12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

【オンライン研修】福岡市主導のグローバル起業家育成プログラム|11月13日より参加者募集開始

ビートラックスジャパンは、福岡市からの業務委託を受け、全編オンラインのグローバルスタートアップ育成事業『Global Challenge! STARTUP TEAM FUKUOKA 2020』を実施する。また、同プログラムの参加者募集は11月13日(金)より開始している。

ビートラックスジャパンは、福岡市からの業務委託を受け、グローバルにビジネスを行うために必要な起業家マインドとスキルが身につくオンライン研修プログラムを、福岡を拠点とする起業家候補生を対象に無料で開講する。 デザインを通じてグローバル・イノベーションの創造を行うビートラックスと、グローバル創業・ 雇用 創出特区としてスタートアップの支援に注力する福岡市がタッグを組み、4年前に同プロジェクトがスタートしている。 
過去4回の参加者からは、既に多くの起業家が誕生しており、今年度も、福岡からグローバルに活躍する起業家を生み出し、日本のスタートアップシーンの発展に貢献したい意向だ。 

プログラム概要 

『Global Challenge! STARTUP TEAM FUKUOKA』は、市内スタートアップの成長やビジネスの実現、海外のエコシステムとのネットワーク形成を目的に、起業家やその候補者を対象とした福岡市によるグ ローバル志向の研修プログラムである。福岡市在住、通勤・通学者、もしくは福岡市での起業検討者は、受講料無料で参加可能である。 

※参加資格、及び本プログラムの詳細については、ウェブサイトより確認。 
http://fukuokastartup.com

応募受付期間・応募方法 

受付期間:2020年11月13日(金)〜12月11日(金)
応募方法:参加受付サイト(http://fukuokastartup.com)内フォームより応募
※応募条件は上記ウェブサイト参照
※プログラム参加者の発表は12月下旬を予定 

オンライン研修内容 

1. 世界のスタートアップ動向, 現役起業家による講義 
2. デザイン思考ワークショップ, ユーザー課題に基づくビジネスアイデアの組み立て方
3. 投資家目線の「刺さるプレゼン」のコツ, 投資家が注目するビジネス分野やサービス
4. 世界に通用するオンラインプレゼン・グローバルコミュニケーションのポイント
5. 英語でのピッチバトル, 海外オンラインイベントへのピッチ登壇 

※研修内容は変更になる可能性がある 

プログラム参加のメリット 

1. グローバルなビジス視点の獲得 
グローバルコミュニケーションのコツや世界のビジネス動向を学ぶことで、日本にとどまらない広い視 野を持つことができる。 

2. 新たな価値を生み出すためのデザイン思考手法の体得
サンフランシスコ・シリコンバレーエリアでは「母国語」のように使われるメソッドを学び、ユーザー 視点のビジネスアイデアを発想するためのアプローチの基本を身につけることができる。 

3. 世界中のスタートアップ起業家とのネットワーク構築 
サンフランシスコよりオンライン配信で実施されるピッチイベントを通じて、世界中の起業家たちとア イデアを交わし、ネットワークを構築。 

4. 起業家マインドの習得 
起業家たちの経験談やスタートアップに関する知識、投資家の視点を知ることで、多角的にビジネスを 発想する起業家マインドを醸成。 

社名ビートラックスジャパン合同会社
設立1947(昭和22)年5月
所在地〒107-0062
東京都港区南青山2丁目15-5FARO201
代表者片山万気
事業概要グローバルイノベーションの創出プロセスを習得することを目的としたプログラムの開催等
URLhttp://btrax.com
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント