12.8 c
Japan
Monday, December 4, 2023

【Haptics(触覚)技術を使用したVRアニメーション】「Beat」、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞

WOWOWとCinemaLeapが共同製作したVRアニメーション「Beat」が、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞した。

「Beat」の受賞について

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役 社⻑執⾏役員 ⽥中 晃、以下「WOWOW」)と株式会社CinemaLeap(本社:東京都品川区、代表:⼤橋哲也)が共同製作したVRアニメーション「Beat」が、第40回バンクーバー国際映画祭「VIFF Immersed 2021」部門のアニメーションカテゴリーで受賞した。

バンクーバー国際映画祭(VIFF)は、本年で40回を迎える歴史ある映画祭で、2021年10⽉1⽇(⾦)〜11⽇(⽉)まで開催されていた。70カ国以上の国と地域から集まった世界のトップレベルの作品からまだ知られていない作品まで、毎年多くの昨品が上映される。

XRテクノロジーを利用したダイナミックなストーリーテリングの作品を紹介する「VIFF Immersed 2021」部門では、最終選考に残ったVRとARの15作品の中から、「Cinematic Live Action」「Animation」「Documentary」「Augmented Storytelling」の各カテゴリーで受賞作品が選ばれる。「Beat」はアニメーションカテゴリーで受賞した。主にクリエイティブなストーリーテリングの観点から表彰することがこの映画祭の特色である。

伊東ケイスケ監督 受賞コメント

ちょうど40周年の節目の、歴史ある国際映画祭で受賞させていただき、大変光栄に思います。Beatは心と心をつなげる物語です。それは自分の心臓の鼓動を意識することから始まります。世の中は目まぐるしく変わっています。しかし、あなたの心臓の鼓動はいつでも変わらないのです。上映の機会をくださった映画祭と、一緒にBeatを作り上げてくれた仲間たちに心から感謝します。

Haptics(触覚)技術による今までにない映像体験

「Beat」は、⼼臓の⿎動を⼿で感じることができるHaptics(※1)(触覚)技術を⽤いたデバイスを利⽤した作品である。(※2)

デバイスを⼿に持つと、聴診器で取得したユーザーの⼼臓の⿎動がデバイスに振動となって伝わり、さらには作中に登場するハートのアニメーション、⾳声とリアルタイムに同期する。これにより、⼼臓の⿎動を⽬で⾒て、⽿で聴き、⼿で感じながら作品を楽しめる仕組みである。

作品の中で、⾃分⾃⾝の⼼臓の⿎動を主⼈公のロボットと共有することで、物語に命を吹き込み、物語が始まる。体験者は⾃分の⿎動を分け与えたロボットを⾃分⾃⾝に重ね合わせながら、ロボットの⼼の葛藤や成⻑を体感し、物語を楽しむことができる。

新しい技術を作品に組み合わせることにより、今までにない映像体験を提供し、第77回ヴェネチア国際映画祭バーチャルリアリティ(VR)部⾨のコンペティション作品としてノミネート、続いて「CannesXR」 VeeR Future Award 2021にノミネートされている。

本作品は、WOWOW Lab(※3)の活動の⼀環として外部クリエイターと共同開発をした作品である。

※1 Hapticsとは、ユーザーに対して⼒・振動・動きなどの”触覚”を通じて情報を伝達するユーザーインターフェース技術の総称である。

※2 各映画祭では、映画祭参加者が自宅からオンラインで体験できるように、Haptics(触覚)技術を⽤いたデバイスを利用せずに、VRヘッドセットとコントローラーを用いて体験するバージョンが上映されている。

※3 WOWOW Labとは、WOWOW単独では難しいさまざまな取り組みを外部連携を積極的に⾏なうことで継続的に実現させるための仕組みである。クリエイター、エンジニア、技術系スタートアップ企業などと組み、コンテンツに関わる新しい技術の実験や試験を⾏ない、顧客に向けた新しいコンテンツ・サービスを⽣み出すことを狙いとしている。

WOWOW Labサイト https://corporate.wowow.co.jp/wowowlab/

VRアニメーション「Beat」 概要

interpoint (interword separation)作品名:Beat
interpoint (interword separation)製作年:Year 2020
interpoint (interword separation)製作:株式会社WOWOW/株式会社CinemaLeap
interpoint (interword separation)監督:伊東ケイスケ
interpoint (interword separation)プロデューサー:藤岡寛子(WOWOW)、待場勝利
interpoint (interword separation)鼓動体感技術提供:安藤英由樹(大阪芸術大学)
interpoint (interword separation)作品尺:12分
interpoint (interword separation)ジャンル:アニメーション

interpoint (interword separation)あらすじ:Beatは、ユーザーの心臓の鼓動によってロボットに命が吹き込まれ、心を通わせて成長していく物語である。ユーザーのハートによって命を吹き込まれたマルボロは、もうひとりのロボット、カクボロと友達になりたいのに、不器用で関わり方が分からず怒らせてしまう。しかしどうしても友達になりたかったマルボロは、相手を思いやる気持ちを持つことで、一度閉ざされてしまったカクボロの心を開いていく。

・予告編動画 https://youtu.be/Z8PRVSNQbJg

WOWOWは今後も才能あるクリエーターと積極的に組み、新しい技術を取り入れながら、より深い映像体験を生み出していく。

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN