12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

「City-Tech.Tokyo」開催!参加企業募集!スタートアップと持続可能な社会を実現!

スタートアップとのオープンイノベーションで持続可能な社会を実現するためのイベント“City-Tech.Tokyo”の第一回を、グローバルイベント2023実行委員会は来年2月に開催します。スタートアップ300ブース出展、30か国・100都市から1万人の参加を目標に、インフラ・社会基盤、環境などのテーマについて、多様なアイディアとテクノロジーで新たな都市像を導くための具体的な協業や投資拡大に繋がる場を創出します。さらに、“City-Tech”No.1を決める賞金金額1,000万円のピッチコンテストや、日本企業の意思決定層とハイレベルな国内外スタートアップが参加する商談会を開催します。この度、ピッチコンテスト・ブース出展企業の募集を開始するとともに、ウェブサイトを開設しメールマガジンによる最新情報の配信申込受付を開始します。

開催概要

イベント名称:City-Tech.Tokyo(シティテックトーキョー)
開催日:令和5年(2023年)2月27日(月曜日)、28日(火曜日)
主な開催場所:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内三丁目5番1号)
  (※リアルとオンラインのハイブリッド開催)
主催者:グローバルイベント2023実行委員会

イベントビジョン
City-Tech for a sustainable future
  ~Creating with startups through open innovation: from Tokyo to the world~
スタートアップとのオープンイノベーションで持続可能な社会を実現する“City-Tech”を東京から世界に発信

※City-Techとは…世界の都市が抱える課題を多様なアイディアとテクノロジーで乗り越え、
        持続可能な新たな都市像へと導くアプローチ

ピッチコンテスト「City-Tech Challenge」への参加スタートアップの募集

分野:『持続可能な“新たな都市像”へと導く』City-Techに関する分野(下記4)参照)
使用言語:英語
賞金:優勝企業に1,000万円、その他副賞も今後決定予定
募集期間:2022年9月9日(金曜日)から10月31日(月曜日)まで
詳細・応募は以下URLをご確認ください。
URL:https://city-tech.tokyo/news/65/

ブース展示出展スタートアップの募集

分野:『持続可能な“新たな都市像”へと導く』City-Techに関する分野(下記4)参照)
使用言語:英語
募集期間:2022年9月9日(金曜日)から10月31日(月曜日)まで
詳細・応募は以下URLをご確認ください。
URL:https://city-tech.tokyo/news/60/

メインテーマ、主な関連分野

より豊かで持続可能な“未来の都市”を実現するため、以下の4つのテーマに注力します。

①Infrastructure × City-Tech
・先端技術を生かし、安全・安心、レジリエントな都市インフラを実現
・正確・安全な交通機関と、新しいモビリティによる都市内の短距離移動の利便性向上
主な関連分野:インフラ(ハード・ソフト)、モビリティ
キーワード:災害予測/インフラメンテナンス/マイクロモビリティ等
②Environment × City-Tech
・エネルギーの生産・消費システム再構築による脱炭素社会・循環型社会の実現
・次世代食品の開発、フードロスの削減等による食料の安定供給
主な関連分野:環境・エネルギー、フードテック
キーワード:クリーンテック/エシカル消費/代替タンパク質等
③Living × City-Tech
・子供から高齢者まで、誰もが快適に、いきいき生活するための支援の充実
・金融分野などでの先端技術の活用により、人々の生活利便性の向上
主な関連分野:医療・ヘルスケア、フィンテック
キーワード:エイジテック/感染症対策/デジタル地域通貨等
④Culture × City-Tech
・都市が本来持つ伝統的な文化と先端技術の組み合わせによる新たなエンターテインメント性の創出、
 都市の魅力の再発見
 主な関連分野:カルチャー・エンターテインメント
 キーワード:メタバース/デジタルアート・NFT/スポーツ等

プログラム

・基調講演
世界的著名人から、都市の果たすべき役割やあるべき姿を含め、スタートアップ等によるイノベーションでどのような未来の社会・経済が実現されるのか、展望を語っていただきます。
・セッション
スタートアップ、大企業、行政機関やメディア等から、City-Tech.Tokyoが注力するテーマ・分野を中心にCity-Techの最前線を語っていただくトークセッションを約20セッション開催します。
・ピッチコンテスト
持続可能な社会の実現を目指した国内外のスタートアップが登壇し、“City-Tech”No.1を決める世界的なピッチコンテストを開催します。
・ブース展示
「分野別ブース」のほか、国内外の都市が推薦するスタートアップが出展する「都市別ブース」等により、スタートアップ300社の出展を目標としています。多様な参加者が出会う場を提供し、社会・経済的インパクトが大きいビジネス、オープンイノベーションの可能性を創出します。
・商談会
オープンイノベーションを促進するため、日本企業と国内外スタートアップ等のハイレベルな方々が参加する商談会を開催し、マッチング機会を提供します。
認定イベント
メインイベントの2日間だけでなく、前日夜のレセプション含むサイドイベントや前後1週間の連携イベントを開催いたします。

小池知事からのメッセージ

2023年2月、スタートアップとのオープンイノベーションで持続可能な社会を実現する「City-Tech」をテーマに、大規模なグローバルイベントを開催します。
「世界一のスタートアップ都市」を目指す東京に、都市、企業、大学、スタートアップ、VC/投資家、メディア等、多彩なプレイヤーが、世界中から集まります。
気候危機、自然災害、感染症、インフラの老朽化など、世界の都市は共通の課題に直面しています。
独創的なアイデアや技術力を持つスタートアップと、企業や都市などとのープンイノベーションが、未来を拓く鍵となります。先進事例を紹介し合い、参加者間の具体的な協業を進め、投資先を見つける貴重な機会です。
City-Tech for a sustainable future~Creating with startups through open innovation: from Tokyo to the world~
スタートアップとのオープンイノベーションで、持続可能な社会を実現しましょう。

イベント実施に向けた協力・協賛のお願い

イベントの成功に向け、スタートアップ支援に係る関係団体や企業の皆様、関連イベント等と広く官民の連携体制を構築して準備を進めていきたいと考えています。ご関心をお持ちの方、ご協力を頂ける方は、グローバルイベント2023実行委員会事務局までご連絡をお願いいたします。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source東京都
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント