12.8 C
Japan
金曜日, 10月 7, 2022

PORT編集部

2207 POSTS0 コメント
https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

「愛媛アクセラレーター2020」が成果報告会を11月26日に開催!

愛媛銀行は、Creww株式会社と2020年3月に愛媛県内企業の新規事業の創出を支援するために「愛媛アクセラレーター2020」を開始しました。このたび、参加企業3社すべてに新規事業の具体化に向け進んでいる協業案が生まれているため、成果報告会が開催されることとなりました。

東銀リースとCryptoPieがブロックチェーン型電子契約の実証実験を開始

三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社である東銀リースは、同社が開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービス上で、CryptoPieが保有するIoT印鑑に関する特許出願技術を用いたサービスを提供する実証実験を開始した。両社は本サービスの提供により、捺印と電子署名の双方向で契約を締結できる、利便性の高い電子契約の実現を目指す。IoT印鑑の製造は創業98年の老舗印章店である「株式会社 松島清光堂」が行い、ハンコ文化とデジタルの融和を目指し検証に参加する。

関東経済産業局が「オープンイノベーション・チャレンジピッチ 2020」を開催!

外部連携意欲の高い企業群と地域企業のオープンイノベーション促進者同士がネットワーキングすることを通じて、企業間、産学連携の創出を目指す「オープンイノベーション・チャレンジピッチ2020」(主催:関東経済産業局)が、20年11月27日(金)・21年2月19日(金)の2回に渡り、オンラインで開催されます。 #オープンイノベーション #自治体アクセラレーター

【オンラインセミナー】イノベーション創出のための、人材採用と外部人材活用の最新事例|Innovator`s Academy #3

イノベーションが首都圏のみならず全国規模で取り組まれ、スタートアップから事業会社、自治体に至るまで幅広く挑戦が繰り広げられるように。イノベーションの失敗例や成功例、把握しておくべきポイントなど、経験豊富なゲストから様々なノウハウを持ち帰ってもらうオンラインの場が「Innovator`s Academy」です。 今回のテーマは「イノベーション創出のための、人材採用と外部人材活用の最新事例」。優秀な人材を採用する方法やプロフェッショナルな外部人材の活用法などを、3社のスタートアップにご登壇いただき、お話しいただきます。 #スタートアップ #人材採用 #イノベーション創出 #オンラインセミナー #ウェビナー 

日立製作所が社会課題の解決やデジタルトランスフォーメーション加速のため、業界を越えたパートナー連携制度「Lumadaアライアンスプログラム」を開始

日立製作所は、このたび、社会課題の解決や、デジタルトランスフォーメーションの取り組みをさらに加速させるため、業界を越えた多様なパートナーと相互に連携する制度「Lumadaアライアンスプログラム」を開始し、Lumada*1事業のグローバル展開の中核を担うHitachi Vantara LLCと連携しグローバルな展開を行うとした。

不動産の枠を超えた事業を生み出したい。 50年で培った潤沢なリソースやアセットをスタートアップへ提供します

1970年に広島県で設計事務所として設立された株式会社マリモ。1990年にはマンションデベロッパーに転身し、全国展開を推進。この10年は海外マンション事業や国内収益不動産開発も行う不動産総合デベロッパーとして、不動産領域を中心に変化と成長を続けてきた。本社を広島に置き、東京、名古屋、長野、大阪、福岡の支店と、複数のグループ企業を持つ。そんなマリモは今回、不動産事業という枠を超え、不動産以外での新規事業を積極的に展開していくために、アクセラレータープログラムを始める。具体的にどのような領域を狙っていきたいのか。アクセラにかける思いも含めて、社長室アライアンス推進部マネージャーの岡崎健治氏に話を伺った。

電源・ネットワーク不要のスマホ制御型宅配ボックス『VOX』

マッシュルームは、電源やネットワークなしに運用できるスマホ制御型の宅配ボックス『VOX』を開発している。『VOX』の普及を進めるのは提供する事業者側であり、消費者は無償で『VOX』を設置し、自由に使える時間が作られる。「置く」までのハードルを最小限にした後に展開が期待されるサービスとは。その構想について代表取締役の原庸一朗氏にお話を伺った。 ※この記事は、2019年1月30日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

吉野家×IdeinがAIオープンイノベーションプログラム「牛丼テック」を開催

吉野家とIdeinは、新しい吉野家の形を共創するためのオープンイノベーションプログラム「牛丼テック」を共同開催し、共創パートナーの募集を開始した。

大阪ガス・Daigasグループがオープンイノベーションで、従来の技術・サービスのマッチングを超え、新たな価値をパートナーとの共創で生み出す

オープンイノベーションプラットフォームAUBAは、大阪ガス・Daigasグループと共に、これまでのオープンイノベーションをさらに深化し、課題を解決する新たなプログラム『OPEN INNOVATION 1.5 PROJECT』を始動。大阪ガスの豊富な顧客接点・生活基盤データを基に、新市場に向けたビジネスを創る共創パートナーの募集を開始した。

筑波大学発スタートアップ Sportip

2016年に「官民戦略プロジェクト10」の一つとして、スポーツの成長産業化が明確に国策とされ、スポーツ産業を通じた新たな価値創造に注目が集まっている。Sportipの進める個人の身体特性・データ・目的に応じたソリューション提供を行うシステム、『Sportip AI』の研究開発とは。スポーツに限らずあらゆる分野で汎用性の高い技術動作解析を通じて、全ての人が住みやすい社会を創ることを目指すSportip代表の髙久 侑也氏にお話を伺った。

PICKUP

ENEOSイノベーションパートナーズ、気候テックのリーダー 米・パーセフォニに投資!

【オープンイノベーションニュース】2022年10月3日 - 企業、金融機関、政府機関向けの気候管理・会計プラットフォーム(CMAP)のリーディングカンパニーであるパーセフォニは、ENEOSイノベーションパートナーズより、パーセフォニの日本市場開拓を支援する目的で、出資を受けたことを発表しました。 #パーセフォニ #ENEOS #CMAP #出資 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント