12.8 c
Japan
Wednesday, November 29, 2023

Starcat Cable Network x CinemaLeap] VR film "At the Nagisa" is an official selection of the 52nd International Film Festival Rotterdam!

スターキャット・ケーブルネットワークとCinemaLeapによるオープンイノベーションで生まれた新規事業、VR映画の作り手を発掘し、VR映画を製作するプロジェクト「STARCAT VR LAB」から生まれたVR映画「なぎさにて」が、2023年1月25日(水)からオランダにて開催の第52回ロッテルダム国際映画祭に公式上映作品として選出されることが決定!

第52回ロッテルダム国際映画祭の公式上映作品として上映決定!!

ロッテルダム映画祭は、約30万人が来場する世界最大規模の映画祭で、ヨーロッパではカンヌ、ヴェネツィア、ベルリンと並び世界で最も重要な映画祭のひとつです。毎年約600作品が上映され、新人監督の登竜門的な存在として、多くの若手映像作家の作品を紹介しています。


「なぎさにて」が選出されたのは、インスタレーション、VR、ライブパフォーマンスなど多様なセッション『Art Directions』です。現地1月26日(木)午前より、本映画祭のメイン会場のひとつでもある“WORM UBKI”で上映が開始されます。 

IFFR2023 公式サイト : https://iffr.com/
“By the Shore” https://iffr.com/nl/iffr/2023/films/by-the-shore
“Art Directions:Immersive Media” https://iffr.com/nl/iffr/2023/art-directions-immersive-media

新しい映像体験であるVR映画を作り、世界の映画祭へ。市場と商流の確立を目指すオープンイノベーション。

July 15, 2021

なぎさにて

◆ストーリー:休日に気分転換に海に遊びにやって来たカップル。訪れたのは人気の少ない穴場の海水浴場。海でひとしきり遊んだ後、ビーチテントで酒などを飲んでいると、日々の労働の疲れもあってか、昼寝をしてしまう。ふと彼女が目を覚ますと、空には暗雲が立ち込めていて、少し離れた波打ち際に大きな物体が横たわっている。不可解に思って彼氏を起こし、物体を指差す。彼氏が起きて、その物体を見に行くと打ち上がった鯨の死骸だった。不穏な雰囲気が漂う中、鯨の周りには地元民や海水浴客が見物に集まり始め、カップルがバカンスを楽しんでいた海水浴場が徐々に様変わりしていく・・・。

◆出演者:田中康寛 織田美織

◆スタッフ:
Directed by 井上博貴
Production CinemaLeap Producer 鈴木健之、大橋哲也、待場勝利
Cinematographer 谷口とものり
MUSIC by 中西ゆういちろう

◆用いた技術等:360°VR(ステレオ)※1/3DoF※2/360立体音響※3
※1 360°のVR映像を左右の眼(複眼)用に個別の撮影データーを用いることで立体視を実現
※2 3DoF対応のVRヘッドマウンで、頭の回転や傾きを感知し映像体験が可能
※3 キャストのセリフ(音源)を360°空間に配置し没入感のある音場を実現

予告映像

上記予告映像は、通常環境でも視聴できるよう2Dへ再編集したものです。

本作品は、2023年2月3日(金)~2月9日(木)に、スターキャット直営映画館「センチュリーシネマ」(愛知県名古屋市)で開催される「Virtual Reality Cinema Fair 23」でも体験することができます。

Virtual Reality Cinema Fair 23(VRCF23)
Official site:https://vrcf.jp/

Virtual Reality Cinema Fair 23
Virtual Reality Cinema Fair 23

《開催期間》
2023年2月3日(金)~9日(木)
《会場》
センチュリーシネマ(名古屋市中区栄3-29-1 名古屋PARCO東館)
《料金》
【40分間見放題】1,500円(税込) 【1作品】500円(税込)

ケーブルテレビ事業者の新規事業

これまでスターキャットでは、ケーブルテレビ事業者の新規事業としてVRコンテンツの制作に取り組んできました。2021年4月には、日本のクリエイターを起用し地域コンテンツの創出と発信を、新しいテクノロジーで実施するためのプロジェクト「STARCAT VR LAB」を開始しました。

「なぎさにて」は、本プロジェクトの第一弾として制作されたものです。2022年11月に開催された「先進映像協会 ルミエール・ジャパン・アワード2022」VR部門で特別賞を受賞しました。

これまで制作したコンテンツ
・VR映画「なぎさにて」
・KENTO MORI MV ~ANCIENT LOVE~ https://youtu.be/yo9iMCnwJwU
 市販VRヘッドセットを用いたYouTubeVRアプリからの視聴
 (一般のPC・スマートデバイスでの視聴ではVR本来の没入感が得られません)

​今後スターキャットは、VRコンテンツ制作のみでなく、VRソリューションビジネスにも着手し、VR技術を用いた地域や企業の課題解決と発展に貢献します。

スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社について

1990年10月から名古屋市中区にて放送サービスを開始し、その後、通信サービス、映画興行も展開。特に通信サービスでは、光ファイバーによる超高速インターネットをはじめ、光同軸ハイブリットネットワークを利用したものなど、多彩なサービスを展開しています。

「RBB SPEED AWARD」においては、固定回線の部CATV部門(東海)およびWi-Fi速度の部(スマートフォンによるWi-Fi接続)CATV部門(東海)の2部門で、3年連続最優秀賞を受賞しました。

name of companyスターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
Establishment1985年02月
Location愛知県名古屋市中川区高畑4-133
representative代表取締役社長:松下 寿昭
主な業務内容通信事業/放送事業/映画事業
uniform resouce locatorhttps://www.starcat.co.jp/

2021年、企業とスタートアップのイノベーション事例まとめ10選!

2022年1月2日
Facebook Comments
PORT Editorial Officehttps://port.creww.me/
PORT by Creww is an open innovation media for startups, entrepreneurs, entrepreneurs in recovery, and companies seeking to create new businesses on the theme of social issues, operated by Creww Co.
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

Ando Hazama x Cube Earth] Innovating the world's urban OS with patented technology from Japan and the U.S.

Creww Growth Case Study Interview】Ando Hazama has selected Cube Earth, a startup company offering a "smart disaster prevention system" to local governments through the "Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022," an accelerator program for fiscal year 2022, utilizing Cube Earth, a geographic information system platform patented in the United States and Japan. Cube Earth, a startup company that provides municipalities with a "smart disaster prevention system" using the geographic information system platform "Cube Earth" patented in the U.S. and Japan, was selected for the Ando Hazama New Business Co-Creation Program 2022. The startup is developing next-generation social infrastructure infrastructure such as disaster prevention systems, smart cities, drones, and digital twin systems as part of the DX approach to municipal crisis management. What specific initiatives are they pursuing? We interviewed Hiroyuki Horii, Deputy General Manager of the Innovation Department, Corporate Strategy Division, Ando Hazama, Shigehiko Amo, Chairman of Cube Earth, and Zenshi Takeda, President and Representative Director.

Sanki Kogyo × Startups] Become a company that continues to be chosen|New Steps in Co-Creation with Startups

Sanki Kogyo Corporation, which will celebrate its 100th anniversary in 2025, has set its sights on becoming a company that will "continue to be chosen" in accordance with its vision for 2050, and is working to strengthen its core businesses and enhance the Sanki brand. One of our new initiatives is to strengthen our core business and improve the Sankiki brand. Therefore, as one of the new initiatives, we are challenging the "SANKI Open Innovation Program 2023". We interviewed Mr. Hiroyuki Sasaki, Facility Systems Business Department, Mr. Tadashi Ishiwata, Corporate Planning Department, Corporate Planning Office, and Mr. Naoya Tokuda, Corporate Planning Department, who are challenging the accelerator program for the first time, about their frank thoughts from their respective standpoints.

Ando Hazama × Air Digital × Kuki City] Tackling the challenge of extending healthy life expectancy through digital sports!

Ando Hazama, a general construction company that promotes the creation of new businesses through open innovation, has selected Air Digital Inc. Air Digital, Inc., a company involved in the development of digital sports space and the operation of digital sports fields, was selected for the program. Subsequently, Ando Hazama, Air Digital, and Kuki City, Saitama Prefecture, signed a collaboration agreement and are now working together on "Sports 60 & Smart," one of the largest digital sports clubs in Japan, which is located in the "Ario Washinomiya" shopping mall facility in Kuki City. What specific initiatives are being undertaken? We interviewed Tsubasa Sakakibara, Manager of the Innovation Department of Ando Hazama's Corporate Strategy Division, Sobaku Maeda, Representative Director of Air Digital, and Takeshi Kanazawa, a member of the Sports Promotion Section of the Health and Sports Department of the Kuki City Office.

Startup Recruitment] Caring for Community Health|Future Aisei Pharmacy with Roots in the Community through New Business

Aisei Pharmacy has more than 400 dispensing pharmacies nationwide. As the company will soon celebrate its 40th anniversary, we are challenging the accelerator program in search of the next pillar of our business! Aiming to become a pharmacy that is needed by local residents, the company will explore the possibility of creating new businesses. In this interview, we spoke with Hiroyuki Hori, General Manager of the Business Planning Department of Aisei Pharmacy Inc. about why Aisei Pharmacy is now taking on the challenge of open innovation with startups.
Facebook Comments
en_USEN