12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

News

「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」採択企業決定! 3社の協業案が協業検討フェーズへ

【Crewwニュース】安藤ハザマは、Crewwが運営するクラウド型オープンイノベーション支援サービスCreww Growthを通じて2022年6月より募集を開始した「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」について採択企業3社を決定しました。 #安藤ハザマ #CrewwGrowth #協業 #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる

DX デジタルトランスフォーメーション

デジタル社会における新規事業へ活かせる5つのトレンドを徹底紹介!

【DXコラム】 ITの急速な進化によって、デジタル社会の形成が加速しています。その変化に対応するためにも、企業もデジタル社会に適した技術を用いた新規事業の開発が必要です。 そこで当記事では、デジタル社会の概要や新規事業に活かせる5つのトレンドについてみていきましょう。 #DX #デジタルトランスフォーメーション #コラム #ノウハウ #大挑戦時代をつくる #Creww

SDGs 持続可能な開発目標

IBM、エネルギー消費量の削減に貢献する次世代のLinuxONEサーバーを発表!

IBMは、LinuxおよびKubernetesをベースとする拡張性の高いプラットフォームで、単一システムで数千ものワークロードをサポートできるように設計された、スケーラビリティーを備えた次世代のLinuxONEサーバー「IBM LinuxONE Emperor 4」を発表。IBM LinuxONE Emperor 4は、エネルギー消費量を削減できる機能を備えており、例えば、同じような条件下で、Linuxワークロードを比較対象のx86サーバーで実行する代わりに5台のIBM LinuxONE Emperor 4システムに統合すると、エネルギー消費量を75%、設置面積を50%、そしてCO2eフットプリントを850メトリック・トン以上削減できます。IBM LinuxONE Emperor 4は、2022年9月14日より全世界で出荷開始し、エントリー・システムおよびミッドレンジ・システムは、2023年上半期での出荷開始を予定しています。 #IBM #サーバー #クラウド #サステナビリティ #Creww #大挑戦時代をつくる

Open Innovation

大手ゲーム会社参画|日本発ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、新作ブロックチェーンカードゲームに採択!

【オープンイノベーションニュース】日本発のゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、セガがライセンスを許諾し、double jump. tokyoが開発・運営を行う「三国志」の世界観をテーマとしたブロックチェーンカードゲームにて、Oasysがチェーンとして採択されることが決定したことを発表しました。本ゲームはOasysのLayer2ブロックチェーン「HOME verse」にて展開されます。 #ブロックチェーン #Oasys #セガ #double_jump_tokyo #三国志 #ブロックチェーンカードゲーム #Creww #大挑戦時代をつくる

Startup

長距離ワイヤレス給電技術の社会実装を実現!エイターリンクが「REALTECH CATAPULT」にて優勝

【スタートアップニュース】米・スタンフォード大学発のスタートアップ・ベンチャーであり、長距離ワイヤレス給電によって配線のない“デジタル世界”の実現を目指すエイターリンクは、2022年9月5日~8日の間、京都で開催された、参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのカンファレンス「ICCサミット KYOTO 2022」に参加し、9月7日に開催された「REALTECH CATAPULT リアルテック・ベンチャーが世界を変える」にて優勝しました。 #エイターリンク #ICCサミットKYOTO2022 #ワイヤレス #Creww #大挑戦時代をつくる

Featured

OPA × somete...

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

STARTUP STUDIO

【スタートアップスタジオ事例】FP相談を身近に!人生のマネタイズを変える | FIST...

「STARTUP STUDIO by Creww」のインキュベーションプログラムBatch3 に参加し、FPへの相談の敷居を下げ、ユーザーの間口を広げるサービスを考案事業を開発中のFIST PLATファウンダ―の福本 大悟氏に、ゼロイチで新規事業を立ち上げようと思った経緯や、どんなサービスを展開しようとしているのか、お話を伺いました。 #FIST_PLAT #STARTUP_STUDIO_ by_Creww #インキュベーション #FP #Creww #大挑戦時代をつくる

Stay Connected

10,428ファンいいね
12,650フォロワーフォロー
- Advertisement -

Event

「Japan...

【オープンイノベーションニュース】日本貿易振興機構(ジェトロ)は、日本が抱える社会課題の解決策をテーマとした海外スタートアップコンテスト「Japan Challenge for Society 5.0 – Accelerate Innovation with Japan-」を2021年に開催し、日本企業との協業連携が実現する可能性が特に高いスタートアップ15社をアワードウィナーとして選定しました。 #ジェトロ #日本 #社会課題 #海外スタートアップ #協業 #Creww #大挑戦時代をつくる

ビジコンThe JSSA Online Startup Pitch Award VOL.40 入賞者決定!

【イベントニュース】一般社団法人日本スタートアップ支援協会は、ビジネスの革新や新市場の創造、次世代技術の開発に挑んでいる6社のスタートアップのビジネスコンテスト「The JSSA MeetUp&Award Vol.40」を開催しました。 #日本スタートアップ支援協会 #スタートアップ #The_JSSA_MeetUp&Award #Creww #大挑戦時代をつくる

250社以上のスタートアップ企業を一気に知れる!「スタートアップ発掘 EXPO vol.2」開催

【イベントニュース】合同会社DMM.comが展開する「DMMオンライン展示会」は、2022年9月28日(水)から9月30日(金)の3日間、「スタートアップ発掘 EXPO vol.2」を開催します。会期中視聴可能となるピッチに参加する57企業を発表。さらに、オンラインネットワーキングに関する情報を公開します。 #DMMオンライン展示会 #スタートアップ発掘EXPO #Creww #大挑戦時代をつくる

Creww News

「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」採択企業決定! 3社の協業案が協業検討フェーズへ

【Crewwニュース】安藤ハザマは、Crewwが運営するクラウド型オープンイノベーション支援サービスCreww Growthを通じて2022年6月より募集を開始した「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」について採択企業3社を決定しました。 #安藤ハザマ #CrewwGrowth #協業 #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる

広告に新常識!人感センサーを内蔵する嗅覚の看板「Ambiscent」、デモトライアルが決定!

【Crewwニュース】SceneryScent及びアネスト岩田は人感センサー内蔵香り演出機器「Ambiscent(アンビセント)」を共同開発しました。 #SceneryScent #アネスト岩田 #人感センサー #Ambiscent #嗅覚 #協業 #Creww #大挑戦時代をつくる

阿波銀行とCrewwによるオープンイノベーションプログラム『あわぎんアクセラレーター2022』 開催!

【徳島県を中心とした四国地方の地域企業を募集】Crewwは、阿波銀行と共に、オープンイノベーションにより新規事業創出支援やDX推進を目的とした『あわぎんアクセラレーター2022』』を2022年8月から実施いたします。また、本プログラム開始に伴い、スタートアップとの協業を目指す徳島県内をはじめ地域企業の募集を開始!本プログラムに先立ち、阿波銀行の取引先企業に向けて「あわぎんアクセラレーター2022オンラインセミナー」を開催いたします。 #阿波銀行 #DX #新規事業 #あわぎんアクセラレーター2022 #徳島県 #Creww #大挑戦時代をつくる

PORT Featured Article

最新記事

大手ゲーム会社参画|日本発ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、新作ブロックチェーンカードゲームに採択!

【オープンイノベーションニュース】日本発のゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、セガがライセンスを許諾し、double jump. tokyoが開発・運営を行う「三国志」の世界観をテーマとしたブロックチェーンカードゲームにて、Oasysがチェーンとして採択されることが決定したことを発表しました。本ゲームはOasysのLayer2ブロックチェーン「HOME verse」にて展開されます。 #ブロックチェーン #Oasys #セガ #double_jump_tokyo #三国志 #ブロックチェーンカードゲーム #Creww #大挑戦時代をつくる

「Japan Challenge for Society 5.0」海外スタートアップとの商談アレンジを開始

【オープンイノベーションニュース】日本貿易振興機構(ジェトロ)は、日本が抱える社会課題の解決策をテーマとした海外スタートアップコンテスト「Japan Challenge for Society 5.0 – Accelerate Innovation with Japan-」を2021年に開催し、日本企業との協業連携が実現する可能性が特に高いスタートアップ15社をアワードウィナーとして選定しました。 #ジェトロ #日本 #社会課題 #海外スタートアップ #協業 #Creww #大挑戦時代をつくる

ビジコンThe JSSA Online Startup Pitch Award VOL.40 入賞者決定!

【イベントニュース】一般社団法人日本スタートアップ支援協会は、ビジネスの革新や新市場の創造、次世代技術の開発に挑んでいる6社のスタートアップのビジネスコンテスト「The JSSA MeetUp&Award Vol.40」を開催しました。 #日本スタートアップ支援協会 #スタートアップ #The_JSSA_MeetUp&Award #Creww #大挑戦時代をつくる

「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」採択企業決定! 3社の協業案が協業検討フェーズへ

【Crewwニュース】安藤ハザマは、Crewwが運営するクラウド型オープンイノベーション支援サービスCreww Growthを通じて2022年6月より募集を開始した「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」について採択企業3社を決定しました。 #安藤ハザマ #CrewwGrowth #協業 #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる

ヘッドウォータース、日本マイクロソフトと連携|スタートアップ支援とパートナーエコシステム構想を強化

【オープンイノベーションニュース】AIソリューション事業を手掛けるヘッドウォータースは、日本マイクロソフトと、アーリーステージのスタートアップを中心としたグロース支援とパートナーエコシステム構想強化において連携を開始します。 #AI #ヘッドウォータース #マイクロソフト #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

250社以上のスタートアップ企業を一気に知れる!「スタートアップ発掘 EXPO vol.2」開催

【イベントニュース】合同会社DMM.comが展開する「DMMオンライン展示会」は、2022年9月28日(水)から9月30日(金)の3日間、「スタートアップ発掘 EXPO vol.2」を開催します。会期中視聴可能となるピッチに参加する57企業を発表。さらに、オンラインネットワーキングに関する情報を公開します。 #DMMオンライン展示会 #スタートアップ発掘EXPO #Creww #大挑戦時代をつくる

スポーツ庁、アクセラレーションプログラム開催!全国3地域のスポーツチーム/団体のパートナー企業を募集!

【オープンイノベーションニュース】スポーツ庁は、「スポーツオープンイノベーション推進事業」において、全国3地域(北海道、甲信越・北陸、東海)にて、アクセラレーションプログラム『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD 2022の開催、ならびに各地域のスポーツチーム/団体とともにスポーツ産業の新たな未来をつくるパートナー企業の募集をします。 #スポーツ庁 #スポーツオープンイノベーション推進事業 #アクセラレーションプログラム #スポーツ #北海道 #甲信越 #北陸 #東海 #Creww #大挑戦時代をつくる

コーセー、 オープンイノベーションプログラムを実施|新たな価値創造を目指す協業企業を募集!

【オープンイノベーションニュース】コーセーは、当社グループの持つアセットと、社外から提供される様々なアイデアや技術を組み合わせることで新たな価値創造を目指すオープンイノベーションの取り組みの一環として、9月16日(金)より10月31日(月)まで、当社が予め設定した新たなテーマについての協業先となるパートナーを募集します。 #コーセー #オープンイノベーション #協業 #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

Editor's Pick

長距離ワイヤレス給電技術の社会実装を実現!エイターリンクが「REALTECH CATAPULT」にて優勝

【スタートアップニュース】米・スタンフォード大学発のスタートアップ・ベンチャーであり、長距離ワイヤレス給電によって配線のない“デジタル世界”の実現を目指すエイターリンクは、2022年9月5日~8日の間、京都で開催された、参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのカンファレンス「ICCサミット KYOTO 2022」に参加し、9月7日に開催された「REALTECH CATAPULT リアルテック・ベンチャーが世界を変える」にて優勝しました。 #エイターリンク #ICCサミットKYOTO2022 #ワイヤレス #Creww #大挑戦時代をつくる

【共済コミュニティづくりを加速】Frich、W venturesをリード投資家として5社から1.7億円調達

【スタートアップニュース】P2P 互助プラットフォームを運営するFrichは、W venturesをリード投資家とし、第三者割当増資によって総額1.7億円の資⾦調達を実施しました。Frichは、共(とも)に済(たす)けあうコミュニティづくりを加速し、日本の新たなセーフティネットとなることを目指します。 #Frich #共済 #保険 #P2P保険 #神戸市 #スタートアップ #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

【STARTUP DB】調査結果を公開!国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2022年1月〜7月)

【スタートアップニュース】成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、サービスである「STARTUP DB」に調査結果を公開しています。今回は、2022年1月1日〜7月31日までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」を発表しました。 #フォースタートアップス #スタートアップ #STARTUP_DB #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

ブレインヘルスケアのSplink、国連WIPO主催「2022WIPOグローバル・アワード」グランプリ受賞!

【スタートアップニュース】ブレインヘルスケア領域の医療AIスタートアップのSplinkは、国際連合の知的財産機関であるWIPOが主催する「2022 WIPOグローバル・アワード」でグランプリを受賞しました。 #Splink #ブレイン #ヘルスケア #スタートアップ #WIPO #知的財産 #Creww #大挑戦時代をつくる

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

リーンスタートアップにおける「MVP」とは?|新規事業における秘訣を紹介!

リーンスタートアップにおいて、自身のアイデアや仮説が果たして本当に「人が欲しがる物」なのかを検証していくために必要であるのが、「MVP(Minimum Viable Product)」です。新規事業における秘訣となる「MVP」について、インキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」運営の寺田が紹介します。