12.8 c
Japan
Thursday, December 7, 2023

東京海上日動| マンション業界の新たな価値創造に向けたオープンイノベーションにチャレンジ

マンション業界の未来創出に向け、東京海上日動が『東京海上日動スタートアップ支援プログラム』を開催。スタートアップ企業との共創により、マンション業界が抱える「管理人の人材確保」「建物の老朽化」「高齢化」「管理費用の高騰化」の解決や居住者向けの新たなサービスの実現を目指す。応募締切は7月14日。

アクセラレータープログラムに取組む背景とは?

当部は本プログラムを通して、マンション入居者、管理組合、マンション管理会社が抱える各種課題をサポートするための新たなサービスを、スタートアップ企業の皆様と共創したいと考えています。
新たなビジネスモデルの創出や保険商品とのコラボレーョンなど様々な形での協業によって、マンション業界が抱える「管理人の人材確保」「建物の老朽化」「高齢化」「管理費用の高騰化」などの解決や居住者向けの新たなサービスを実現していくことでマンション業界の発展に貢献いたします。

東京海上日動スタートアップ支援プログラムの概要

▶︎募集期限:2021年7月14日(水) 21:00
▶︎エントリー方法:リンクURL(CrewwGrowthページ内の専用WEBサイト)より、協業案をご提案ください。 東京海上日動スタートアップ支援プログラム (creww.me)
▶︎ Target companies: all domestic and international startups. Any industry.
▶︎ Participation fee: Free
▶︎主催:東京海上日動火災保険株式会社

What we hope to achieve with the Accelerator Program

マンション管理会社の負担軽減

管理員は従来シニア層により支えられていましたが、全体的に管理員のなり手が不足しており、企業は賃金や採用開始年齢の引き上げ、業務効率化を図るなど様々な対策を進めています。AIやオペレーター等による業務効率化や無人化を始めている企業もありますが、ゴミ出しや清掃、保守点検など人の手を必要とする業務も多く、人員の確保や管理委託費の見直しが課題となります。また、今後の日本では築年数が経過したマンションが大幅に増加する見込みです。築年数が増加したマンションは修繕費がかかるばかりではなく、老朽化による事故の発生など安全面での考慮も課題となっているので、このような社会課題に資するご提案をお待ちしておりますThe following is a list of the most common problems with the

マンション管理組合の資金不足改善

居住者の高齢化とマンションの高経年化に伴いマンション建物の修繕や設備の更新に充てる「修繕積立金」が集まりづらくなり、最悪の場合は滞納してしまうという状況がございます。我々はそのような管理組合の資金不足を改善する取り組みを行いたいと思っております。 マンション共用部の清掃やエレベーター・電気・給排水設備の各種点検、メンテナンス業務のAI化、管理組合のお金回りをコントロールするアプリケーション等、管理会社の業務削減等の課題解決や、マンションの修繕費を削減するためのご提案をお待ちしております。

居住者向けの新たなサービス提供

マンションデベロッパーおよびマンション管理会社は、自社マンションのブランド力の向上・他社デベロッパーとの差別化の観点で、マンション居住者に対する付加価値サービスの強化に努めております。 マンション居住者に対する付加価値サービスとして、『健康管理・健康促進』、『マンション居住者間コミュニティの活性化(家具のサブスクサービス等)』、『高齢者層向けサービス(介護、見守り、睡眠・行動把握)』、『育児支援』、『ペット飼育支援』、『家計・資産設計の見直し』等が挙げられます。 そこで、スタートアップ企業の皆様には、「マンション」×「居住者向けサービス」×「デジタル」×「スタートアップ企業⇔東京海上日動」をキーワードとするようなご提案をお待ちしておりますThe following is a list of the most common problems with the

マンション周辺の防災対策の充実

大雨や地震といった大規模災害はマンション業界にも大きな影響を及ぼしています。一般的な一戸建ての住宅に比べ、マンションは建物の強度は比較的強いとされますが、近年は高経年化によって大きな事故や被害に遭うケースも頻発しております。 首都直下型地震等今後も予測される世の中において、マンション業界としてもより一層の防災対策を強化しております。マンション業界の更なる発展に向けて、「デジタルを使った災害の事前予測」「災害発生後の対応向上」「備蓄品の供給」等、防災に関連した新たなソリューションのご提案をお待ちしております。

スタートアップが活用できる東京海上日動火災保険株式会社の経営資源(リソース)

・日本全国のほとんど全ての企業へのチャネル
・全国48,339店の代理店の皆さまをはじめとするネットワーク
・提案先となる不動産マーケット
→For more information, please contactEntry PagePlease check with

Enthusiasm for the Program

お客様へ「安心と安全」をお届けし、お客様の挑戦を支えるパートナーであり続けるため、我々も新たなことにチャレンジをしていきたいと考えています。我々と一緒に「マンション業界の未来創出」にチャレンジしましょう!!
Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN