12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022
ホーム スタートアップスタジオ

スタートアップスタジオ

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

本業を続けながらゼロイチに挑戦できる「STARTUP STUDIO」。半年で得た大きな学び

「大挑戦時代」を掲げるCrewwの新たな試みは、個人の挑戦の支援。社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」を立ち上げた。
- Advertisment -

News

FURUNO 建設DXアクセラレーター|デジタル技術で施工革新や職場環境を改善!建設現場を効率的に快適に、アップデート!

【アクセラレーターニュース】舶用電子機器をはじめ、先進かつ独創的な電子機器を提供することで社会や産業の発展に貢献してきた古野電気株式会社は、新たに「建設DX」市場への挑戦を掲げる中でアクセラレータープログラムを開催。建設業界のデジタル化・遠隔施工をともに実現できるスタートアップを募集します。応募締切は、1月27日。 #古野電気株式会社 #アクセラレータープログラム #建設DX #Creww #大挑戦時代をつくる

人気のタグ

EDITOR'S PICK

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

【セミナー開催】デジタル庁Chief Architect・東京大学 江崎 浩氏登壇!「デジタル庁の目指すDXとは」

新社会システム総合研究所は、2022年3月3日(木)にデジタル庁のChief Architectである、東京大学 江崎 浩氏によるセミナーを開催します!

フードテック領域に特化したFuture Food Fund、細胞培養スタートアップのインテグリカルチャーに投資

オイシックス・ラ・大地の投資子会社Future Food Fundは、安価で安全な培養肉生産を目指すスタートアップのインテグリカルチャーに投資! 今回の投資を通じて、環境負荷低減や持続可能な⾷として期待される細胞培養技術の進化及びマーケット創出に向けたサポートを進める!

【スタートアップ×佐川急便】共創パートナーと共に物流を変えていきたい!「HIKYAKU オープンイノベーションプログラム2022」

これまでの常識にとらわれず、「次の物流」の開発に向け、さまざまな取り組みに挑んでいる佐川急便のオープンイノベーション活動の基地「HIKYAKU LABO」が、共創パートナーを募集中!スケジュール期限のない常時募集です。
Facebook コメント