12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

2021年、企業とスタートアップのイノベーション事例まとめ10選!

コロナという天災に人々の行動が阻まれ、誰もが手探りであった昨年から、Withコロナを生きるべくニューノーマルな挑戦を受け入れ、世の中に新たな価値感と行動様式の変革が定着し始めた2021年。世の中の動向を様子見していた日本企業も、いよいよ危機感を強め、DX推進に向けた取り組みをはじめ、時代を捉えた新しいサービスの開発、先行き不安な既存事業の展開など、それぞれに抱えた課題を見据えた動きが活発になっています。それに伴い、企業同士が互いを活かし合う事業の共創や、官民連携による垣根を超えたサービスの提供など、課題解決に止まらず新たな価値を創出するオープンイノベーションという手法もまた、さらに身近なものとなりました。本記事では、「2021年企業とスタートアップのイノベーション連携まとめ10選」と題し、新進気鋭のスタートアップとのオープンイノベーション事例をお届けします!

【三喜商事×ストーリーアンドカンパニー】
在庫処分問題を解決し、新たな価値を上乗せ

一流ブランドの在庫を若手クリエイターたちの手でアップサイクル!

ヨーロッパやアメリカの一流ブランドを日本に紹介・提案している「三喜商事」と、体験のシェアリングサービスを提供するスタートアップ「ストーリーアンドカンパニー」によるオープンイノベーションの事例に注目。2社が取り組んでいるのは、ファッション業界が抱える深刻な在庫処分問題の解決です。ストーリーアンドカンパニーが表参道・原宿に立ち上げた「NewMake Labo」に、三喜商事がイタリアの一流ブランド「MISSONI」の在庫を提供し、若手クリエイターたちがアップサイクルに挑んでいます。具体的にどのような取り組みなのか。三喜商事 事業部長の田尾慶一朗氏とストーリーアンドカンパニー代表の細川拓氏にお話を伺いました。

「NewMake」×「MISSONI」一流ブランドを若手クリエイターがアップサイクル。オープンイノベーションで在庫処分問題解決に挑む

2021年9月17日

【三栄興産×トレスマリア】
赤ちゃんからお年寄りまで美味しく飲める新しい健康茶を協業開発

0.1グラム単位で味と香りが変わるお茶に向き合う

コスメ関連サプライチェーンの集積が進んでいる佐賀県。独自の取り組みである「コスメティック構想」の一環として、「佐賀県、日本一コスメビジネスがしやすいマチから世界へ」をビジョンに掲げたアクセラレータープログラム「SAGAN BEAUTY & HEALTHCARE OPEN ACCELERATOR 2020」が開催されました。このプログラムにより、佐賀の老舗製茶会社の三栄興産と、東京で女性のデリケートゾーンのお手入れブランドを展開するスタートアップ「トレスマリア」の協業が実現。赤ちゃんからお年寄りまで美味しく飲める、新しい健康茶が誕生しました。その協業について、三栄興産代表取締役社長の緒方哲哉氏と、トレスマリア代表取締役社長のバルドゥッチ淳子氏に話を伺います。

【三栄興産×トレスマリア】世界中の人に健康と美を。オープンイノベーションで協業開発した「美・健康茶」が誕生!

2021年10月5日

【スターキャット・ケーブルネットワーク×CinemaLeap】
新しい映像体験でエンタメ市場を確立

日本から世界へ優れたVR映画を発信

愛知県は、オープンイノベーションにより県内企業の経営資源と全国のスタートアップのアイデアやサービス、技術をつなぐ、ビジネスマッチングプログラム「Aichi Matching 2020」を開催しました。2020年のプログラムには、県内のメーカーや商社、ものづくり企業など幅広い13社が、スタートアップとの協業による新規事業の創出を目指して参加。そのうちの一社である、名古屋を拠点にケーブルテレビ事業や映画事業をターキャット・ケーブルネットワークとマッチングしたのは、東京でVR映画製作や日本初のVR映画祭を運営するCinemaLeapです。具体的にどのようなプロジェクトを立ち上げているのか。スターキャット・ケーブルネットワークの鈴木 健之氏とCinemaLeapの代表取締役 大橋 哲也氏にお話を伺いました。

新しい映像体験であるVR映画を作り、世界の映画祭へ。市場と商流の確立を目指すオープンイノベーション。

2021年7月15日

【佐川急便×SWAT Mobility 】
配送ルートを最適化するサービスのPOCを実施

配車にかかる業務時間を大幅に削減

シンガポールに本社を置くモビリティスタートアップであるSWAT Mobility Pte. Ltd.は、佐川急便株式会社のHIKYAKU LABOが開催した「HIKYAKU LABOアクセラレーター2021」において、応募した85社のスタートアップの中からHIKYAKU LABO賞を受賞しました。
3ヶ月間のアクセラレータープログラムを通じて、同社が世界7ヵ国で乗客の送迎サービスやオンデマンドバスアプリを提供してきたルーティング技術を貨物の配送向けに適用し、配送ルート最適化サービスのPoCを実施しました。

「SWAT Mobility」が佐川急便開催のアクセラレータープログラムを通じ、配送ルート最適化サービスのPoCを実施!

2021年11月26日

【日野自動車×LocationMind】
データサイエンスで物流をより豊かに

Vehicle Probeデータを用いたSaaS型事業が、アクセラレータプログラム「HINO DE SAFARI」に採択

日野自動車は、CrewwGrowthを活用し、アクセラレータープログラム『HINO ACCELERATOR 2021~HINO DE SAFARI~』を開催。この度、「Vehicle Probeデータを用いたSaaS型事業の構築」を提案したLocationMindの採択を決定しました。本記事は、事業化の共創へ向けチームを組む日野自動車とLocationMindとの対談の模様を収めたものであり、社会課題の解決にかける想いや事業化アイデア、今後の展望などについて、インタビューでの様子が記されています。

【日野自動車×LocationMind】アクセラレータプログラム「HINO DE SAFARI」|データサイエンスで物流をより豊かに

2021年11月9日

【エバラ食品×スタートアップ2社】
食に関わる新たな価値を創造

Ethicalize株式会社・株式会社ヴァカボ、両社がエバラ食品と行った実証実験の内容とは

エバラ食品工業株式会社は、株式会社横浜銀行とCreww(クルー)株式会社が主催する「横浜銀行アクセラレータープログラム」に参加し、最終審査通過企業2社と協業で、新たな事業の創造を目的とした実証実験を 2021 年10月25日(月)より開始しました。

エバラ食品がスタートアップ2社と実証実験を開始!食に関わる新たな価値の創造やイノベーションを推進

2021年10月25日

【東京地下鉄×VIA】「お金の勉強」を軸とした教育事業の共創

本物の社会勉強を通じて、子ども達の「生きる力」を育む

東京メトロは、オープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」で最終審査を通過したEdTechスタートアップの「VIA」とともに、「お金の勉強」を軸とした教育事業の共創を検討してきました。協業施策として、未来の担い手である子供たちの「生きる力」を育むことを目的に、協業で親子向けセミナー「学校では教わらない お金の勉強」を2021年9月に開催しています。
今後も、お金にまつわる教育を通じて、2022年度から子供たちの「生きる力」を育むための様々な講座を開設していくとのことです。

【東京地下鉄×VIA】「お金の勉強」を軸とした教育事業の共創

2021年8月25日

【味の素×TechMagic】
おいしさと健康を両立する調理ロボットの実現へ

TechMagicの調理ロボット技術と味の素の調味料をベースとした「おいしさ設計技術」

テクノロジーによる持続可能な食インフラの創造に取り組むTechMagic株式会社は、味の素株式会社とおいしさと健康を両立した調理ロボットの実現を目指し協業を開始します。

【TechMagic×味の素】おいしさと健康を両立する調理ロボットの実現を目指し協業を開始!

2021年10月19日

【ダイクレ×カンバイ】
『浸水防止シート付デジタルサイネージ』を開発

MADSのデジタルサイネージアドネットワークを使用、クリエイトエス・ディー店舗にて提供へ

『浸水防止シート付デジタルサイネージ』を開発する株式会社ダイクレが、株式会社カンバイ、株式会社マイクロアドデジタルサイネージ、株式会社クリエイトエス・ディーと共同でデジタルサイネージの広告媒体の提供を開始しました。

ダイクレが、『浸水防止シート付デジタルサイネージ』を広告媒体として、クリエイトエス・ディー店舗にて提供開始!

2021年7月31日

【ウミトロン×KURAおさかなファーム】
くら寿司の養殖事業をAI搭載のスマート給餌機がサポート

人手不足や労働環境の改善に加え、魚の供給を安定化

ウミトロンは、2021年11月1日(月)に設立するくら寿司100%出資の新会社「KURAおさかなファーム株式会社」と協業し、AI・IoT技術を活用したスマート給餌機「UMITRON CELL」を活用した養殖事業をサポート。養殖産業の課題となっている人手不足や労働環境の改善、及び魚の供給の安定化のため、AI・IoT技術によるスマート養殖化の実現を目指します。

ウミトロン、くら寿司の養殖事業と協業|AI搭載のスマート給餌機を活用

2021年11月7日

ーー以上、スタートアップとのイノベーション事例10選はいかがでしたか。
先行きが不透明な時代を捉え、日々刻々と変化するニーズを満たす新たなサービスが生み出される時、一企業に留まらない視点と垣根を超えた挑戦がありました。互いのリソースを活かし合い、新規事業を創出するオープンイノベーションという手法は、今後どんなニューノーマルを生み出してくれるのでしょうか。今年も注目です!!

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント