12.8 C
Japan
日曜日, 11月 29, 2020

事業会社の課題をスタートアップとの協業で解決する「コロナ対策支援特別プラン」を4月23日から提供開始 |Creww

国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営するCrewwのオープンイノベーションクラウド 「Steams(スチームス)」は、コロナ感染拡大の影響を受ける事業会社を対象に、スタートアップ※1との協業で課題解決するコロナ対策支援特別プランの提供を開始したことを発表した。

「Steams」はオープンイノベーション※2による新規事業の創出を支援するクラウドサービスです。この度、事業会社が直面している課題や困難に対して、コロナ対策支援になり得るテクノロジーを持つスタートアップとの協業で課題解決に取り組むことが可能になりました。

事業会社は解決したい課題と自社が提供できるリソースをオンライン上で公開することにより、Crewwに登録する約4500社のスタートアップコミュニティへ告知することが可能です。スタートアップは課題に対して、自社のテクノロジーやプロダクトを元にソリューション(協業案)を提案します。

本プランの導入から課題解決に向けた協業まで全てオンライン上で完結するため、リモートワークでもプログラムの開催が可能です。自社のみで解決するのではなく、斬新なアイデアやテクノロジーを持つスタートアップと協業で課題を解決することにより将来的に自社の事業やサービスの成長に繋がります。

「Steams(スチームス)」コロナ対策支援特別プランの概要

新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけた課題を解決するため、3か月の特別プランを提供します。
https://spot.creww.me/features/inquiries/steams-dx

※通常、年間契約のみの提供

※1 独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業
※2 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※3 スタートアップ企業を中心に、投資家やアドバイザーなどのサポーターが参加するコミュニティ

スタートアップとの協業で解決できる課題

解決できる課題は「自社の顧客」や「取引先」、「利用ユーザー」に関する課題です。以下のような課題を抱える事業会社は課題の解決や新しい価値を顧客やユーザーに提供が可能です。

・実店舗を伴う、事業やサービスをオンラインで提供したい
・既存事業のデジタル化をしたい
・外出自粛により在宅時間が増えたことによりユーザーのニーズの変化

例えば、展示会やイベントの運営など外出自粛の影響でサービスが提供できなくなった事業会社の課題に対して、VRやオンラインセミナーの技術やシステムを提供するスタートアップのテクノロジーを用いて課題の解決に取り組むことが出来ます。

オープンイノベーションクラウド 「Steams(スチームス)」について

「Steams」は多数の実績をもとに作られた、共創プログラム開催をサポートするオープンイノベーションのためのクラウドサービスです。Crewwは日本でのオープンイノベーション黎明期からアクセラレータープログラムを手がけ、7年間で500件以上のプログラムを開催してきました。本サービスには、多数の成功実績に基づいたノウハウが組み込まれています。

これまで、自社でオープンイノベーションに取り組むには、「多額のコスト」で「大規模に」「全社で」行うというイメージが一般的でした。本サービスでは、低コスト・小規模で共創プログラム運営を行っていきながら、継続的にイノベーションを起こすことが可能です。「未経験」から「継続的」な活用まで、オープンイノベーションのステージに幅広く対応しています。

URL:https://steams.in/

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金4億6,455万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、
国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず 、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれ のニーズにマッチした様々なサービスを提供します。

■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。