12.8 c
Japan
Monday, December 11, 2023

【新しいお買い物体験】SHOWROOM、ビックカメラに対する第三者割当増資を実施、資本業務提携へ|ライブコマース領域で協業

SHOWROOMは、2022 年1 月14日(金)に、ビックカメラに対する第三者割当増資を実施、資本業務提携することを発表した。

資本業務提携の背景・目的

SHOWROOMは、この度のビックカメラとの資本業務提携を通じ、主にライブコマース(※1)領域にてシナジーを生み出したいと考えている。ビックカメラグループの展開する商品群の多さ、店舗で働く販売員の専門性の高さ、自社ECサイト「ビックカメラ・ドットコム」の充実性と、SHOWROOMがこれまで仮想ライブ空間「SHOWROOM」で培ってきたライブ配信のノウハウを活かすことで、ライブコマース領域での新たな価値を創出すべく、協業する予定である。
その実現により、消費者には、ライブコマースを通じてここでしかできない良品との出会いや、コマースライバー(※2)とのコミュニケーションによってインターネットでの買い物でありながらも商品への信頼度を高め、納得して商品の購入ができる等、新たなお買い物体験を提供する。

(※1)ライブコマース:インターネット上で生放送の動画配信を通じて、動画内で商品やサービスを紹介・販売する手法
(※2)コマースライバー:ライブコマース専門のライバーを指す 

主な提携内容

①  ライブ配信を介した新たなお買い物体験の創出
②  豊富な専門知識をもつ信頼度の高いコマースライバーの育成
③  お客様の満足に繋がる良品の発掘
④  「ビックカメラ・ドットコム」の顧客と「SHOWROOM」ユーザーの相互送客 

ビックイノベーションキャピタル 室長 兼 マネージングディレクター佐藤佑太氏 コメント

新型コロナウイルス感染症対策による外出自粛により、外出せずにお買い物が楽しめるインターネットショッピングが伸長し、我々ビックカメラの都心型店舗は苦戦を強いられております。加えて、体験して楽しめる『コト消費』が今後ますます求められるであろうことから、店舗においてもネットにおいても、その魅力度の向上が弊社の大きな課題であると認識しております。そのような中で、今回、「日本に新たなライブコマース市場を創り上げる」という壮大なビジョンを持ったSHOWROOM様と出会うことができました。今回の資本業務提携を通じて、お客さまがネット上で楽しみながら、体験しながら、商品をお買い求めいただける新たなチャネルの創造に取り組んでまいります。

今回のSHOWROOM様への出資はビックイノベーションキャピタルとしての第2号案件となります。ビックイノベーションキャピタルは引き続きスタートアップ企業、異業種、外部企業との事業共創を模索してまいります。
 

SHOWROOM 代表取締役社長 前田裕二氏 コメント

コロナ禍で外出機会が減少し、自宅に居てもインターネットで気軽にモノを買える便利さや有り難さに感謝する一方で、買い物に体温を感じる機会も少なくなってしまったように思います。個人的には、インターネットで買って、自宅に届いてから、「これなんで買ったんだっけ」と分からなくなる事すら、恥ずかしながらありました。それは、購買に「体験」が紐付いていないからです。この事は、いかに今までの買い物生活において、商品の魅力を全力で伝えてくれる販売員の皆様から価値や体験を受け取っていたのか。そんな当たり前の事を振り返る契機になりました。商品に強い愛着や信頼を持つことも、一回一回の買い物を特別なものにしてくれるのも、顧客のニーズに心から寄り添ってくれる販売員の方々のおかげだと気付きました。当社は長らく「ライブコマース」事業を推し進めていますが、インターネット上で発信者と顧客が心を通わすこの新しい売り場こそ、豊富な知識とサービスマインドを持つ販売員の方が本来持つポテンシャルを最大限、むしろ今まで以上に発揮できるステージなのだろうと確信し、今回の貴重な資本業務提携のご縁に至りました。

ビックカメラ様で普段接客に従事されている高い専門性をもった販売員の方、あるいは仕入れの目利きに優れたバイヤーの皆さんなど、「専門家と視聴者」のリアルタイムでの交流が実現すれば、まるで店舗に足を運んだような、或いはそれ以上の購買体験を実現できます。

お客様に新しいお買い物体験を提供したいという想いのもと、両社でまだこの世にない新たな価値を創出できることを心より楽しみにしております。
 

About the future

SHOWROOMは、この度の第三者割当増資の実施、ならびに資本業務提携をうけ、仮想ライブ空間「SHOWROOM」を通じたライブコマース事業の更なる成長を目指すと共に、ユーザーに、ここでしかできない、価値ある体験を提供するための努力を惜しみなく行っていく方針だ。今後も、エンタメテックカンパニーとして、ビックカメラと共にライブコマース市場の発展に寄与していきたい。 

株式会社ビックカメラについて

name of company株式会社ビックカメラ
Establishment1980年11月
Location東京都豊島区高田3-23-23
representative木村 一義
Business Overviewカメラ、ビジュアル製品、オーディオ製品、パソコン、OA機器、携帯電話、家電製品、時計、ゲーム、メガネ・コンタクト、医薬品、玩具、スポーツ用品、寝具、酒類等の販売
uniform resouce locatorhttps://www.biccamera.co.jp/

SHOWROOM株式会社について

「努力がフェアに報われる世界を創る」をミッションに掲げ、ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」やバーティカルシアターアプリ「smash.」を開発・運営。「SHOWROOM」では、ライブ配信事業のパイオニアとして、さまざまなジャンルのパフォーマーによるライブ配信を行い、“夢中で誰かを応援する”新しい視聴体験を創出。2021年12月には会員登録者数が570万人を突破。VR/AR など最新技術を活用した各種プロダクト・サービス開発も展開する。2020年10月22日より、縦型、短尺、プロクオリティの映像作品を配信するバーティカルシアターアプリ「smash.」の提供をスタート。リリース一年で160万ダウンロードを突破。BTSやHey! Say! JUMPなどのここでしか見られないオリジナルコンテンツを独占配信することで話題を呼ぶ。

name of companySHOWROOM株式会社
Establishment2015年8月3日
Location〒150-0044 東京都渋谷区円山町19-1渋谷プライムプラザ10F(受付10F)
representative前田 裕二
Business Overviewライブ配信事業、VR/AR事業、メディア事業、IP事業等
uniform resouce locatorhttps://showroom.co.jp/


 

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN