12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020
ホーム インタビュー

インタビュー

ロシア人学生起業家「黄金の国ジパング」が挑戦の舞台。

近年日本で企業する外国人は増加傾向にある。株式会社Like Pay創業者、ヴォロシオフ・イーゴリ氏もまた、日本独自の文化にヒントを得たサービルを展開している。 ※この記事は、2019年7月25日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

スタートアップとしての成長に必要不可欠な「ビジョン」。

前例のない世界に挑むスタートアップにとって、どこを目指すのかというゴールを設定することはとても重要である。課題山積の介護業界において、IoT介護という未成熟な分野に挑む株式会社Z-Worksの考えるビジョンとは一体何であろうか...

スタートアップイベントが人生の転機に。

近年外国人起業家は増加傾向にあり、ここ5年で約2倍という数字が公表されている。彼らが日本を挑戦の場に選んだ理由やきっかけは一体何であろうか。2018年8月に起業したLike Payの創業者イーゴリ・ヴォロシオフ氏に体験談を聞いた。 ※この記事は、2019年7月11日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

コンビニよりも身近な「半径50メートル商圏」の世界。 決済機能搭載の無人コンビニ『600』

<再掲>人手不足解消の切り札として注目を集めている「無人コンビニ」。日本においても大手コンビニエンスストアが本格的な実用化を目指して実証実験に進む中、600は、人手不足解消のそれとは一線を画した「半径50m商圏」をターゲットとする新しい形の「無人コンビニ」『600(ロッピャク)』を誕生させた。その原点と展望を代表取締役の久保 渓氏に伺ったインタビュー記事です。

ビジネス向けVR『NEUTRANS』の開発で企業の不便を解消

ビジネス向けのVR製品『NEUTRANS』を開発するSynamon。ビジネスサイド業務の責任者である武井勇樹氏は、VRが世の中にもたらすイノベーションの可能性を啓発していくことが自身の最大のミッションだと語る。デジタルとアナログが融合した世界の実現を目指しSynamonが提供するサービスとは…企業のニーズを捉えたVR空間についてお話を伺った。

コラボ先へのメリット提示が重要 IR情報も活用して課題を見つける

電化製品などの保証書をスマホのカメラで撮影すると電子化され、保証期間などの管理ができるサービス「Warrantee」を2014年3月に開始した株式会社Warrantee(大阪市中央区)は、Crewwへの参加後、大手企業とのコラボレーションを相次いで決めている注目のスタートアップ。他に例を見ないユニークなビジネスモデルと、コラボを成功させるためのポイントを庄野裕介氏に聞いた。 ※この記事は、2015年12月15日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

2020年の教育改革に先立って、未来を担う子どもたちに最適な教育を提供するスタートアップ『ハクシノレシピ』

2020年から順次実施される次期学習指導要領については、「主体的な学び、対話的な学び、そして深い学び」の実践を理念に掲げ教育がなされ、知識の理解とともに、資質と能力を育むことを目的とした教育の充実が図られていく。Hacksiiは、アクティブ・ラーニング」×「食事づくり」の観点で独自に生み出した教育概念、“キッチン学”を自宅で学べる『ハクシノレシピ』というマンツーマンの料理レッスンサービスを提供している。 ※この記事は、2019年1月30日、Startup ismにて公開された記事を転載しています。

IoTで「がんばらない介護」を支援するZ-Works

Z-Worksの代表取締役である小川 誠氏は、自身の介護経験を使命感に変え「がんばらない介護」をコンセプトに企業、後に大手企業と積極的にパートナーシップを組み、IoTシステムで介護の業界に新たな風を巻き起こす。介護の現場から収集・解析したデータをもとに、 IoT技術をもって介護の不安と負担がゼロになる社会を切り開いて行く。 ※この記事は、2019年6月14日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

「働く」本質に向き合い、未来に貢献できる人材を育成。

ワークライフバランスという言葉を聞くようになって久しく、「働き方改革」を社会全体で取り組む動きが活発になっている。SPACERの田中代表は、「働き方」について「多様な個性に合わせて全ての人がチャレンジできる環境の構築」と捉えた。スタートアップだからこそできる挑戦魂で、社員それぞれが個性と創造性を発揮できる人間関係の構築を目指す。

「人生万事塞翁が馬」

“動作解析を通じて個人の身体特性・データ・目的に応じたソリューションを提供するシステム『Sportip AI』”の研究開発をしているSportip。代表取締役の髙久 侑也氏のお話から、選手をサポートする立場でスポーツ産業に新たな価値を提供しようと起業に至ったその熱い動機を伺う。

「死の谷(デスバレー)」は「あんぱん」の味!?

スタートアップは、「市場で戦えるサービス」を作り上げるまで生き残ることが難しく、そのプロセスには「死の谷(デスバレー)」をはじめとする壁も存在すると言われる。「デスバレー」を越えた先に見える一筋の光とは…Inner Resourceの代表、松本剛弥氏にお話しを伺った。

「偶然降りかかった試練」が「人生をかけた挑戦」に。

Inner Resourceの代表松本 剛弥氏は、外資金融企業を退職し研究機関向けの専門商社へ転職を決めた後、研究者を支援する立場として企業した経歴を持つ。「偶然」自身に降りかかった試練が「きっかけ」となり、「必然的」に挑戦する道を選択した起業家としての原点を探った。 ※この記事は、2019年3月12日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

人気のタグ

EDITOR'S PICK

オープンイノベーション促進税制とは?概要や企業側のメリットを解説

オープンイノベーション促進税制が、令和2年4月から2年の期限付きで創設されました。これはスタートアップへ出資した企業が所得控除を受けられる制度です。スタートアップとのオープンイノベーションを検討している企業にとっては、追い風になる制度といえるでしょう。 この記事では、オープンイノベーション促進税制の概説と、企業にとってどのようなメリットがあるのかについて解説します。 #オープンイノベーション促進税制

農業×AIにより独自の栽培方法を確立し、農家支援を行うアグリテックスタートアップ「Happy Quality」が資金調達を実施

農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援および青果卸売業務を展開するHappy Qualityは、Sony Innovation Fund、一般社団法人ベンチャー投資育成研究会より資金調達を実施... #アグリテック #資金調達 #農業AI

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

国内のアクセラレーターの特徴とシーン別活用法、今後の展望について

日本国内に初めてアクセラレーターが登場したのは2012年のことでした。それ以降、年々アクセラレーターは増加傾向にあります。オープンイノベーションにおいて重要な役割を担っているアクセラレーターの現状はどうなっているのでしょうか?その特徴、シーン別の活用方法、今後の展望など、多角的に解説していきます。 #アクセラレーター #種類 #活用方法