12.8 C
Japan
火曜日, 5月 26, 2020

事業会社での新規事業立ち上げノウハウを深掘り!

共通の課題を持つイントレプレナー同士が悩みやノウハウをシェア、または共創をすることで、本業の新規事業を加速させるキッカケとなるコミュニティづくりを目指している「Intrapreneur’s Hub」。今回は「事業会社での新規事業立ち上げノウハウを深掘り!」をテーマに、事業会社内で新規事業の立ち上げ経験を豊富に持つプロフェッショナルがディスカッションするイベントを開催した。
モデレーターは、大手出版流通企業の経営企画部門に所属しながら、イントレプレナーコミュニティの運営、企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける一般社団法人Work Design Lab 代表理事/複業家の石川貴志氏。パネリストに、新規事業の立ち上げから子会社の取締役を経てVR事業を立ち上げているグリー株式会社の岩永龍法氏、アクセラレータープログラムを実行中の、松竹株式会社の森川朋彦氏を迎え、語り合った。

新規事業プロジェクトの始め方やチーム編成はどうすべきか

石川: まず基礎情報として、各社の売上規模と新規事業の作り方の特徴があれば教えてください。

岩永: グリーは780億円規模の会社で、新規事業は投資と事業開発の両方をやっています。

石川: 新規事業は、たとえば「数年後にいくら規模の事業を作る」と決めてスタートするのか、それともアイデアの種を数ヶ月かけて形にして事業化の判断をするのか、どちらのスタイルですか?

岩永: 僕がやっていたときは、新規事業のアイデアにいくら投資し、細かいKPIを設定、数ヶ月後に事業の継続もしくは撤退の判断をするという新規事業開発プロセスを決めながら新規事業を開発していました。ただ、結果的にはほとんどの事業が撤退・売却という判断になったこともあり(悲)、直近では、グリーグループとしてVtuberに特化したライブエンターテインメント事業を第三の柱にすべく、積極投資すると決めました。

石川: ありがとうございます。松竹さんはどうでしょう?

森川: 松竹は1000億円規模の会社です。個人的には、スタートアップと一緒に新規事業を検討していますが、会社全体としては事業開発本部が事業のタネを検討しています。

石川: 新規事業は既存事業からすると面倒な存在なので、いざ立ち上げようとすると社内の巻き込みが難しくて、それが壁になることは多いと思います。お二人は人の巻き込みに関して意識していることや、実行していることはありますか?

岩永: 僕が入社した当時、グリーは外資コンサルや金融、事業会社など多様なバックグランドを持つ人たちが集まっていました。その中から人為的に多様な人をピックアップして、何が生まれるかを試すという手法で新規事業開発を推進していましたね。

結果論にはなってしまいますが、そのやり方で成功したのは、医療ヘルスケア領域で事業を展開するメドレーとの協業でした。当時、事業を担当したグリー側のチームは、高齢化に伴う社会課題を解決したいと強く思っていた、熱量の高いメンバーで構成されていました。ただ、当時のプロセス上は数ヶ月後に経営判断で事業継続の可否を決定されてしまいます。

この事業を継続する際、当時は相当議論がありましたが、メドレー社にチームごと移譲し、事業を継続することになったのです。結果、数年かかりましたがメドレー社は上場を果たし、当時のメンバーも報われたのではないでしょうか。個人としてとてもうれしく、羨ましくも思います(笑)

森川: 松竹はこれまで、不動産事業を除き、演劇や映像関連以外の新規事業はやってきませんでした。120年以上続くレガシー企業であり、実は現社長の迫本は、元会長の孫でして、15年以上社長を務めています。もともとは弁護士でプロパーではなく、かつ大株主ではないものの、オーナー企業に近いんですね。だから、社長がやりたいと言ったアイデアを事業開発チームが検討し、立ち上げるケースがよくあります。

ただ、メンバーは本業と兼務で取り組むケースがほとんどで、深くコミットできないからうまくいかないことが多かったんですね。一方で、うまくいったのはメンバー全員が新規事業にコミットした、松竹芸能の「笑育」という事業です。これは、お笑い芸人から笑いの仕組みを学び、笑いやユーモアを交えたコミュニケーション力、発想力などを育成するプログラム。

小学生向けに開発したのが始まりでしたが、最近では社会人向けのプログラムが支持されており、大手金融なども活用いただいています。この事例から、新規事業のメンバーは兼務ではなく、コミットできるメンバーで構成すべきだということが明確になりました。

石川: 新規事業のテーマがトップから降りてくると、それが悲劇になる可能性もあると思います。興味がわかない、好きになれないテーマだったときはどうしていますか? 

森川: 社長案件は断れないプレッシャーがありますが、検討の結果、断ることもあります。ただやはり、好きになれないテーマで熱量が上がらないと、最終的にはボツになるケースが多いですね。

事業立ち上げに向けて社内決済はどう通すのか

石川 次は、事業立ち上げに向けて社内決済はどう通しているのかを伺いたいのですが、それぞれ社内決済の通し方に特徴はありますか?

岩永: グリーはオーナー会社なので、やはりオーナーを攻略する必要があります。社長に対して、「この市場に対してこの事業をやりたい」という話をして折り合いをつけていくのですが、長ければ3ヶ月くらいかかることもあります。私も何度か経験しましたが、これが非常に厳しい(笑)

森川: 松竹も、早い段階でトップを巻き込むことが重要です。役員会で売り上げ目標や市場規模の説明をするより先に、「この事業はやる意義がある」というトップのコンセンサスを取っておくことで、結果的に社内決裁が通りやすくなるということはあります。

石川: お二人ともオーナー企業だから、トップの攻略が最初に必要なのですね。社内決済が通ったあとのコミュニケーションとして、新規事業を立ち上げるための良い事例はありますか?

岩永: 新規事業といっても、事業領域が異なりつつも経営のノウハウが共有できる部分もあります。しっかりと新規事業責任者同士がコミュニケーションし、ノウハウを共有出来ているチームは、かなり成功していましたね。

森川: たしかに、松竹も毎週やっている朝会という経営層が集まる会議体で頻繁に進捗報告をしていた新規事業はうまく展開していました。

新規事業を立ち上げる人材は、どう育成する?

石川: では最後に、新規事業を立ち上げる人材の育成に関しては、どのようにお考えですか?

岩永: 僕は「人為的に作れる」ものだと思っています。正直、与えられた仕事だけをして過ごしていたら、社会の問題とは関係なく生きていけるじゃないですか。だけど、他の違うことをやり始めると「あれ?そもそもなぜこうなっているんだろうな」というような疑問が湧いてきます。同じような課題、疑問を持っている人たちと話をすることで、「これは本当に課題なんだな。」と自分の中で蓄積していく。そうする何かが変わる瞬間があるんですよね。

「とにかく、外の世界を見せる」「現状と何が課題かどうかを聞きまくる」そして「その課題を解決する、と約束してくる」これをを繰り返すことで、「この課題は自分が解決しなければならない」というふうに自分ゴトになっていくんだと思ってます。そう思えた人が、新規事業を立ち上げられる人ではないでしょうか。

石川: ありがとうございます。これからも情報共有をしながら、世の中に新しいビジネスを生み出していきましょう。

「Intrapreneur’s Hub」事務局:共通課題を持つイントレプレナー同士が悩みを共有、ノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させるキッカケとなるコミュニティづくりを目指す「Intrapreneur’s Hub」。毎月ゲストイントレプレナーをお招きし、さまざまなノウハウや失敗事例、成功事例をお話して頂くとともに、イントレプレナーのネットワークを築いていっております。新型コロナウイルスの影響もあり、4月はオンライン実施を予定。詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。

ゲストモデレーター兼パネリスト
石川 貴志 氏 一般社団法人Work Design Lab 代表理事/複業家
リクルートエージェント(現リクルートキャリア)の事業開発部門のマネージャーを経て現在、出版流通企業の経営企画部門にて勤務。
2012年より社会起業家に対して投資協働を行うSVP東京のパートナーとしても活動。2013年にWork Design Labを設立し「働き方をリデザインする」をテーマにした対話の場づくりや、イントレプレナーコミュニティの運営、また企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける。2017年に経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。2018年にAERA「生きづらさを仕事に変えた社会起業家54人」選出。新しいワークスタイルに関する講演・執筆多数。1978年生まれ、三児の父。
パネリスト
岩永 龍法 氏 グリー株式会社 WFS本部 WFLE部
上智大学経営学部経営学科卒。大手外資系ITベンダーにて新規プロダクトのロールアウト、事業開発を経験し2013年グリー入社。グリーでは経営管理強化プロジェクトにてシステム導入に携わり、その後新規事業開発本部にアクセラレーションプログラムを担当。多数の新規事業開発に関わり、そのうちの一つ、自分自身も新規事業子会社の取締役として事業を推進するも、当初見えていなかった事業モデル上の欠点を克服出来ず、事業分割し、清算。その後、グリー本社内のVR関連の事業開発を担当し、現在に至る。
パネリスト
森川 朋彦氏 松竹株式会社 イノベーション推進部
2010年上智大学総合人間科学部教育学科卒業、松竹株式会社入社。 同社が世界で唯一手掛ける歌舞伎関連事業に携わった後、社長付き政策秘書を経験。その後経営企画に異動し、中期経営計画の策定。社内プロジェクトチームの運営責任者等を担当した後、アクセラレーションプログラムの立ち上げに携わった。 2018年11月より、ドローン・エアモビリティに特化したベンチャーキャピタルであるDrone Fundに1年間出向し、VC業務を経験。現在はイノベーション推進部にて、スタートアップとの協業による新規事業開発を担当している。

世の中を驚かす新しいコンテンツと体験価値を生み続けるために。松竹の挑戦。

2020年1月6日

“挑戦する個人”のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww』が本格始動

2020年3月2日

Intrapreneur 's Hub Vol.2 〜事業会社での新規事業立ち上げノウハウを深掘り!〜

2019年12月26日
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。