド)、Creww(クルー)

ファシリテーター
津田賀央 Route Design合同会社 代表 / プロジェクトデザイナー / サービスデザイナー、ideadoメンバー
2001年から国内広告代理店でデジタル分野のプランナーを担当。2011年には国内大手メーカーへ転職し、新規サービスのプロトタイプ企画やコンセプトデザインなどを担当。2015年には富士見町へ移住し、東京と富士見町の2拠点を行き来しながら、自身の会社Route Design合同会社を設立。現在はコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」の運営代表を務めながら、地域の課題解決や新しい商品/サービスの企画開発に取り組んでいる。

https://routedesign.net
https://www.ideado.co

ゲスト
吉田将英 氏 プロジェクトディレクター / コンセプター
株式会社 電通 プロジェクトディレクター。戦略プランナー・営業を経て、現在は経営全般をアイデアで活性化する電通ビジネスデザインスクエアに所属し、さまざまな企業と共同プロジェクトを実施している。また、「電通若者研究部(電通ワカモン)」では、研究員として10代~20代の若者の心理洞察から、共同プロジェクト開発まで幅広く従事。著書に「仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力」(三笠書房・2019年)、「なぜ君たちは就活になるとみんな同じようなことばかりしゃべりだすのか」(宣伝会議・2014年)、「若者離れ」(エムディエヌコーポレーション・2016年)、「仕事と人生がうまく回り出す アンテナ力」(三笠書房・2019年)
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント