12.8 c
Japan
Saturday, December 2, 2023

松竹とスタートアップで創出する新たなエンタテイメントとは!?

2019年6月10日より開始された「松竹アクセラレーター2019」。スタートアップから90近くの提案が集まり、選考、ブラッシュアップを経て、先月採択に向けたプレゼンテーションが行われた。そしてこのたび、令和の総合エンタテインメントを加速させるべく、5社のスタートアップが採択された!

9月3日、5日に実施された2次選考であるプレゼンテーションには、10社のスタートアップ企業が並び、ブラッシュアップメンバーとして松竹グループの社員13名が関わった。そしてこのたび、5社のスタートアップが採択され、実証実験に向けた準備がスタートしている。まだ各プロジェクトの詳細は公表されていないが、松竹とスタートアップの共創プロジェクト概要をここでは紹介する。

松竹がスタートアップとの共創で狙いたい領域

採択スタートアップの紹介の前に、まず松竹が「Shochiku Accelerator 2019」の開催にあたり設定した「狙いたい領域」についてだが、今回松竹は3つの領域を設定している。

01.あらゆる人の心を豊かに
日々の生活がよりワクワクするような、人として生きる中での楽しい体験を提供したいと考えています。幸福を届け、人々の心を動かし、感動を生むような新たな価値を創造しましょう!
例)家族向けサービス、シニア向け事業、子供向け事業
02.日本文化の継承と発展
日本文化を継承しながら、新しいアイディアを掛け合わせて文化を発展させていきたいと考えています。また、日本のみならず海外に向けて広げていき、世界文化の発展に貢献したいと考えています。新しい時代の文化を創りましょう!もちろん松竹グループのオリジナルコンテンツ(映像や演劇)を活用した新規事業案も大歓迎です。
例)エンターテック事業、インバウンド・アウトバウンド事業、地方とコラボレーション
03.マーケット開拓への挑戦
幅広い世代に、国境を越えた世界中のお客様に、松竹グループとスタートアップの化学反応によって生み出されたものを届けたいと思っています。エンタテインメントは、「何を届けるか」はもちろん、「どう届けるか」が肝。マーケティング・宣伝・販売など、より多くのお客様を開拓できるアイディアを大募集します。

「日本文化の伝統を継承、発展させ、世界文化に貢献する。」「時代のニーズをとらえ、あらゆる世代に豊かで多様なコンテンツをお届けする。」をミッションに掲げる松竹グループ。総合エンタテインメント企業グループとして、変化を恐れず、新たな挑戦を続けている。その挑戦のひとつが、オープンイノベーションプラットフォームを提供するCrewwと共に開催した「松竹アクセラレーター2019」である。

エクスペリサス ×松竹

エクスペリサスは、今後日本の基幹産業となるインバウンド旅行市場において、「インバウンド市場」×「富裕層」という新しい領域で活動を展開しているスタートアップである。

https://creww.me/ja/startup/XPERISUS

DIVE JAPAN ×松竹

「DIVE JAPAN」は訪日外国人旅行者に動画で情報を提供する新しい旅行サービスだ。情報を欲する旅行者にとって動画の方が圧倒的に情報量が多く分かりやすい点から、DIVE JAPANはスマートフォンに最適化された1分動画で旅行者をガイドしている。

https://creww.me/ja/startup/divejapan

ラディウス・ファイブ×松竹

cre8tiveAI「Photo Refiner」

ラディウス・ファイブは、最先端のAI技術(Deep learning)を用いて、人が数時間かけて行っていたクリエイティブの編集作業を10秒で遂行するSaaSプラットフォームをグローバル向けに提供をする。

https://creww.me/ja/startup/radius5

ActEvolve×松竹

世界最大のVRライブプラットフォーム

ActEvolveは、「create diversity」つまり世の中に新しい価値観を作り、多様性を加速させることをミッションに、世界最大のVRライブプラットフォーム「VARK」を提供している。

https://creww.me/ja/startup/actevolve

夏目綜合研究所×松竹

夏目綜合研究所は、最先端の瞳孔解析技術の基礎研究を行っている。瞳孔の動きを解析し、今まで取得できなかった情感(人間の無意識の反応である「情動」と、表情に出る「感情」を合わせた生理反応)を数値化することで、客観的データとして様々な分野で活用することが可能である。

https://creww.me/ja/startup/natsume

今回の2次選考を経て、実証実験に進むプロジェクトが以上の5つである。令和のエンターテインメントはどのように変化していくのか。そのタネが「松竹アクセラレーター2019」で生み出されようとしている。

Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN