12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

【東京都主催の実証実験促進事業】採択スタートアップ14社がオンラインで実証実験結果を発表!

東京都は、イノベーションを⽣み出し、社会変⾰を促すスタートアップ企業の実証実験をサポートする「スタートアップ実証実験促進事業 」を今年度より開始している。このたび、実証実験を2020年9月から開始している第1期採択企業9社及び、12月から開始している第2期採択企業5社の成果報告会の開催に伴い、SUとの協業に関心のある企業・行政機関・一般視聴者の募集を開始した。また、第2期の採択事業も紹介する。

本イベントについて

■日時:2021年3月24日(水)
    第1部13:30~17:00
    第2部18:00~20:30

■開催形式:オンライン配信(参加費無料)
視聴者の制限はない。以下の方にお勧めである。
(第1部)企業や行政機関でSUとの協業を考えている方や投資家・ベンチャーキャピタル
(第2部)SUの実証実験にご関心がある企業の方、企業と協業し実証実験を考えているSUの方

■応募方法:下記公式HPより
公式HP: https://poc-ground.tokyo/news

※視聴方法は、申込時にご記入いただきましたメールアドレスに別途案内がされる。

当日のプログラム内容

成果報告会登壇スタートアップ

【第1部】採択企業全14社によるピッチ会
実証実験成果を踏まえ、今後の事業展開について各社がピッチを実施
 
【第2部】PoC Ground Tokyo成果報告会
採択企業や実証フィールドを提供した協力企業より、本事業における取り組みの成果を発表

・採択企業による成果報告(2社程度)
 -実証内容、準備~検証までの過程、実証結果及び今後の展開、本事業の振り返り 等

・採択企業と協力企業によるパネルディスカッション(2組程度)
 -「実証実験を振り返って~スタートアップと大企業の協業を成功させるには?~」
 -協業の内容、SUと大企業の協業のメリット・デメリット、協業成功の秘訣 等

※タイムスケジュールについては、後日公式HPにて掲載予定である。
※第1部・第2部とも終了後に交流会を実施する。
※パネルディスカッションの内容は変更となる可能性がある。

第2期採択企業について

以下は、2020年12月から実証実験を開始した第2期の採択事業の紹介である。

■株式会社OPERe(澤田優香)
医療現場の業務改善アプリ「ちょいリク」
患者の医療外・緊急外の要望等をスマホアプリで受理・整理し、看護業務に効率的に組み込む「ちょいリク」を医療現場にて使用。業務改善・効率化及び患者満足度向上に対する効果を検証する。
https://www.opere.jp/

■株式会社ORENGE Kitchen(若子みな美)
専属管理栄養士による慢性腎臓病を患う方への非接触生活習慣改善サポートプログラム
慢性腎臓病を患う方に対し、専属の管理栄養士がオンラインツールを用いて、完全非接触で生活習慣改善サポートプログラムを1ヶ月実施。エネルギーや塩分摂取量等の指標数値の改善、対象者のモチベーション・家族の協力度合いの向上に対するサービスの有用性を検証する。
https://orangekitchen.info/

■GROOVE X株式会社(林要)
ペットのように触れ合うことができる家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」
家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」による、こどもの生活満⾜度・社会的スキル・知的好奇⼼の向上に対する有用性や、成人の幸福度・認知機能等への影響を検証する。
https://groove-x.com/

■株式会社Genics(栄田源)
誰でも30秒くわえるだけで歯磨き可能な次世代型全自動歯ブラシ
介護現場で次世代型全自動歯ブラシを使用した口腔ケアを実施。手歯ブラシと比較した、歯磨きの実施精度及び介護者の効率化への効果を検証する。
https://genics.jp/

■モノオク株式会社(阿部祐一)
空き物件を収納スペースとして活用した物置きシェアサービス
荷物の保管場所を探している人と、自宅等の余ったスペースを有効活用したい人をつなぐ物置きのシェアサービスにて、空き物件を収納スペースとして貸し出し、空き物件活用の有効性を検証する。
https://monooq.co.jp/

 PoC Ground Tokyo Projectについて

東京都の経済の持続的な発展のためには、イノベーションを継続的に生み出していくことが求められている。本事業では、革新的なビジネスアイデアを有し、新たなビジネス領域で大きな成長を志向するSUのニーズに合わせて、仮説検証や社会実装の検証等に向けた実証実験を効果的にサポートすることで、SUの成長を着実に支援することを目的としている。
本事業は第1期と第2期を設定しており、今回は第1期または第2期に採択された全SUが登壇する。

株式会社ボーンレックスについて

“世界をワクワクさせる”ことを目指して、個人起業家から大企業まで新規事業の事業化支援を行い、あらゆる人の想いをカタチにしている。  ミッション策定からビジネスモデルの構築、POC(実証実験)を経てリリースに至るまで伴走型でトータルサポート。クライアントに代わって自社リソースで事業を立ち上げたのちクライアントに売却する、事業の「代理出産モデル®」も提供している。 数々の新規事業を立ち上げてきた経験を活かし、クライアントに寄り添いながらビジネスを築き上げることを強みとしている。  

※記載されている会社名およびプロジェクト名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。   

社名株式会社ボーンレックス
設立1947(昭和22)年5月
所在地〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目3−1 新東京ビル4階
代表者室岡 拓也
事業概要ベンチャー及び大手企業に対する新規事業立ち上げ支援全般
(コンセプト、コンサルティング、資金調達支援、ハード・ソフト開発、映像製作等実務支援を含む)
地域活性化の支援、各種研修・授業、イベント・セミナー企画運営、市場調査
URLhttp://www.bornrex.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント