12.8 c
Japan
Tuesday, December 5, 2023

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―イメージ編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、調査結果をまとめたそのイメージ編である。
※この記事は、2019年5月27日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは技術革新を起こし、少数精鋭で決断が速い!一方、ネガティブなイメージは企業の信用力、財務基盤、安定保障が弱く、社員一人当たりの負担が大きいとも!?

2019年3月15日~2019年3月29日に従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)を対象とした「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行った。調査の結果から、スタートアップ企業と聞いてイメージする分野は「AI」、「フィンテック」「IoT」など、テクノロジーに特化したイメージを多く抱かれていることが明らかとなった。世界を見渡せば、IT業界を中心に、急成長しているスタートアップ企業が数多く存在していることもあり、テクノロジーを駆使しているイメージが強いのかもしれない。また、実際に取引したことがある場合は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」などの印象をスタートアップ企業に持っていることが明らかとなった。一方、ネガティブなイメージとしては企業基盤に関する意見が多く、スタートアップ企業と関りを持った経験がある方はスタートアップ企業の内情をよくご存じなのかもしれない。

■イメージするスタートアップの分野は「AI」がトップ、次いで「フィンテック」。しかし、取引経験ありは「フィンテック」がトップと逆転!

Q. あなたがイメージするスタートアップ企業の分野をお答えください。【複数回答】

イメージするスタートアップ企業の分野は「AI(68.0%)」が最も多く、次いで、近年QRコード決済サービスが話題となっている、金融サービスと情報技術を結びつける「フィンテック(62.0%)」、従来インターネットに接続されていなかったモノを接続し、得られたデータから新たな価値を創り出す「IoT(61.0%)」が上位となったが、スタートアップ企業と取引経験がある方は「フィンテック(71.2%)」、「AI(66.7%)」と、1位と2位が逆転する結果となった。


■スタートアップ企業に対するポジティブなイメージは「技術革新を起こしている」がダントツ1位

Q. スタートアップ企業のポジティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

本調査を通じて、半数以上が「技術革新を起こしている(74.5%)」、「少数精鋭(54.5%)」など、スタートアップ企業に対してポジティブなイメージを持っていることが判明した。なかでも、実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ「取引経験あり」、「協業経験あり」という方は、「どちらもない」と回答した方よりも「決断が早い」、「実力主義」など、実際に関わったからこそ感じられることに対して、ポジティブなイメージを持っている傾向がある。

■一方でネガティブなイメージは、「企業の信用力」「財務基盤」「安定保障が弱い」

Q.スタートアップ企業のネガティブなイメージとしてあてはまるものをお答えください。【複数回答】

実際にスタートアップ企業と関わった経験を持つ方はポジティブなイメージを持っている傾向が多い一方、ネガティブなイメージについては、「企業の信用力が弱い(63.5%)」、「財務などの管理体制が整っていない(47.0%)」、「安定や保証がない(45.0%)」など、企業基盤に関する意見が多く集まった。また、「取引経験あり」、「協業経験あり」と「どちらの経験もない」を比較すると、「離職率が高い」という回答に大きな差が見られた。

■実際に取引をした印象は「仕事が速い」「小回りが利く」「発想が豊か」

Q.スタートアップ企業と取引をしたことのある方にお聞きします。取引をしたときにスタートアップ企業にどのような印象を持ちましたか。【複数回答】

スタートアップ企業と取引経験のある方はスタートアップ企業にどのような印象を抱いているのかを調査したところ、「仕事が速い(40.9%)」が最も高く、次いで「小回りが利く(39.4%)」、「発想が豊か(39.4%)」と続く結果となり、ポジティブな印象が多く抱かれていることが明らかとなった。

【調査概要】
1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:従業員規模1,000名以上の上場企業の役職者(会社経営者、役員、部長、次長、課長)であり、オフィスで働く20歳~59歳までの“スタートアップ”という企業の存在を知っている方を対象に実施
※部長までを優先的に回収

3.有効回答数:200名

4.調査実施日:2019年3月15日(金)~2019年3月29日(金)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。 <例>「Creww株式会社が実施した調査結果によると……」

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN