12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020
ホーム インタビュー

インタビュー

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―認知度編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、そのオープンイノベーションと協業編である。 ※この記事は、2019年5月27日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―オープンイノベーションと協業編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、そのオープンイノベーションと協業編である。 ※この記事は、2019年5月27日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

2019年上場企業から見たスタートアップに関する意識調査 ―イメージ編―

Creww(クルー)は、2019年3月15日~2019年3月29日に「上場企業から見たスタートアップ企業に関する意識調査」を行なった。本記事は、調査結果をまとめたそのイメージ編である。 ※この記事は、2019年5月27日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

倉庫と荷主のマッチングプラットフォームsouco|社員の「主体性」を高める経営とは

潤沢な資金や体力に乏しく、将来性の不透明なスタートアップにとって優秀な人材を確保することは容易ではない。企業としての成長も加速させながら、社員が迅速に働き結果を求めるには…soucoの選んだ選択肢は、個々人の「自律性」を重んじるということ、そしてテレワークの推進であった。 ※この記事は、2019年6月19日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

失敗を悔やむよりも、成功した理由を深く突き詰めることが何よりも大切。

起業した会社を売却して新たなアイデアで再度起業する連続起業家。売却を前提とした新しい創業の形としても注目され始めているシリアルアントレプレナーの情熱とは…現在4社目の起業となる600代表の久保 渓氏にお話を伺った。 ※この記事は、2019年4月5日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

蚕で「タンパク質危機」を解決!?

人口が増え続けることで地球が食糧危機に陥ると、私たちの重要なタンパク源が不足する「タンパク質危機」が訪れる可能性がある。エリーは、蚕を原料とした機能性昆虫食「シルクフード」を開発するスタートアップ企業であり、その可能性を発信し、次世代の食文化を創り上げていく。 ※この記事は、2019年8月9日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査2019 ―働き方編―

Creww(クルー)は、2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった。本記事は、その働き方編である。 ※この記事は、2019年1月31日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査 ―ファッション編―

Crewwは、2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった。本記事は、そのファッション編である。 ※この記事は、2019年1月31日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査 ―コミュニケーションツール編―

2018年12月20日~2019年1月9日において「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」が実施された。本記事は、そのコミュニケーションツール編である。 ※この記事は、2019年1月31日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

コンテナ式植物工場(水耕栽培)をグローバル展開するアレスカライフ・テクノロジーズ

「Anyone, Anywhere」という言葉を社内で共有し、誰でもどこでも野菜を作れるシステム・データ・ノウハウの展開を図る株式会社アレスカジャパン。北京・ドバイにもサービスを展開している他、2019年からはコンテナ式植物工場と『Alesca Fresh』が南アフリカでも展開される。「未来の農業」を担い、世界の食料問題を解決するべく奮闘する代表取締役の片桐 規次氏にお話を伺う。 ※この記事は、2019年1月30日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

人気のタグ

EDITOR'S PICK

建設業界のDXを推進するオープンイノベーションコミュニティが設立

デジタルベースキャピタル、桐井製作所は、建設業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション※)及びオープンイノベーション(※)の推進に向けて建設事業者、スタートアップ企業などの関係者の連携や協業の支援、国内外のConTech(※)に関する調査・研究を行う「ConTech LAB」を共同で設立する。

オープンイノベーション促進税制とは?概要や企業側のメリットを解説

オープンイノベーション促進税制が、令和2年4月から2年の期限付きで創設されました。これはスタートアップへ出資した企業が所得控除を受けられる制度です。スタートアップとのオープンイノベーションを検討している企業にとっては、追い風になる制度といえるでしょう。 この記事では、オープンイノベーション促進税制の概説と、企業にとってどのようなメリットがあるのかについて解説します。 #オープンイノベーション促進税制

農業×AIにより独自の栽培方法を確立し、農家支援を行うアグリテックスタートアップ「Happy Quality」が資金調達を実施

農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援および青果卸売業務を展開するHappy Qualityは、Sony Innovation Fund、一般社団法人ベンチャー投資育成研究会より資金調達を実施... #アグリテック #資金調達 #農業AI

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。