12.8 C
Japan
日曜日, 12月 4, 2022

PORT編集部

2281 POSTS0 コメント
https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

世界初、最短3分で事業計画を策定&セルフチェック! 新規事業向け事業計画作成「ProfinanSS」を”無料”でリリース

スタートアップ支援、企業の新規事業の財務戦略策定を手掛ける株式会社プロフィナンスは、起業・新規事業立ち上げ時に必要となる事業数値計画を、簡単に作成でき、同時に投資家等の視点からセルフチェックができる世界初※のWebサービス「ProfinanSS(プロフィナンス)」をリリースした。

九州電力×Z-Works|高齢者の健康維持支援サービス「こねQと」を開始

九州電力は、「誰もが安心して生活できる九州」の実現を目指して、IoTによる介護支援スタートアップ「Z-Works(ジーワークス)」と高齢者の健康維持支援サービス「こねQと」を開始したことを発表した。9月10日から申込みを受け付け、9月17日からサービスを提供を始めた。

スマートファクトリーは、2023年までに世界経済を1.5兆ドル押し上げる

キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートの新しい調査により、スマートファクトリー(*1)には、生産性の向上、品質の向上、マーケットシェアの拡大、そしてカスタマーサービスの向上を通じて、世界経済に少なくとも1.5兆ドルを追加するポテンシャルがあることが判明。

オープンイノベーションを実現するために求められる人材像とは?

三井住友銀行と日本総合研究所が主催する「未来2020 二次審査会」にて行われた特別セッション「イノベーション人材の育成」 。 日本経済の再興に向けて、急務であるイノベーションを実現するために求められる人材像とはどのようなものだろうか。事業会社とのオープンイノベーション、スタートアップにおける人材ビジネスで多くの実績を持つキーパーソンによるパネルディスカッションが行われた。

VERSUS、エンターテイメント領域特化のインキュベーション・プログラム第1期を開催

エンターテインメント分野のスタートアップ輩出を目指すVERSUS(ヴァーサス)は、同分野で活躍する人材育成を目的として、第1期 VERSUSインキュベーション・プログラムを開催することを発表した。個別メンタリングやワークショップを重ね、3ヵ月間で新たなエンターテイメント領域のビジネス誕生を目指す。

オープンイノベーションプログラム 西鉄Co+Lab 「BUS...

西日本鉄道株式会社では、オープンイノベーションプログラム 西鉄Co+Lab「BUS STOP 3.0~夢を描く未来のバス停を創ろう~」について、パートナー企業4社を決定した事を発表した。今後、パートナー企業各社と、IoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を活用した新たなビジネスの創出に取り組み、“バス停の更なるアップデート”を推進していく。

みまもり電池、ソフトバンクの新サービス「みまもりサービス」向けに提供開始

コネクティッドバッテリー”MaBeee”(マビー)の企画・開発を行うノバルスは、「MaBeeeみまもり電池 みまもりサービス専用」を開発し、2019年12月19日よりソフトバンクが実施する新サービス「みまもりサービス」向けに提供を開始すること発表した。

大阪市の支援が決定!ローンチ後わずか3週間で業界初の転職サービス『RUUT』がOSAPに採択

業界初の転職サービス『RUUT』を提供する株式会社リンクハックが、大阪市主催のベンチャー支援プログラム「OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)」に採択された。今後リンクハックは、本プログラムの支援をもとに、事業をさらに加速していく。

企業の健康経営を支援する『O:SLEEP(オースリープ)』

睡眠不足は日常生活に支障をきたすだけでなく、集中力の低下が引き起こす生産性の低下、ひいては死亡リスクの高まりなど日本経済に多大な影響をもたらしている。そんな国民病ともいえる睡眠不足に対して「体内時計」という切り口で健康を促進する社会の実現に挑戦するスタートアップに注目が集まっている。

カラクリ、“学習するFAQサイト”がつくれるAI搭載「KARAKURI smartFAQ」正式版の提供開始!

カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI」シリーズを提供するカラクリ株式会社は、AIでFAQサイトを自動生成・管理できる「KARAKURI smartFAQ」の正式版を提供開始する。2019年4月から提供しているβ版は、すでに金融事業者様やオンライン教育事業者様などに導入いただき、「KARAKURI chatbot」との連携により、最短1時間でFAQサイトの作成を実現している。また本プロダクトは、特許出願中だ。

PICKUP

長崎市と施策申請をDX! 自治体とスタートアップ、双方の申請業務を効率化!スタートアップの地方進出を斡旋

【オープンイノベーションニュース】日本全国のスタートアップ向け自治体施策を掲載するプラットフォーム「47pass(よんななパス)」を運営するFromToは、この度、長崎市と連携し自治体施策の申請をDXするトライアルプロジェクトを開始しました。47passを通し、自治体とスタートアップ、双方に必要な情報収集や申請業務をより効果的・効率的にDXすることで、業務のアップデートならびにスタートアップの地方進出斡旋を目指していきます。 #長崎市 #スタートアップ #自治体 #47pass #FromTo #DX #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント