12.8 c
Japan
Sunday, December 10, 2023

Survey on Differences between General Corporations and Startups -Fashion

Creww(クルー)は、2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった。本記事は、そのファッション編である。
※この記事は、2019年1月31日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

デニムの着用に関して、一般企業17.0%に対し、スタートアップ企業は70.0%が問題なしと回答!

2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった結果、“ファッション”に関してスタートアップ企業と一般企業の大きな違いが明らかとなった。

■スタートアップ企業は自由な社風が魅力。ヒゲOKの企業は6割を超える。

Qあなたがお勤めの企業で問題のない服装・スタイルをお答えください。【複数回答】
スタートアップ ファッション 違い 調査 服装

近年、ビジネスカジュアルがOKという企業が増えつつあり、一般企業の75.5%が、「ノーネクタイ」OKと回答した。しかし、「ヒゲ」に関しては33.0%と半数以下にとどまっている。一方、スタートアップ企業では「ノーネクタイ」OKの企業が98.0%、「デニム」70.0%、「スニーカー」68.0%、「Tシャツ」と「ヒゲ」に関しては62.7%がOKだと回答している。一般企業と比較し、スタートアップ企業では多様な服装・スタイルがOKであることが判明した。

■普段の勤務スタイルに関して、一般企業はスーツスタイル、スタートアップ企業ではジャケパンスタイルが最多。

Q あなたが仕事に際に、最も着用することの多いスタイルをお答えください。また、あなたがお勤めの企業の経営者・役職者で最も多いスタイルをお答えください。【単一回答】
スタートアップ ファッション 違い 調査 勤務スタイル

普段の勤務スタイルに関して、一般企業では「スーツ」が58.0%と、最も多い回答であったが、スタートアップ企業では「ジャケット・パンツ・スカート(スーツ以外)」のジャケパンスタイルが42.0%と、最も多い回答となった。また、「カジュアル(Tシャツ・ジーンズなど)」は32.7%と、一般企業より23.2ポイント多い結果となっている。また、一般企業の役職者は、一般社員と比較し「スーツ」スタイルが多いようだが、スタートアップ企業(社員1名の企業除く)では一般社員と同様のジャケパンスタイルが多く、一般社員と役職者の距離が近い印象を受ける。

Q あなたが普段仕事で使用しているバッグをお答えください。【複数回答】
スタートアップ ファッション違い 調査 バッグ

仕事で使用しているバッグにも一般企業とスタートアップ企業で差が明らかとなった。一般企業は半数以上が「ビジネスバッグ」を利用しているのに対し、スタートアップ企業は「ビジネスバッグ」が47.3%、「リュック」が45.3%と僅差の結果となっている。近年、仕事でリュックを使用するビジネスマンが増えているが、従業員規模300名以上の大企業になると24.5%と、まだまだ少ないようだ。本調査を通じて、ファッションに関する“働き方改革”も一般企業よりスタートアップ企業の方が進んでいると判明した。

Q仕事の日のトータルコーディネートについて、およその金額をお答えください。【数値回答】※宝飾品、貴金属は除いた合計金額をお答えください。
スタートアップ ファッション 違い 調査 金額

一般企業におけるトータルコーディネートの費用は平均「53,069円」であったが、スタートアップ企業は平均「49,680円」と、その差は3,389円となっている。スーツスタイルが多い一般企業では、日々のコーディネートにもコストをかけているようだ。しかし、最高金額をみてみると、スタートアップ企業の中には「1,000,000円」という回答も見受けられたことから、ブランドのバッグや靴などでファッションを楽しんでいることが想定され、自由な社風の醸成につながっているようだ。

一般企業に比べて、スタートアップ企業は多様なファッションを好む傾向が強い結果となった。スーツにネクタイというビジネスの常識にとらわれず、独自のセンスを磨くことで、斬新なアイデアを生み出すヒントとしているのかもしれない。

Survey Summary

1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:一般企業/従業員規模300名以上の企業にお勤めである20歳~59歳までの会社経営者・役員・団体役員、会社員・団体職員(派遣・契約社員含む)であり、オフィスで働く方を対象に実施
スタートアップ企業/国内最大級のスタートアップコミュニティに登録するスタートアップ企業にお勤めの方を対象に実施

3.有効回答数:一般企業200名/スタートアップ企業150名

4.調査実施日:2018年12月20日(木)~2019年1月9日(水)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」

name of companyCreww Corporation
EstablishmentAugust 13, 2012
capital stock829.55 million yen (including capital reserve)
representativeSORATO IJICHI
uniform resouce locatorhttps://creww.in/
Business OverviewCreww Inc. operates the largest open innovation platform in Japan with the vision of "Creating an era of great challenges. Creww Inc. operates one of the largest open innovation platforms in Japan as a total support company for startups, entrepreneurs, business companies, and individuals who want to take on new challenges.
Since its founding in 2012, Creww has conducted open innovation programs with more than 350 companies for the purpose of creating new businesses between companies and startups, and has achieved approximately 1,000 collaborations to date. Currently, approximately 7,000 startups are registered on the open innovation platform operated by Creww.
Cloud-based open innovation support serviceCreww Growth"
■ Regional Open Innovation Program ".47 (Yonana) Cruise Project"
Innovation Community
■Open Innovation Media for Challengers ".PORT
■ Incubation Program for Challenging Individuals, "STARTUP STUDIO by Creww'-' (used in place of '-')

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN