12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

「ライフワーク」を通じて得た強い使命感。ロボット製作で“2030年問題”に終止符を!

“2030年問題”解決のためロボット製作を手掛けるユニロボット。代表取締役の酒井 拓氏にお話を伺い、人生の分岐点において華麗な経歴を捨て「起業」という挑戦を選択したその想いに迫る。
※この記事は、2019年2月13日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

ユニロボット株式会社 代表取締役 酒井 拓氏

昨今、政府による「働き方」改革の推進によって多様な働き方を選択することが可能な時代が到来しつつあり、終身雇用が当たり前であった日本においても「起業」を取り巻く環境の変化から安定した大手企業を退社し、人生の折り返し地点でもある40代前後でリスクを取って新たなビジネスに挑戦する人が増えている。

元々、大手総合商社に勤務し、駐在員として海外赴任するなど、いわゆるエリート街道を進むサラリーマンだったユニロボットの酒井代表も、華麗な経歴を捨て「起業」を選んだ一人である。人生の分岐点において「起業」を選択した理由に迫りたい。

彼は、人生において約9年間をアメリカで過ごした。1度目は学生時代、2度目は商社マン時代の海外赴任によるものだ。アメリカでは、「慈善活動」は社会構造体の一部と言えるほど盛んであり、日本とはその規模も団体の数も大きく異なっている。彼は、目の当たりにした「慈善活動」における日米の「文化」の差に強い衝撃と感銘を受け、自身でも何かできることがあるのではないかと、2007年にボランティア活動を開始し、「ポイ捨てゴミ」の課題を解決するためマンハッタンを起点としたロックフェラーセンターの冬のシンボルでもあるクリスマスツリーの周辺の清掃活動に取り組んだという。

活動を通じて街が徐々に美化されたことはもちろんのこと、口コミによる賛同者や支援者の増加も相まって、ついには地元メディアに取り上げられるまでの活動規模に達した。初めて自身で手掛けたソーシャルアクションを通じて、活動の輪の広がりによる多くの人との出会い、喜び、充実感、達成感などを経験したことで自身の「ライフワーク」を見つけることとなったのだ。

帰国後も商社で働く傍らいくつかの活動を続けていたが、特に「2030年問題」に関して強い課題意識を持っていたという。このまま日本における人口が減少の一途をたどり超高齢社会へ突入すると、労働力人口の減少→経済活動の鈍化→GDP(国内総生産)の低下→経済成長率の鈍化→国際競争力の低下→税収の低下に伴う社会保障費の不足など、さまざまな問題が発生することが予測される。

そこで、酒井代表は、高齢社会の課題を解決するために介護ロボットならぬ「パートナーロボット」の製作をひらめいたのだという。しかし、ひらめき自体はよかったものの、“ディープラーニング”という言葉も世の中に浸透しておらず、業界にも精通していない・・など、畑違いの彼にとっては苦労の連続だったと、笑いながら当時を振り返った。

商社を退職し、かれこれ数年ロボット製作に時間を費やしてきたわけであるが、成功に向けて舵を切ることができた一番の理由を、“ソーシャルアクションを通じて得た人脈”だと明かした。彼の取り組むソーシャルアクションにおけるメンバーの職業や業界はさまざまであるが、「社会課題の解決」という同じ「信念」を持った仲間だからこそ、彼の挑戦に対して自然と協力体制が構築されたのだろう。

そして、各々が得意分野を生かした人脈による出資を含めた支援者や技術者等の紹介を買ってでたことによってロボット製作は一気に前進することとなった。まさに、彼らの「信念」が実を結んだ瞬間だったのではないだろうか。

「人生は選択の連続である」という言葉は有名だが、それは、成功と失敗の繰り返しでもある。経験値や常識にとらわれるあまり、人は年齢を重ねるにつれ、だんだん選択をすることに対して臆病になっていく。

人もうらやむ安定を惜しげもなく捨て、失敗を恐れることなく「起業」という道を選択した酒井代表は紛れもなく挑戦者である。彼の行動力には感服するばかりであるが、同時に彼の手掛けるロボットが『2030年問題』解決の一助となる日を心待ちにしている。

社名ユニロボット株式会社
所在地〒151-0073
東京都渋谷区笹塚3-2-15 第Ⅱベルプラザ5F
代表者酒井拓
事業概要次世代型ソーシャルロボットの開発、製造、販売(ユニボストア)
上記に付帯する組み込みソフトウェア全般の開発
パーソナルAI(自然言語処理・感情解析・レコメンド等のコミュニケーション)に関する研究、開発上記を活用したクラウド・サービス(unirobot cloud)
受賞歴2015年10月:アジア最大級のオープンイノベーションの式典「ILS」で500社のベンチャー企業の中から、グローバルイノベーションの分野でTOP10企業に選出
2016年3月:富士通アクセラレータプログラムのピッチ大会で最優秀賞を受賞
2016年10月&2017年10月:アジア最大級のオープンイノベーションの式典「ILS」で、人気TOP100企業に選出
2016年11月:Wantedly Award 2016で、 Hacker賞を受賞
2017年4月:AGING2.0 TOKYO GLOBAL STARTUP SEARCHで、 INNOVATION FOR WELLBEING賞とオーディエンス賞をダブル受賞
2017年10月:Startup World Cupで、 日本予選のファイナリストに選出
URLhttps://www.unirobot.com/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。